申し訳ないが、目処もお伝えできない

記者15:(補償について)規模感で、今年の春までなのかとか、今年中とか、3年後とかどういう目処で……。

取引ができない段階で、NEM以外の仮想通貨をお持ちの方もどんどん今相場が下がっている中で、含み損を抱えたまま、いわゆる損切りさえもできないというような状況にいる中で、だいたいの目処を出せない理由はなぜなんでしょうか?

大塚雄介氏(以下、大塚):私も実際の話、お伝えしたいですと。いつぐらいだと。ただ、そこはちゃんと正式なかたちで決まってから、ご報告させていただかないといけないと思ってまして、申し訳ないのですけれども、目処もお伝えできないようなかたちになっております。

記者15:例えば、外部の仮想通貨交換所とかの受け入れも含めてやっているような。例えば仮の話、一斉に引き出されたら、システム上、外部に送金されることも想像はされると思うのですけれども、そういうことも含めて、連携も取りながら、ということも考えられるのでしょうか?

大塚:別に外部の取引所がどうとかいう話ではなくて、どちらかというと私たちのシステムとして、ちゃんと安全に送金ができるのかどうか、こういうところを1個1個、確認させていただいて。

一番はお客様の資産がお手元に戻ることと思っていますので、そこのところを1個1個確認させていただいて、問題がないようなところというのを確認させていただいているようなかたちになっております。

記者15:日本円でのNEMの補償については、安全性の問題はないように思うんですけど、それについて時期の目処すら示せないのはなぜなんでしょうか?

大塚:時期の目処は私の中でもある程度ありまして、社内でも検討しているんですけど、1日でもずれてしまったらいけないので、ちゃんとそこのところが明確になってから、ご報告をさせていただきたいと思っております。

記者15:顧客の側は1日ずれるからというよりも、だいたいでいいから目処を示してほしいと思っていると思いますが?

大塚:おっしゃっていることは重々わかっているんですが、ちゃんとそこらへんがズレがないように、見通しとしてもちゃんとズレがないようなかたちでさせていただいてから、正式にご報告をさせていただきたいと思っております。

なぜ今日は社長がいないのか

記者16:今日はなんで社長いらっしゃらないんでしょうか? この場に。今日この場に社長がいらっしゃらないのはどうしてなんでしょうか?

大塚:私のほうが内容をお話しさせていただく責任のほうを持たせていただいておりますので、私のほうから会社を代表してご報告のほうをさせていただいているようなかたちになります。

記者17:事業の継続性についてうかがいたいんですけれども。

大塚:すいません。はい。

記者17:事業の継続性についてうかがいたいんですが、会社のほう続けていけるということでしたが、ほかの企業との資本提携とか、そういった財務の増強策ってなにかお考えなのでしょうか?

大塚:現時点では、そこらへんというところは今検討中でもありますので、なにかお答えするようなことっていうのは今のところございません。

現預金は総額どのぐらいあるのか

記者18:すいません。NEMの補償についてですけれども、自社の現預金で賄うということでしたけれども、現時点でコインチェック社の現預金って総額どのぐらいあるのでしょうか?

大塚:それはちょっとお答えしかねるかたちになりますので。

記者18:金融庁に登録を申請した際に御社として財務諸表を添付したはずですけれども、直近の売上高なり営業利益、純利益、それぞれの直近の数値どのぐらいなんでしょうか?

大塚:それはもちろんご提出はしているんですけれども、ちょっとお答えは控えさせていただければと思います。

記者18:そういうのを開示するご意向というのはないと?

大塚:現時点では、はい。

業務改善命令の中身もお答えできない

記者19:不正アクセスを許すまでの過程というのはどこまで解明できたんでしょうか?

大塚:そこらへんもどちらかというと報告の内容の中になっておりますので、原因究明というかたちなっておりますので、本日はちょっとお答えできないようなかたちになっております。

記者19:すいません。改善命令の中に「経営責任の明確化」というものが入っていたと思うのですが、そのへんについてはどのようにお考えでしょうか?

大塚:そこに関しましても、内容の中を確認させていただいて……。まぁ、ちょっと先ほどと繰り返しになってしまうのですが、業務改善命令の中身に関しましては、本当に申し訳ないんですけれども、お答えできないようなかたちになっていますのでご了承いただければと思います。

記者20:大塚さん! 大塚さん! 出金停止、または業務停止したじゃないですか? これって同業者からは「考えられない」というような話もあるんだけど、実際に判断としてどう思いました?

大塚:えっと……出金の停止?

記者20:妥当だったか、それとも、まぁ、ある意味でなにかあってやむを得なかったというのか、どうなんですか?

大塚:それに関しましては、まずお客さまの資産を一番第一に考えてする面におきましては、我々としては妥当として、これ以上被害が及ばないようにするためにも止めるというのが妥当な判断だと思ってさせていただきました。

原因究明などのスケジュールは?

記者21:ネット上では一時、御社が破産法を申請するんじゃないかというような憶測も出てましたけど、そのあたりは?

大塚:これ繰り返しになってしまうんですが、我々としてはなにか破産とかそういうつもりはなくて、事業継続の意思がありまして。そこのある程度見通しも立っているということもありますので、繰り返しになってしまうんですが、事業の継続と、あとは金融庁への登録というのは継続してやっていく所存でございます。

記者22:日本円以外の仮想通貨もすべて分別管理されて手元にあると思っていいんですか?

大塚:はい。さようでございます。

記者23:不正アクセスの原因究明などのスケジュールというのは、どういうふうに今後進めていくのでしょうか?

大塚:そこに関しましても、報告の内容の中になってしまうのでちょっとお答えはできないかたちになってしまいます。申し訳ないです。

記者24:金融庁に報告をするんじゃなくて、お客様への不正アクセスの原因の発表というのはいつになりますか?

大塚:そこらへんも目処が立ち次第ちゃんと準備させていただいて、ご報告のほうはさせていただければと思っております。