アイコンタクトを使った実験

リチャード・コックス氏:さて、今度は皆さんの番です。この実験をやってみてください。皆さんが誕生したのは、何月ですか。私は7月7日が誕生日ですので、私の場合は数字の7になります。皆さんの誕生月の、数字を思い浮かべてみてください。

奇数月であれば、あなたは青チームです。私は青チームですね。偶数月であれば、その皆さんは緑チームになります。青チームと緑チームです。忘れてしまった場合は、どちらかを適当に選んでください。その点は、あまりこだわりません。要は、半々になればよいのです。

では、質問を始めます。移動する必要はないですよ。場所を変える必要はありません。もしさしつかえなければ、起立してください。その方が、私からよく見えますから。

皆さんのワークは、軽めに設定してあります。通常、私たちの講義は、もっとアクティブです。皆さんには、軽く学校時代に戻っていただくつもりです。はい、結構です。

はい、青チームの皆さん。これからお願いごとをします。指示をひと通り出しますので、やってみてください。では青チームの皆さん、周囲を見渡して、他の人と10秒間、アイコンタクトを取ってみてください。

緑チームの皆さん、同じことをやってみてください。しかし青チームの皆さんは、穏やかなアイコンタクトを10秒間保った後、私が「交代」と言いましたら、他の人を探して、その人と穏やかなアイコンタクトを10秒間保ってください。交代しても、1人の人を、病的にストーキングしてはいけませんよ。

(会場笑)

病的に目線を追いかけてはいけませんし、場所を移動してまでも追ってはいけません。そういったことはしないでください。少しの間、穏やかなアイコンアタクトを保つだけでよいのです。不快なほど長くはありませんが、少々長いなとは感じるはずです。

アイコンタクトから、目線を外すとどうなるか?

はい、青チームの皆さん。終了です。緑チームの皆さんも、アイコンタクトを取って下さい。しかし皆さんは、アイコンタクトを取ったらすぐに、目線を外し、再びアイコンタクトを取って、その後にまた目線を外してください。再度アイコンタクトを取る、と言ったことを、何度も繰り返してください。外す、目を合わせる、外す、合わせる、といったことを、繰り返して下さい。

目を動かすことは可能です。頭を動かしてもよいです。何でも可です。でも、病的に下をじっと見つめることは止めてくださいね。見る、そっぽを向く、見る、そっぽを向く、を繰り返してください。

(会場笑)

見る、そっぽを向く、見る、そっぽを向く、ですよ。単に遊んでいるわけではありません。見る、アイコンタクトを外す、といったことを繰り返すことにより、「相手は、まだ自分を見ているかな?」と確認しているわけですね。青チームもしくは緑チーム同士で合致したら、そのままの状態を保持してください。

見て、誰かを見つけます。そうですね。私たちです。私たちだとわかった瞬間……いや、結構です。はい、皆さん。準備はよいですか。振り返って、誰かを探してください。10秒ですよ。そのままでいてくださいね。

(会場笑)

じっと見ては、視線を外す。はい。素晴らしいですね。はい、交代してください。誰か他の人ですよ。会場の向こうに離れた人でも構いません。はい、お上手ですね。交代! はい。結構です。今度は、こちらを見てください。はい。お上手です。

皆さんを興味深く拝見させていただきました。何かが起こっていたでしょう。今度は、行動を交代させてみましょう。今やっていたことと、反対のことをしてみてください。見つめていた方は、そっぽを向いてみてください。穏やかに見つめてください。私たちを病的に見つめることは止めてくださいね。文字通り。敢えて言うならば。まあ、ここでは同義ですが。

(会場笑)

わけがわからないですね。目を合わせては目線を外していた皆さんは、今度は穏やかなアイコンタクトを保ってください。10秒ですよ。はい。別の人を探して下さい。どうぞ。はい。交代。はい。もう一度交代。オーケイです。大変よくできました。

お座りになって、今起きたことで、気がついたことを少しディスカッションしてください。私を見たい人は、誰もいませんね。はい。よくできました。

アイコンタクトから生まれる意味とは何か

何かが起こっていましたね。アイコンタクトは、大変大きな意味を持つのです。ですから、じっと見つめるということは、非常に極端な事態なのです。大変に極端です。ある時点に達すると、不快な気持になったでしょう。

(会場笑)

瞬きをした? そうですね。名優と言われる人たちは、瞬きをしないよう訓練するのです。クリント・イーストウッドは、まったく瞬きをしません。彼は、非常に強い役柄を演じることが多いですよね。これも、この実験と関係して来ます。

目を見て、そのまま見つめる関係は、上位の地位を表します。社会科学から、演劇論に話を移しますと、これは優位性を表します。つまり、より強い権威と力を意味します。

見つめた後に目線を外すと、より近寄りやすく感じます。つまり、権威と近寄りがたさとの対立なのです。お互いのやり取りの目安なのです。

これには他の行動も関係して来ます。皆さんは、アイコンタクトを取っていた時に、皆さんの身体がどうしていたか、お気づきになりましたか? わかった方は、いらっしゃいますか。洞察はありますか。

(観客が発言)

