食べるだけで痩せる?
“マイナスカロリー食品”は本当に存在するか

Do Negative-Calorie Foods Exist?

効果のほどはさておき、世のなかにはさまざまなダイエット法が存在しますが、そのなかの1つにマイナスカロリーダイエット、つまり「食べるだけでカロリーを消費する」というダイエット法があります。しかし、そんな夢のようなダイエットが本当に存在するのでしょうか。SciShowのスピーカーであるマイケル・アランダ氏によれば、理論上可能ではあるものの、摂取カロリー以上にカロリーを燃やせる食物は存在しないとのこと。なぜなら、食べるという行為は本来的にエネルギーを摂取するために行われるものだからです。

セロリはカロリーがマイナス?

マイケル・アランダ氏:“マイナスカロリー食品”は本当に存在するのでしょうか?

いいアイデアのように思える、こんな話があります。

食物はカロリーと呼ばれるエネルギーを持っていますが、人間の体は食物を処理するのにカロリーを使います。

では、もし食べるだけで、そのカロリーを消費できるぐらい低カロリーの食品があるとしたら、どうなるのでしょうか?

マイナスカロリー食品(ネガティブ・カロリー・フード)と呼ばれる食物の話を、人から聞くことがあるかもしれません。たとえば、セロリがそうです。

ただ理論上は可能ですが、セロリを含め、こういった摂取カロリー以上にカロリーを燃やせる食物は存在しません。

食べることもそうですが、体の機能すべてにおいてカロリーは不可欠です。

生命を維持するためだけに使われるカロリーに加え、食物を噛み、飲み込み、消化し、吸収する、という一連の処理にもエネルギーを使うのです。

食事でどのぐらいエネルギーを消費する?

食物を消化する際に発生する熱(カロリー)代謝のことを、食事誘発性熱産生といい、平均的に1日の消費カロリーのうち10パーセントが、これに当たります。

しかし食物の消化にエネルギーは必要ですが、進化的意味において、食べること全般の重要な点は、できる限りエネルギーを摂取することです。

ですから食べるとき、人の体は、そんなにエネルギーを使わないのです。

体が脂肪を消化するとき、そのカロリーのうち3パーセントが消費されます。炭水化物では、5~10パーセント、タンパク質だと最高30パーセントになります。

これはセロリを含め、すべての食物に当てはまるのです。

もちろん、セロリは水分を多く含み、消化しにくい、つまりカロリーゼロで繊維が豊富な食物です。

しかし、人の体は、水分と食物繊維を体内に取り込むときは、そんなにエネルギーを使いません。なぜなら、どちらも消化されないからです。

またセロリは、炭水化物と糖質と、ほんのわずかなタンパク質を持っています。

大きな1本のセロリは約10キロカロリーあり、これを消化するのには、おそらく約2キロカロリー消費するでしょう。つまり、セロリ1本で8キロカロリー摂取することになるのです。

こうしてみると、セロリは非常にカロリーが低い食品で、低カロリーの食事にトライするなら、おやつにうってつけの食物です。

でも、山盛りのセロリをむしゃむしゃ食べても、チョコレートケーキ1切れ分のカロリーを消費することは不可能なのです。

SciShow

Hank Green(ハンク・グリーン)たちがサイエンスに関する話題をわかりやすく解説するYouTubeチャンネル。

・公式チャンネル

Published at

SciShow

Hank Green(ハンク・グリーン)たちがサイエンスに関する話題をわかりやすく解説するYouTubeチャンネル。

スピーカー

関連タグ

人気ログ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!

苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?