イケメン俳優・吉沢亮はスクールカーストの下位だった?
非リアな高校時代の恋愛エピソードを明かす

『オオカミ少女と黒王子』試写会 #1/2

2016年5月10日都内で映画『オオカミ少女と黒王子』の試写会が行われました。倍率231倍の女性限定試写会に登場したイケメン俳優・吉沢亮氏は、集まったファンに向けて映画の撮影秘話や高校時代の恋愛エピソードなどを語りました。

スピーカー

倍率231倍の試写会にイケメン俳優・吉沢亮が登場

司会者:お待たせいたしました。では、さっそく吉沢亮さんに登壇していただきましょう。溜めてすみません(笑)。拍手でお迎えください。

(会場拍手)

吉沢亮氏(以下、吉沢):どうも!  "お亮"です。

司会者:すごい声援ですね。

吉沢:ありがとうございます。吉沢亮です。

司会者:今日は女性限定の試写会ということで、会場のみなさんにご挨拶していただければと思います。

吉沢:はい、みなさま本日はありがとうございます。吉沢亮です。すごい倍率の......。

司会者:そうなんです。6940通ご応募がありまして。倍率が231倍!

(会場拍手)

吉沢:すごい! 宝くじで言ったら30万円分くらいの感じですよね、たぶん。

司会者:そうですね。今年の運を全部を使ったかもしれないですね(笑)。

吉沢:そんな倍率の中で来てくださったみなさんなんで。ぜひ楽しんでほしいなと思います。なんか今日緊張してます。

司会者:近いからですかね?

吉沢:近いからですかね。(手を振る)

(会場拍手)

吉沢:こんな1人でやらせていただくことがないので緊張するんですけど、楽しみたいと思います。よろしくお願いします。

(会場拍手)

映画『オオカ少女と黒王子』の撮影秘話

司会者:いくつか映画のお話をうかがっていきたいと思うんですけれども。『オオカ少女と黒王子』では少し控えめな性格の日下部役を演じていましたけれども。今までも『カノジョは嘘を愛しすぎてる』とか『アオハライド』とか少女漫画原作を演じることが多いですけれど、今回演じてみてどうでしたか?

吉沢:やっぱり前回演じた『カノ嘘』、『アオハライド』とはぜんぜん違った感じだったので。あと今回の日下部くん(劇中役)は根本的な部分はすごい似てるなって思うところもあって。

司会者:例えば?

吉沢:根暗な感じとか、ライフスタイルとか(笑)。すごい楽しかったです。今回、けっこう細かい動きとか目線の動きとかバックの持ち方とか、表面的なところを固めながらやっていて。そういう役作りがはじめてだったので、楽しかったです。

司会者:ありがとうございます。今からみなさんご覧になるので、そういったところも注目していただければと思います。けっこうTwitterなんかではそろそろ幸せな役というか、”お亮”が報われる役やってほしいとありますが、どうですか?

吉沢:そうですね(笑)。今までフラれる役が多かったですからね。どうなんですかね? まだみなさん(映画を)観てないんですもんね。これからなんですもんね? 観てください。

司会者:そのあたり楽しみにしていただければと思いますけれども。ちなみに今回、「高校生の恋愛」がテーマですけれども。吉沢さんは高校生のとき、どんな感じだったんですか?

吉沢:日下部くんみたいな感じでした(笑)。本当に、友達とかもいましたけど他のクラスにいたりして。クラスでは1人だったので。本当にあんな感じでしたよ。ずっと黙って授業受けて1人で帰るみたいな。あ、みなさんまだ(映画を)観てないんだもんね?

