乙女をねじ伏せろ!!

おっくん氏(以下、おっくん):今日は記念すべき第21回ということで、おかげさまで無事、第20回の3時間を乗り越えて、ここまでやって参りました! 新しい主題歌、どうでしょうか。

山田玲司氏(以下、山田):前回はあの後、朝の4時、5時までいきましたね。上野のすしざんまいでずっとアッコショー続いてたからね。(放送は)第1部って感じだったよね。あのまま放送続けてれば良かったのかなって。

そして出ましたよ名言、「乙女をねじ伏せろ!!」。そういう生き方もあるんだって俺初めてわかった。だから俺らも少年の心をねじ伏せないと大人になれないのかもね。おまえの乙女もめんどくさいもんな。クソめんどくさい(笑)。「オタクをねじ伏せる!」っていうのも良いんじゃない?

今回は、天才編集者の柿内(芳文)くんがいよいよここにやって来るわけですけど。カゴでお馴染みの。さっきから「カゴの人」「カゴの人」って(笑)。そうだね、カゴの話もちょっとした方がいいかもね。まず柿内くん伝説からいっていい?

おっくん:そうですね、今までも(放送のなかで)何回か柿内くんのことを、まあネタにしてというか、いろいろイジってきましたけども。実際本人が登場なんでね。どういう人かっていうのを軽く。

山田:あのね、これ言わせて。今日来るのは編集者なんですわ。俺は漫画家。彼は編集者。編集者が仕事を回してる。俺は漫画家やって、かれこれ30年近いですわ。もう29年目ですわ、プロになって。だから編集者っていう人たちとの付き合いももう30年やってるの。

おっくん:ほー。TUBEも30周年なんですよ。

柿内氏は歴代編集者の中で一番すごい

山田:それで、歴代のいろんな編集者見てきたわけだよ。それこそ「手塚番」(注:手塚治虫氏の編集担当者)からいるからね。編集長クラスの人だけど。でも「俺、手塚先生のネーム見たときさー」って話するわけよ。

おっくん:おー。それは言われちゃうとなんか……。

山田:「俺、タッチ作った時さあ」っていう人とか、レジェンドみたいな人もいるわけ。でも、いろんな編集者がいて、そりゃ合わない人もいっぱいいるわ。

おっくん:ああ、やっぱりいるんですね。相性が。

山田:で、だいたいがこっちの問題なんだよ。若気の至り的な。「テメーコノヤロー! スーツ野郎! テメエら定期的にお金貰ってんだろ、コノヤロー!」って。そういうことが言いたい思春期の頃はやっぱぶつかりますよ、皆さん。

おっくん:はいはい。「このリア充が」と。

山田:「このクソリア充スーツ野郎が」「大企業が」みたいな。「みんな高学歴か? え、高学歴か!?」みたいなさ(笑)。「お前も東大か!?」みたいな奴いっぱいいますから。

おっくん:ひねくれてますねー(笑)。

山田:ほんと、みなさんこじらせてますよ。まあまあそれはともかく、だんだん1人の人間として付き合えるようになってくるわけだよ。売れたりして息が整ってくると。酸素が脳みそに入ってくるみたいな。

「あれ? 相手も人間なんだぁ」みたいな感じで、いろんな編集者がいっぱいいるんだなーってあって。歴代編集者で何人も好きな人いるんだよ。でもね、やっぱね、振り返ってみて、コイツやっぱ一番すげえなって思う編集者が今日のゲスト。

おっくん:ほー。ほぼ30年のキャリアの中で。

山田:うん。こいつが一番すげえ。もうスーツ野郎じゃねえって。これもうスーツ野郎超えてるぞっていう。

おっくん:スーツ野郎を超えたスーツ野郎が。

音羽組と一橋組

山田:それでね、最初すごかった。(彼は)光文社にいたの。俺は『絶望に効くクスリ』を小学館でやってたの。出版社って一橋組と音羽組にわかれてんの。一橋組っていうのが、集英社、小学館。

絶望に効くクスリ―ONE ON ONE (Vol.1) (YOUNG SUNDAY COMICS SPECIAL)

小学館の子会社・集英社、みたいのがあって。もう1つは講談社を中心とした、講談社ブロックっていうのがあって。光文社とかキングレコードがグループになってやってる。

おっくん:キングレコード?

