「僕は会社に守られていた」
大企業を辞めた男たちが悟った、時代の変革期

パパたちのライフシフト~転職・副(複)業・起業・主夫・育休・移住etc 家族の幸せは自分でデザインする! #7/10

第2弾フォーラム
に開催
2017年7月26日、男性の働き方をディスカッションするフォーラム「男の100年ライフ」第2弾が開催されました。セッションでは「働き方改革の先にあるのは、生き方改革」をテーマとして、育児などに悩む男性たちがなぜ副業や転職を考えたかを明かしました。

大きな会社で働くことは一種のステータスでもある

秋鹿良典氏(以下、秋鹿):(サラリーマン時代から独立までの流れに、小津氏と)共通点はありますね。家のローンは、やっぱりサラリーマン時代に(笑)。それはまったくその通り。

安藤哲也氏(以下、安藤):俺、建てられなかったもん。

秋鹿:ご苦労なさってね。サラリーマンでいたことが、自分としてはトータルでマイナスだったらから辞めたというのが大筋のストーリーなんだけど。

そうは言っても、やっぱり大きい会社で働いてると確かにローンなんかもそうだし、一種のステータスみたいなのがあるんですよね。現実問題。

安藤:会社の看板の信用はある。自分の信用はどうなんだ? みたいな。自分のバリューはあるの、そこに? みたいな。

秋鹿:結局、虎の威を借る狐になったところがあったんですね。それはね、いいんです。あっていいんですよ。ただ、それを脱いだときに、裸になったときにどうやって生きていけるんだろうっていうのは、それはものすごく逡巡するところですよね。

小津智一氏(以下、小津):僕、それ思います。本当に大企業に守られてて、いざ自分が会社をやろうとしたときに行く場所がないんですよね。違う会社にと思って考えたんですけど、実は本音を言うと、自分の行き場所がないんですよ。

会社を変えるより自分を変えたほうがいい

安藤:行き場所って、毎朝行くところがないってこと?

小津:じゃなくて、自分の能力を活かせるところがない。つまり、それまで僕はある意味会社でしか働けないようなやり方しかしてないから、自分が会社を移ったときに、僕はむしろ、うちは1部上場企業でしたけど、中小企業のバリバリやってる人のほうが、僕は優秀だと思ってるんです。僕は会社に守られてたっていうのが、辞めるときにすごくわかりました。

安藤:なるほど。でも、そうやって日本は経済成長したんだよね? こういう護送船団方式で。

川島高之氏(以下、川島):高度成長期っていうのは、それが正解なんですよね。今の中国だってインドだって、財閥を作ってでかくなって、右に倣えで。サムスンなんかもそうですよね。もうみんな同じ仕事。

安藤:人口が増えてるんだから。

川島:人口が増えて経済成長。

安藤:作れば作っただけ売れるから。

川島:これが成熟社会になると、同じものをアウトプットしたって売れなくなるから。でも、相変わらず組織は右に倣えで言うことを聞けと。護送船団みたいになってるから、どんどん競争力が落ちてくる。

日本はそっちに来てるのに、相変わらず気づいてない経営者が多い。だから日本ってどんどん諸外国に抜かれていってるじゃないですか。どんどん抜かれていってますよね。

安藤:会社が、経営者が変わるのを待ってたら自分の人生が終わっちゃうじゃない。

川島:それでたぶん今日はみんなが、会社を変えるより自分を変えたほうがいいってことで。辞めることありきじゃないと思うけど、結果的に辞めることになったっていうね。たぶん、そんな感じじゃないかなって思うんですよね。

坪井博一氏(以下、坪井):自分を活かすために辞めたっていう。

川島:そうでしょ。

安藤:自分を活かすために辞めた?

坪井:はい。ずっと飼われててそのままっていう未来が見えてしまって、それを家族を道連れにするのはどうなのかと。

川島:だから、さっきの佐藤さんの横軸の未来ではなく斜め上の未来を描いて、この洋服になっちゃった。

(会場笑)

でも、幸せそうだもんね。

坪井:今のほうが幸せです。この先もまだまだ幸せになれるなっていうのはあります。

川島:「今より幸せになれないと思った」って言ったの、誰でしたっけ?

坪井:あ、はい。

川島:そうだよね。

坪井:今は良くても先がないなっていう。

安藤:ビジョンが持てない人生って辛いよね。

今の若者は古い考えに縛られ、コマンド&コントロールされている

川島:高度成長のころはまだ、今の50、60のおじさんたちは、まだ会社も国も右肩上がりで、絶対一緒になってついていけるから、そこで自分を納得させてたところがあると思うんですね。

でも、ありえないからね。日本は絶対高度成長はありえないから、GDPでね。良くて0パーセント成長だから。

安藤:人生100年で後ろに伸びて、定年が待ってます。そのおじさんたちはどうするの?