今回の映画のワンシーン、日下部くんのシーンで僕は1つだけ共感できるところがあって。僕も高校生時代に、そのシーンと同じシチュエーションの時があって。もうそこから1週間くらいその子のことしか考えられないみたいな。

司会者:ええ!(笑)。

吉沢:っていう瞬間があって。たぶんそのシーンで日下部くんも篠原エリカ(劇中役の二階堂ふみ)のことが好きになったと思うんですけど。だからすごい日下部くんに似てるなって思って。

司会者:すっごい気になります。

吉沢:まだ観てないんですもんね、みなさん。あんまり言えないですね(笑)。そう、教えてほしいよね? 無理(笑)。

(会場笑)

高校時代はスクールカーストの下だった。

吉沢:でも本当にキュンキュンするんで。キュンキュンしてください、この映画で。

司会者:きっとキュンキュンすると思うんですけれど。ちなみにこの(篠原)エリカとの共演みたいな、ウソから始まる恋ってどう思います?

吉沢:うーん。どうなんですかね? 別に好きじゃない人と付き合ってたくないですけどね(笑)。でも今回は、好き同士じゃなかったけどウソの恋愛してたら本当に好きになっちゃったみたいな感じですけれど。僕も近い人を好きになることが多くて。

すごい一目惚れとかじゃなく、本当に友達みたいな関係だったけど、ある日突然コロッと好きになっちゃうみたいなタイプなんで、なんとなくわかるかもしれないです。 ずっと一緒にいてお互い情みたいなものが沸いてきて好きになってく。

司会者:気が付くと本気になってたみたいな?

吉沢:はい。そのパターンはなんかわかりますけど。

司会者:なるほど。共感できるかもしれない?

吉沢:そうですね。でもまあ、好きじゃない人とは付き合いたくないですけど(笑)。

(会場笑)

司会者:まあかなり特殊なケースだと思いますけれども。でも例えば(篠原)エリカちゃんみたいなタイプはどうですか?

吉沢:すばらしいと思います。なんていうかこの日下部くんみたいなタイプは、学校の「カースト」っていうんですか? けっこう下のほうだと思うんですけど。そういうの関係なく誰にでも平等に話しかける感じとかは人としてすばらしいと思います。好きです、そういう感じ。

司会者:でもいまお話を聞いていると吉沢さんがまさか高校時代ね、下のカーストだったなんてみんな思わない......(笑)。

(会場笑)

吉沢:いや、下のカーストですよ。本当に。

(会場笑)

吉沢:本当ですよ。

司会者:帰宅部ですか?

吉沢:帰宅部でした。いわゆる、「リア充」ではなかったです。そんな、部活でワーイ!とか彼女とイェーイ!みたいな感じではなくて(笑)。そういう人たちを裏で陰口言ってるタイプでした(笑)。

(会場笑)

共演者との撮影中の思い出とは。

吉沢:「いやでもあいつさ」みたいな。「あんなこと言ってるけどさ」みたいなのを、友達と言ってました。他のクラスの。

司会者:なるほど。かなり正直な告白ですけれども。ちなみに今作は神戸や福岡でもロケがございましたけれども。合宿みたいだったというお話もありまして。

吉沢:そうですね。

司会者:共演者の方々と撮影中の思い出やエピソードがあれば。

吉沢:ごはんはしょっちゅう行ってましたね。特に福岡の時とかは、ほぼ毎日。(二階堂)ふみちゃんと(山崎)賢人と一緒に行くことが多くて。屋台一緒に行ったりとか。

司会者:バレないんですか?

吉沢:バレなかったですね、その時は。賢人とかふみちゃんとか即効バレそうですけどね。意外といるわけねえだろって思ってるんですかね? わかんないですけど。でも情報出てたのかな? でも普通にバレなかったです。初日にカラオケ行ったんですよ、3人で。

(会場笑)

吉沢:2人とめっちゃ古い曲歌うんですよ。すごい古い曲歌うから、僕も頭ひねって知ってる一番古い曲とか歌ったりしてたんですけど。なんだろう、この人たちみたいな(笑)。

司会者:ちなみにどんな曲歌われました?

吉沢:賢人は、尾崎豊の『シェリー』とか歌ってました。あとオリジナルラブの『接吻』とか。

司会者:吉沢さんはなにを?

