プロの真似をすると逆に下手になる?
スポーツの練習法に潜む意外な落とし穴

理論スポーツ #18/26

スポーツで実力を伸ばしたい時、あなたはどうしますか? ひたすら練習したり、イメージトレーニングをしたり、スポーツの上達方法にはさまざまな選択肢が存在しています。時にはプロのやり方を見て学ぶこともあるでしょう。ですがそれは、逆に実力を落としてしまうことになるかもしれません。YouTubeで武道を用いた運動法をレクチャーする、「理論スポーツ」の高橋氏。今回は、「プロから学ぶ」弊害と、なぜそのようなことが起きてしまうのかを解説します。

プロの真似をすると逆に下手になる?

高橋大智 氏(以下、高橋):こんにちは。理論スポーツ管理者、高橋です。スポーツの世界というのは例えば、一流選手の練習法や実績を残した練習法があるります。今日は、こういう上手い人のやり方を真似ると、かえって練習や運動技術が悪くなってしまう、ということをお話しします。

なぜかというと、例えばプロ選手のやっているやり方とか、フォームや練習方法など、なんでもそうだと思うんですけど、本などに載っている情報って、外形だけなんですよ。

つまり、「私はこういうふうにやってます」というやり方なんですね。例えばランニングの世界では高橋尚子さんとか野口みずきさんでもいいと思うんですけども、「走った距離=裏切らない」、と。めっちゃ走れば記録伸びますよ、と野口みずきさんは言葉を残してるんですね。これを聞いて、普通の人は「あ、たくさん走ればいいんだな」真似するわけですね。

これだとどうなるかというと、実は市民ランナーの世界では、「走った距離=スタミナ」、といった言葉が入ってしまったせいで、本当にそれを実行してかえって怪我をしてしまったと。その言葉にみんなが影響されてやったのかはわからないんですけども、実際に市民ランナーの人たちがただ練習量をあげて怪我をしてしまったという報告がたくさんあります。

一流選手とかプロとかのやり方やフォーム、あとは心構えとかありますよね、あるいはマインドとか練習の取り組み方。これって結局、一流選手とかプロはこれで金を稼いでるわけですよ。だから心構えとかマインドというのは市民ランナーとかアマチュアでやってる人たちとはもうぜんぜん違うわけです。

スポーツで人の役に立ちたいと本気で心の底で思っている、さらに生活スタイルも朝から晩まで練習してる、それによってできたやり方とフォームなんですよ。これはフォームだけを見ると、やり方やフォームが違うだけに見えるんですけど、こういうプロの選手たちというのは心構えとかマインドが違うんです。

本なんかに載ってる情報はこれ(やり方とフォーム)も入ってるんで、多くの人たちはを真似するわけです。でも、これを真似すると、怪我をしたり失敗するってことなんです、私が言いたいのは。決してやり方とフォームが間違ってるわけじゃないんですよ。

ただ、プロの選手とかはこのマインドや心構えがあってのフォーム、なんですよ。だから心構えとマインドを学ばないとやり方やフォームの良さはわからないんです。だから、本当に私たちが学ばなければいけないことってなにかというと、ここ(心構えとマインド)なんですよ。ここを学ばなきゃいけない。

つまり、私たちアマチュアは、心構えとマインドをいかに、自分の考えや生活スタイルにうまくチューニングを合わせて、そのうえでこのフォームを考えられるか、ということなんですね。

だから、心構えとマインドを生活スタイルに合わせて真似をするんであればぜんぜん良いと思うんですけど、なかなかそういうわけにはいきません。ただ、多くの人たちも本を読んだりとかして、結局こういうフォームややり方を考えるのは重要だと思います。

プロではなく、初心者から学べ

では、私が考えているのはなにかというと、やり方やフォームというのは上手い人だけではなくて、上手い人プラスそうでない人、下手な人、初心者ですね。こういった人たちのやり方とか、そういう人たちの動きも研究する。ということをやるといいんじゃないか、という話をしたいと思います。なぜかというと、この、動きが良くない人というのは、なぜ動きが良くないのかが解るからですね。

上手い人はすでに完成されて洗練された動きなんです。だから上手い人を見て、この部分の動きがいいから僕もやろうっていったってできないんですよ。

ところが初心者の場合だと我流でやろうとしたりなにも知識がない状態でやるので、悪い部分がボロって出てしまいます。じゃあその人が、なにが悪いのか、なにでつまづいてしまうのか。「この人はこういう悪い部分があるからこういうことが起こるんだな」というのを考えると、結果的にやり方やフォーム、自分のフォームを改善する1つの方法になるかも知れないですね。

弓道では「弓は神器」といわれています。これはなぜ「神器」かというと、上手い人というのはたくさん弓をひいてる人。しかし、たくさん弓をひいてる人ほど動きが悪くなったりしてしまうんです。だけどなんにも知らない初心者の人に弓を持たせると、ものすごく練習してる人よりも上手い「射」が出てしまう、という事実があるんですね。

だから「弓は神器」といわれてるんですけど、こういうふうに、動きやフォームを真似するんであれば、一流選手やプロというのは心構えとかマインドが違うわけです。だから学ぶべきはここ心構えとマインドなんですよ。

じゃあフォームややり方において自分の考えを増やすためには、多様化させるためにはどうしたらいいかというと、まだ初心者でやり方がまったくわからない人の動きを見たほうが、動きとしてなにが起こっているのかというのがよくわかりやすいんですね。

なのでぜひ、フォームややり方というものを突き詰めたいんであれば、フォームややり方という動きがなにがこっているのかをしっかり確知したい場合は、運動経験が少ない人や、初心者ですね、こういった人たちのほうがよほど勉強になる。ぜひとも、実践してみてください。