川島:だから、あれですよ。自分のホームランだと思って打ったボールが、実はシューンってフェンス前で落っこちちゃうボールになってるのに気がついてない。勢いがなく落っこちちゃう。

安藤:イクボスの企業の調査でも、40~50代にかけると、なにか新しいことをやろうとする意欲が減退していくという結果がありますね。そこにいく前に気づかなきゃいけないってことね。

川島:あれは、会社が自由にやらせてくれない、主体性をもたせた仕事をやらせてくれないところが多いじゃないですか。

いいアイデアだって、「お前はまだ新人だから」とか「若いんだから」って(却下される)。結局、古い考え方の取締役のおじさんたちが物事を決めて、コマンド&コントロールをされてるのが、日本の会社。

それで来ちゃった40代・50代はなにもできない。だからしょうがない。なにかやろうと思っても、もう無理っていうね。そうなっちゃうスパイラルが、とくに大企業は多いですよね。

安藤:企業だけが悪いんじゃなくて、子ども時代からの教育も、そういうふうに僕らはされてきちゃったじゃない。管理教育みたいな。

川島:そう、先生の言うことを聞きなさい、親の言うことを聞きなさい。よく帰国子女がクラスの中で先生に怒られるんですよね。「手を挙げるんじゃないよ」とかって。普通、欧米だったら授業中に「先生これ!」って質問するのが、手を挙げちゃいけないって言われて。

ずっとそういう教育を受けてるから、それが今の20~40代を育ててきちゃって、金太郎飴の言うことを聞くだけの、コマンド&コントロールされる悪性のストレスにも耐え忍ぶ。そういう人ばっかりが増えてきちゃった。自殺率は日本が一番高いのもそこが原因かなって。

安藤:個人の能力やポテンシャルがないわけじゃなくて。

川島:いや、むしろあるんだよ。

安藤:あるんだけどね。それを抑え込む教育や、飼い慣らそうとする会社。

川島:当時はそれがよかったんだよね、飼いならしたほうが。同じものを作っときゃいいんだから。でも、今はもうそれじゃあれだよね。

安藤:時代の変革の過渡期なんだろうね。

いろんな生き方、多様な働き方があっていい

秋鹿:高度成長のときには、組織としての生産性はコントロールすることで担保できたんですよね。そのほうが組織のオーナーも楽だったし。ところが、今はもっと個人の生産性を上げなきゃいけないから、同じように右に倣えでやってるところは、たぶんスポイルされていく。そういうのに気がついちゃった人が多いんでしょうね。

川島:みんな気がついちゃった(笑)。

秋鹿:組織にいると、先が見えちゃうなあなんて感じちゃったんですよ。

川島:今日はある1つの方向性にいっちゃうのはまずいなと思ったのが、転職ありきみたいになったら僕はよくないなと思うんですけどね。

安藤:いろんな生き方が。

川島:いろんな生き方があって。俺は大企業でサラリーマンをやってる、辞めたほうがいいかなとか大企業はダメかなとか、サラリーマンを辞めなきゃダメなのかなっていうのが1つの解っていうのは、おかしな解だと思うんです。結果的にそうなったっていうほうが、僕はいいと思ってますけどね。

安藤:そうね。やっぱり多様な働き方があっていいと思うし。

川島:選べるようになったっていうか。女性活躍なんかも、別に俺は専業主婦でもいいと思うんです。最近のワーキングマザー、女性活躍のトーンを聞いていると、専業主婦は怠けてるんだとかね。

あんたたちも職場で活躍しなさいみたいなプレッシャーが、世の中に増えてきてるけど、別に専業主婦でもいいわけで。今は専業主婦も兼業主婦も、バリバリワーキングマザーも選べるというのが、本当の意味の女性活躍。

男性も同じですよね。社畜でいること。それがいいと思えば、ずっと社畜でいてもいいと思うんです。だけど、ほかも選べるっていう、たまたまサンプルがみんな転職してるっていうので。

小津:僕ももし会社の中で転勤がなかったら、自分の住む場所がちゃんと目の前に確保されてそこがあるんだったら、別に辞めなかったですよ。それがもう先々に行っても、できないってわかるんですよね。そのときに自分がどう行動しようかってしたときに、僕の結論はそこだったんですよ。

安藤:自分の中で一番大事にしているものが、そこだからだよな。なるほど。

川島:「大事にしてるものはありますか?」、もっと言うと「あなたの基軸はなんですか?」って、ここだと思うな。

軸は絶対人間が持っているもの

安藤:たぶん、そこがある人とない人が、シフトチェンジできるかできないかっていうことなんだろうね。それが、かつてのお金とか出世とか家長として、守るべきものがあるみたいな。

そこの価値観で縛られちゃうと、本当に自分が一番大事にしているものが見えない。本当はあるのに見ようとしないとか。そうなってきてるうちに、どんどん老いていくと。

川島:あるいは、軸がだんだんなくなってきちゃうとか。やっぱり軸って、人間は絶対持ってるわけです。背骨があるのでね。バックボーンがあるので、やはりそこを見極めて、それだけは死守する。あとは柳の枝のように、適当に時代に合わせときゃいいみたいな。

安藤:サーフィンみたいなね。

川島:そうそう(笑)。

小津:そこだけは。

川島:見るからに軟弱なおっさんだけど、外見と中身違うもんね。

(会場笑)

安藤:ホストやってたから!(笑)。

川島:軟弱なさぁ。

(一同笑)

安藤:あれだから慶応はやだ(笑)。

川島:軸があるんですよね。

Occurred on , Published at

スピーカー

関連タグ

人気ログ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーをフォローして最新情報をチェックしよう!

関連ログ

人気ログ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!

苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?