吉沢:僕は安全地帯の『ワインレッドの心』。

(会場笑)

司会者:だいぶ古いですけれども(笑)。

吉沢:頑張りました(笑)。そんな感じで、楽しかったです(笑)。

司会者:盛り上がったんですね、よかった(笑)。神戸とかはなにかありました?

吉沢:神戸......。神戸は意外とみんなのスケジューが合わなかったりして。ごはんとか行けなかったんですけど。僕が「アミューズモバイル」っていうオフィシャルサイトみたいなやつで、動画とかやってるのを、見てくれてるひといます?

(会場挙手)

神戸や福岡をオフみたいな感じで観光しました。

吉沢:あ、けっこう見てくれてる。それで「OOしりょう!」っていうのやってるんですけど。それで神戸とか福岡に行ったときに、撮影の暇な時間とかに観光地に行って撮った動画とかあるので、見てない人は見てください。それがけっこう楽しかったです。あれ、神戸どこ行ったんだっけな?

司会者:神戸編見た方っていますか?

(会場挙手)

参加者1:美術館?

吉沢:美術館行ったっけ? カフェ?

参加者2:風見鶏の館......?

吉沢:風見鶏ね!(笑)。そうそう、そういうとこ行ったりだとか、福岡では太宰府天満宮行ったりとかすごい楽しかったですね。なんかそういうことしないと、観光地とかあんま行かないじゃないですか?

司会者:そうですね。それはオフじゃなくて仕事な感じ......?

吉沢:だいぶ、オフな感じでしたけどね。マネージャーさんについてきてもらって。バーって言ってるのを隣で撮ってもらってただけなので。わりと素でしたけど、あの時は。そういうのもやってるんでぜひチェックしてください。

司会者:ぜひチェックしてください。あと、先日のジャパンプレミアで共演された二階堂(ふみ)さんが「イケメンが隠しきれてない」とか「メガネの端からキラキラがこぼれている」とか(笑)。

吉沢:いやいやいや(笑)。

司会者:「平成のアラン・ドロン」みたいなこと書かれてましたけど。

吉沢:「アラン・ドロン」とか言われてもわかんない人とかいますよね? 僕、ぜんぜんわかんなかったですもん(笑)。「誰だろう?」って調べて「ああ、この人ね」みたいな(笑)。

司会者:すごい方ですよ!(笑)。

吉沢:うれしいですけど、恥ずかしいですよね(笑)。恥ずかしいっていうよりうれしいんですけど。ぜんぜんそんなことないよっていう。

司会者:これから観ていただければわかると思うんですけれど。本当にキラキラがこぼれていますので。

吉沢:これがね......こぼれてます(笑)。すいません(笑)。

(会場笑)

「明るい爽やか系イケメン」か「癒し系メガネ男子」か

吉沢:こぼれてるんで、ぜひチェックしていただければと。

司会者:これが、けっこう映画をマスコミの方とかご覧いただくんですけれども。「日下部派」っていうのがいるんですよ。

吉沢:本当ですか?

司会者:「断然日下部でしょ!」みたいな感じで。そういう意味では佐田くん(劇中役の山崎賢人)派か日下部派か。

吉沢:優しいですからね、日下部くんは。ずっと隣にいてくれる感じの。

司会者:包み込んでくれるような。本当少女漫画から出てきたみたいな感じですけれども(笑)。

吉沢:そうですね(笑)。

司会者:すごく楽しみにしていただけると思うんですけれども。もう少しで時間がなくなりそうなんですが、2つほど。1つめは映画だけじゃなくて、ニベア花王さんのCMのプレゼンツで来ているんですけれど、Web限定で放送されているニベア花王さんのCMってご覧になった方いらっしゃいますか?

(会場挙手)

吉沢:ありがとうございます。

司会者:その中では、明るい爽やかイケメンで。

参加者3:ガパオ!

吉沢:ガパオな? ガパオっつって。

司会者:自分に話しかけてくれてるみたいな感じですよね?