以上で説明を終わります。ありがとうございました。

理論スポーツ
武道の身体の使い方、姿勢に基づく
全スポーツの運動技術を高める具体的手法を公開します。
筋トレ法、栄養学、メンタル調整、身体の仕組みなど、
内容は多岐にわたります。
理論スポーツ

 

Published at

参照リンク

トレッドミルと屋外トレーニングのメリットデメリット

https://www.youtube.com/watch?v=_xRjvvmeqKk

スポーツ動作、体の不調を軽減させる武道での「筋骨」の考え方

https://www.youtube.com/watch?v=-tEwoONNQe0

目線を変えることで運動中の力みを取るには

https://www.youtube.com/watch?v=47Bny3-94zk

イメージトレーニングがスポーツによい科学的根拠 - YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=4tmID8EHrfs

動きを変えるためにぜひゆるめたい筋肉

https://www.youtube.com/watch?v=8BbJDGveQXg

スポーツでの脚の疲れをほぐす体使い

https://www.youtube.com/watch?v=BrDT9QKcFHw

ランニング:効率のよいカーブの曲がり方 - YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=DzvJWIpjm5s

ピッチャーが効率よく球を投げるには - YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=EQmOD79-3EA

ランニング:スムーズに走るための姿勢と走り方 - YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=f1x24uXc5tg

腰のハリをなくし、肩をリラックスした姿勢をとるためのコツ

https://www.youtube.com/watch?v=FOixicKX888

ランニング:腸腰筋の使い方 - YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=Frnoh-E-clY

ランニング:走る動作で有効な肩甲骨の使い方

https://www.youtube.com/watch?v=gdWuN4r-6Zw

座った姿勢から強く動きやすい体を身につけるには

https://www.youtube.com/watch?v=IUfVkleIHj8

スポーツに応用するための「武道の姿勢」の構築法

https://www.youtube.com/watch?v=Jeb3lwSNBY4

スポーツで言葉にとらわれると実力が下がる - YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=lil0l881wIo

ランニング:股関節の動かしかた

https://www.youtube.com/watch?v=mZiz4OKS9bo

ランニングに有効な目線の使い方 - YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=NNa6UaSm6mo

異分野のスポーツにより、体の使い方を変える方法

https://www.youtube.com/watch?v=RDefD7ltpeo

変化球を投げる上で注意したいこと - YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=T_ic_wNmLZE

運動動作の腕の力みをなくす「懸け口十文字」

https://www.youtube.com/watch?v=U3dwi8dREqk

ランニング:ひざ痛の直し方

https://www.youtube.com/watch?v=Vc3LmwGz-R8

スポーツ・運動技術を向上させるXの関係を理解する

https://www.youtube.com/watch?v=VhLEBRSuoaU

リラックスした状態に体を整える方法

https://www.youtube.com/watch?v=VQXclujnS9U

ランニング:効率よく腕を振るためには

https://www.youtube.com/watch?v=Z0Qlu55XxJM

理論スポーツ

理論スポーツに関するログをまとめています。コミュニティをフォローすることで、理論スポーツに関する新着ログが公開された際に、通知を受け取ることができます。

このログの連載記事

1 スポーツは感覚じゃない、理論だ! 理想的な“走り方”を徹底解説 2 「腕を大きく振って走る」は間違い!? 本当に効率のいい走り方 3 ランニングで大切なのは“首と鎖骨”? 解剖医学に基づいた疲れない走り方 4 「指使い」で走りは変わる!? ランニングで意外と大切な“指”の使い方 5 ウサイン・ボルトの速さの秘密はこれ! 走りに超重要な「腸腰筋」を知ってる? 6 ランニングの時、どこ見てる? ちょっとしたコツで走りが変わる「目線」の魔法 7 パパ必見! キャッチボールで疲れない、効率のいい球の投げ方講座 8 効率よく走るために股関節を使え! ※ただし、股関節は意識しないこと 9 ランニングのひざ痛の原因と対策 気をつけるべきは「肩と目線」 10 カーブを速く走れないのはなぜ? 人体の構造に基づく傾向と対策 11 マラソン大会で記録を出したい人が、ランニングマシンを使うべきでない理由 12 「イメトレって意味あるの?」と思ってる人に知ってほしい、意外とすんごい効果 13 スポーツで「言われたとおりに」直しても、逆に下手になった気がする理由 14 野球選手がゴルフするのもあながち間違いじゃない? 異分野のスポーツを練習する意外なメリット 15 マラソンにおける「体力はまだあるけど脚がしんどい」から解放される方法 16 弓道の動きで腰痛改善? 人体の仕組みから紐解く、身体にやさしい「姿勢」の作り方 17 デスクワーカー必見! 肩こり・腰痛と無縁になる身体の作り方
18 プロの真似をすると逆に下手になる? スポーツの練習法に潜む意外な落とし穴
19 スポーツ疲れがなかなか取れないなら、「懸け口十文字」を習得せよ 20 スポーツが苦手な人は知らない「Xの関係」とは? 21 え、まだ筋トレしてるの? 人間の性能を100%引き出す「筋骨」という概念 22 すごいピッチャーほど肘や肩を壊してしまう理由 23 武道の姿勢で肩こり解決? 身体をリラックスさせる「胴造り」の作り方 24 スポーツの上達には、なぜ「ふくらはぎ」が重要なのか? 25 スポーツ上達のコツは、あなたの目線の“ちょっと上のほう”にある 26 身体はガチガチだけど、ストレッチする時間がないあなたへ 体調を整える「帯」の使い方

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?