目を見て、目線を逸らした時には、女性の目の前で、あたかも放屁してしまったかのような気分に陥ったとのことです。これは偶然ではありません。屁については、また別の分野で後ほど軽く触れます。屁は、デートにおいて意味があります。目を見ては目線を外す行為は、緊張している時にもそうなりますが、他の場合もそうなりますね。

(会場笑)

そうでしょう? 会場の皆さんが笑っているということは、皆さんはこの行為を解読できているということです。ほら、皆さんはエキスパートだと言ったでしょう。こういったことを理解するための学習なのです。目を見て視線を逸らす行為は、放屁や緊張しているような気分に似ています。

ハリウッドは何が優れているのか

では、お互いに交流を持つ時には、どうしているでしょうか。

アイコンタクトをきっかけに、簡単な自己紹介や、他の人がどんな人か、何をしている人かなどについて、ちょっとした紹介を始めた方はいらっしゃいますか? どなたかいらっしゃいますでしょうか?

はい、そうですよね。

そうなるはずです。他の人が一定の行動をすると、ややあってから、その人がそういう行為をするような人物なのだと説明を始めざるを得なくなります。皆さんのような賢明な方々には、わざわざ説明する間でもないかもしれませんね。そして、何を言うかが問題ではなく、どう言うかが問題になってきます。

どうにも不条理な話のようですが、これは真実なのです。そしてこれは、政界の状況をも説明できます。人々を惹きつけるような話し方をする人は、実際にいるのです。両脇には人がいて、考えられうる、ありとあらゆる通路に人がいますが、それが真実なのです。

ハリウッドの俳優が成功するのは、これが理由なのです。彼らは、こういった人間関係の均衡を保つのが、非常に得意なのです。何を言うかではなく、どう言うかが要なのです。その話をすることを、あらかじめ知っていたみたいですね。

皆さんは、着席したままで結構ですので、上記の2つの引用文から、お好きな物を選んでください。そして、周りに向かって、もしくは私に向かって、読み聞かせてください。選ぶのは、どちらでも結構ですよ。はい。始めてください。

はい。すばらしいです。選んだ文は変えないでくださいね。ちょっとしたお遊びを始めますよ。

再び文を音読しますが、今度は少々変化を加えます。意味を添付するイメージで読んでみてください。

例えば私が「適切な言葉は効果的だが、適切な間は、適切な言葉よりもはるかに効果的である──マーク・トウェイン」と言いますが、これは単なる音読です。

「(感情を込めて)適切な言葉は効果的だが、適切な間は、適切な言葉よりもはるかに効果的である──マーク・トウェイン」これは、意味を添付した言い方です。違うでしょう?

皆さんの番ですよ。同じ文を、今度は意味を込めて読んでみてください。はい、どうぞ。

響きが変わるでしょう? この壇上からは、個々ではなく一斉に聞こえますが、より興味深く、意味を持ってきます。はい、とてもお上手です。皆さん、素晴らしいですね。

4つの人格になりきって音読をしてみよう

ここからは、この講義における、最も面白い、もしくはもっともひどい内容になります。

これは最後のお願いになります。皆さん、ご起立ください。そうです。またですよ。私たちの受講生は、少々ぶつぶつとこぼしはしますが、のちに、「とても楽しかった」と言ってくれます。これは楽しいですよ。楽しい実験にご参加願います。

同じ文を再読していただきますが、まず最初に、私が元となる例をお聞かせします。皆さんが再読する際に、まずデモストレーションしてお見せます。私がしないようなことを皆さんにお願いすることは、まずありませんよ。私と同じような大声を出す必要もありません。皆さんがやりやすいように、まずは道を広げて差し上げます。

例文を、4人の人格として4回音読してください。(コックス氏、ロックスターになりきって読みあげる)最初は、ロックスターです! 皆さんの動作は、大胆かつアグレッシブにして、エネルギッシュです。話し方は、大声で、強烈で、「ノリノリ」ですよ。皆さんの存在は伝説的で、人気があり、ナルシストで、衝撃的です! 引用文を、ロックスターとして読んでください。ゴー!

(会場、身ぶり手ぶり付きで音読。会場と話者、爆笑)

私の仕事は、世界で最高です! いや、今のは素晴らしかったです。ワオ! 私のMBAの学生たちに、皆さんと同じくらいの情熱を持ちなさい、卒業生と同じくらいうまくやりなさい、と発破をかけるつもりです。

はい。今度は、幼稚園の先生になりきって引用文を読んでください。動作は物やわらかで、流れるように。大げさな身振り手振りでお願いします。話し方は、母音を長ぁぁめに発音してくださいぃぃ。表現豊かに、はっきりと発音して、優しく、歌うように話してください。皆さんの存在は、親しみやすく、親切です。物腰は低めでお願いします。幼稚園の先生ですよ。どうぞ!

(会場音読、笑い)

幼稚園の先生方が抗議のためにステージに上がって来られる前にお話ししておきますと、私の母は幼稚園の先生でした。物真似がうまいと、母に褒められたのですよ。

これは単なるステレオタイプであって、実際に幼稚園の先生方がこうであるというわけではありません。幼稚園の先生方が怒ってステージに上って来てはいけないので、弁解させていだだきました。