吉沢:そうですね、ずっとカメラ目線でやってる感じで。

司会者:そんな明るい爽やかイケメン吉沢さんと、癒し系メガネ男子日下部くんどっちが好きかっていうのをお客さまに聞いてみたいなと思いまして。

吉沢:どっちが好きか。どっちも見てない人とかいますもんね?(笑)。

司会者:枕詞だけで考えてください。「明るい爽やか系イケメン」か「癒し系メガネ男子」かっていうとこでいきましょうか?

(会場笑)

吉沢:悩むよね(笑)。

司会者:ではいきますよ? 明るい爽やか系イケメンがいい人?

(会場挙手)

吉沢:けっこういますね、半分くらい。

司会者:癒し系メガネ男子がいい方?

(会場挙手)

吉沢:なるほど。爽やか系が多そうですね。

司会者:これはスポンサーの関係もあるのでどっちがってことは言えないですけどね、私からは(笑)。

(会場笑)

吉沢:でもこれから映画をみていただいてメガネ男子もいいかもしれないと思うかもしれない。

司会者:そのあとニベア花王さんをみてこっちもいいなって思うかもしれない。

吉沢:ひたすらループして悩んでください(笑)。

(会場笑)

映画の名ゼリフをファンに披露。

司会者:そして、みなさんにプレゼント。今日は特別に吉沢さんにこんなことをお願いしたいと思います。みなさんと吉沢さんでジャンケンをしていただきまして、最後まで勝ち抜いた方には、吉沢さんから本作での名ゼリフを直接言っていただきたいと思います!

(会場拍手)

吉沢:なにそれ!(笑)。

司会者:ではジャンケンいきましょう。アイコもなしにしますか。

参加者4:最初なに出しますか?

吉沢:秘密です。

(会場笑)

吉沢:いきますよ、最初はグー。ジャンケンポイ! パーの人。おお、けっこう減った。

(会場笑)

吉沢:よし、いきますよ。最初はグー。ジャンケンポイ! グーの人。

司会者:吉沢さんジャンケン強くないですか?

吉沢:強いですよ、もうだいぶ。これはあと1回くらいやってその2人くらいでジャンケンしてもらうみたいな感じにします? では、最初はグー。ジャンケンポイ! チョキの人。

(会場笑)

吉沢:では4人でジャンケンしていただいて。最初はグー。ジャンケンポイ! おお!

司会者:一人勝ち残りましたね! おめでとうございます!

吉沢:おめでとうございます! イェーイ! お名前は?

参加者4:OOです。

吉沢:OOさん、ではやりますか。緊張するよ? いきます。「OOさん、僕じゃダメかな?」

(会場笑)

参加者4:もちろん!

(会場笑)

吉沢:ありがとうございます。

(会場拍手)

吉沢:どうもありがとうございます。こんな感じでやってましたよ。もう手汗がすごいんだな(笑)。

司会者:どうもありがとうございました。では残念ながら、終了のお時間になってしまいましたので、これから映画を観られる方々にメッセージをお願いいたします。

吉沢:はい、本日はありがとうございました。あっという間の時間でしたけど、すごい楽しかったです。楽しんでいただけました?

(会場拍手)

吉沢:ありがとうございます。今回の映画は本当にキュンキュンシーンもたくさんあるんですけど。絵がすごいきれいだったりとか、映画として僕はすごい完成度が高いなと思ってて。だからいろんな人に観ていただきたいなと。

だから今から観ておもしろかったなと思ったら、友達とかに宣伝していただいて。「すごいから」って言ってもらえればうれしいです。

まあ本当に僕の役もキュンキュンシーンもちょっとあったりしますけど。本当にこの映画キュンキュンできるんで。キュンキュンして帰ってください。本日はありがとうございました。

(会場拍手)

<続きは近日公開>

Occurred on , Published at

ログミーNews

ログミーNewsに関するログをまとめています。コミュニティをフォローすることで、ログミーNewsに関する新着ログが公開された際に、通知を受け取ることができます。

このログの連載記事

1 イケメン俳優・吉沢亮はスクールカーストの下位だった? 非リアな高校時代の恋愛エピソードを明かす
2 近日公開予定

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?