山田:そう、同じ一派。それでいろいろあるんだけど、角川別組みたいなのもあるんだよ。だから、俺は音羽っていう講談社から蹴られて、一橋の小学館に拾われたの。音羽にフラれて一橋に拾われた男なの。

おっくん:はいはい。

山田:彼(柿内氏)は音羽の人なの。俺は一橋の小学館で『絶望に効くクスリ』やってたの。で、俺はさとひゅ(注:『絶望に効くクスリ』に登場するライター)と一緒に「次だれいく? オノ・ヨーコさんいく?」みたいな話をしてたわけよ。

で、オノ・ヨーコの並びで彼が選んだのが柿内くんで、「ウチの編集部で、柿内くんってヤバい奴いるんだけど、『絶望に効くクスリ』に出そうよ」って。

おっくん:え! オノ・ヨーコさん……と柿内くん!?

山田:オノ・ヨーコさんの並びで。あの人に厳しいさとひゅが、オノヨーコと柿内くんを並べたからね! それで「オファー出して良いかなー」つって。これ一橋的には気に入らないわけですわ。

一橋のスーツ野郎を差し置いて、なんで音羽のスーツ野郎、しかも新入社員風情に、まだ当時入って数年だったから、「何なのそれは?」っつって止められまして。

おっくん:あ、止められたんですね(笑)。

山田:それの企画叶わずでコノヤロウと思いますわな。で、俺が「非属の才能」って言葉を思いついて、迫害されてる人ほど才能あるよねっていう。いじめられっ子ほど、上手くいってるよね、成功してるよね。

それではみ出し者の本を出そうと思って。「非属」って言葉を思いついて、これ誰とやろうかなあって思った時に、「柿内くんしかいねえ、これ柿内くんと会うしかねえ」と。それで俺と会うわけ。

おっくん:そこで最初の出会いなんですね。

本屋大賞で中2賞を受賞

山田:10年位前。そんで、話作るわけよ。一発かましましょうよって話になって。それが本屋大賞とるんですよ。

おっくん:ほうほう。

山田:本屋大賞だけどコレ、本屋大賞だけど!中2賞を受賞っていうねww

おっくん:中2部門。

ハミ出す自分を信じよう (星海社文庫)

山田:中2部門。これ文庫になるときに星海社でタイトル変えて出して。『ハミ出す自分を信じよう』ってこれ、ハミ出してる本なんですけど。

これも柿内くんが星海社に移った時にこれ作ったの。これのもともとの新書っていうのが『非属の才能』っつって光文社から出してるんだけど、これが中2大賞、本屋大賞とりました。大騒ぎですよ。

おっくん:さすが中2魔王だと。

山田:中2魔王の晴れ舞台ですわ! まさかの、スタッフが俺に連絡ミスで。

おっくん:え?

山田:俺知らなかったの(笑)。

おっくん:え、どゆこと?

山田:俺何も知らないで、あるそば屋でネーム考えてたら電話がかかってきて。「山田さん、ほんとすいません。今日授賞式でした」。

おっくん:(笑)。

山田:「パードゥーン? ホワッツウロング?」。

おっくん:ははは。

山田:それすごくね?

おっくん:それめっちゃおもしろいじゃないですか。

山田:そんでね、この光文社の担当者大騒ぎですわ。上にもうコテンパテンですわ。

おっくん:そりゃそうでしょうね。

山田:土下座してこいですわ。

おっくん:魔王にひざまずけと。

表紙を全部帯にした

山田:そしたら、天才柿内くんが「山田さん、この機に乗じて再販ですよ。一発かましましょう」と。

おっくん:はいはい。

山田:帯変えましょうと。普通の帯やめましょうよと。

おっくん:普通の帯やめて。

山田:帯がどんどんでかくなってた時代だったの。帯が表紙にどんとん近づいていった時だったの。

おっくん:はい。

山田:それで、柿内くんが言いました。「山田さん、全部帯にしちゃいましょう」。

おっくん:え?

山田:これです、これ。これが、歴史的初めての全部帯! これ、見えます? これ外すと、帯ですから。

おっくん:え!? 表紙じゃないのこれ!

山田:帯です! 帯on帯(笑)。もうね、帯の上に帯を重ねて売りますからねこれ。

おっくん:帯びてますねぇ~。だいぶ帯びてるそれ。

山田:これが! 柿内クオリティ。こんなん普通通んないよ、やったことないんだもん誰も。

おっくん:うん。

山田:そしたら、「山田さん、大丈夫です。僕、土下座する気持ちでいますから、通します」。

おっくん:あー。