「テリーの相手はややデカい」「靴紐切れると仲間死ぬ」誰もが頷くキン肉マンあるあるを公開

ゆでたまご・嶋田隆司×ケンドーコバヤシ対談 「キン肉マンが●●って、正気ですか!?」 #3/5

キン肉マンの原作者、ゆでたまご・嶋田隆司氏とお笑い芸人・ケンドーコバヤシの対談イベントに、あるある探検隊のネタでおなじみのお笑いコンビ・レギュラーが乱入。「靴紐切れると仲間死ぬ!」「テリーの相手はややデカい!」といった、「キン肉マンあるある」を繰り広げました。そのほかにも、週プレニュースで行われた超人総選挙2015キャラクター人気ランキングの中間発表を公表。10位~4位にはあのキャラクターがランクインしました。

お笑いコンビ・レギュラーが「キン肉マンあるある」を披露

石田紗英子氏(以下、石田):では続いてこちらご覧ください。

「キングオブ王道」とありますけれど、拍手が湧いてますよ。

ケンドーコバヤシ(以下、ケンコバ):やっぱりね、王道がブレないんですよ。最初から言われてるけど、常に10歳を意識してる。少年漫画としてのブレがないですよね。

嶋田隆司氏(以下、嶋田):あ、そうですか。

ケンコバ:ゆでたまご作品、キン肉マンというのは王道だけに、いわゆるベタな「あるある」っちゅうのも結構あるんですよね。「キン肉マンあるある」っちゅうのが、以外にこれ、結構。

<レギュラー松本康太氏、西川晃啓氏登場>

松本康太氏(以下、松本)、西川晃啓氏(以下、西川):あるある探検隊! あるある探検隊!

松本:どうもー!

西川:どうもー! レギュラーでございます!

(会場拍手)

西川:松本君、せっかく来させてもらったから、ここはキン肉マンの漫画のあるあるを言わしてもらおう。

松本:まかして! キン肉マンの漫画で起こりそうな「あるある」を!

西川:先生聞いてはるから、頼むで。

松本:ちょっと緊張するけどいくでー、ほないくで。……西川君、詰めて! マイクここやから!

西川:久しぶりやね。

(会場笑)

靴紐が切れると仲間が死ぬ

松本:じゃあ行くで。「靴紐切れると仲間死ぬ!」あるある探検隊! あるある探検隊!

松本、西川:どうもありがとうございましたー!

(会場拍手)

石田:ありがとうございます!

松本:どうも、よろしくお願いします!

石田:キン肉マン世代のレギュラーのお2人です。

ケンコバ:レギュラー、君たち何しに来たんや?

西川:台本通りのセリフやめてくださいよ。

松本:我々36歳、まさにキン肉マン世代なんですよ。それで、今日は我々ももっと深くキン肉マンを知りたいんで、「キン肉マンあるある」を探しに来たんですよ。

ケンコバ:そんなことより、お前ら沖縄の島に行ってたんちゃうんか?

松本:宮古島のやつ、それ! 紳助さんの番組のやつで、紳助さんが辞められてなくなった番組、それ。

ケンコバ:ああ、悪かった悪かった。

松本:せっかくですからね、「キン肉マンあるある」を、どなたか教えてほしい。

西川:ぜひともね、教えていただきたいですけども。

松本:ちなみに西川君、誰に教えてもらおう?

西川:今日たくさんお客さんもいらっしゃいますけども、この方、わざわざ来ていただいてますから!

松本:先生行くんか?

西川:先生に聞いたほうがいいんじゃないですか?

松本:キン肉マンあるあるを!?

(会場拍手)

ケンコバ:先生自らがね。

松本:もしよろしければ。

西川:我々と一緒に「あるある探検隊」をやっていただければ。

松本:せっかくですからね。

嶋田:どうやってやるんですか?

松本:動きは左、右、左、右に合わせて、「何とかかんとか、何とかです」で、「あるある探検隊! あるある探検隊!」を先生にやってもらいたいんですよ。せっかくですからね。

ケンコバ:いい加減にしろレギュラー!

西川:いや、それが無理やったら僕の気絶のカードも全然大丈夫ですけども。

松本:先生が気絶をするというのも。

ケンコバ:先生どうですか?

嶋田:まだ、振りがわからなかったんですけども……。

松本:手を握りまして、左から「何とかかんとか、何とかです」で、行進です。「あるある探検隊! あるある探検隊!」これでございます! すいません先生!

嶋田:わかりました(笑)。

石田:ありがとうございます!

キン肉マンを書いてる間は1週間お風呂に入らない

ケンコバ:いいんですか先生?

松本:せっかくですから、マイクの前でお願いします。

西川:キン肉マンあるあるとか、先生が書いてはるときのあるあるとか。

ケンコバ:先生あるあるでもいいですよ。

松本:制作のときのあるあるでも大丈夫なんですけども、もしよかったらお願いします。

嶋田:こうですか?

松本:左から、せーので。

嶋田:どこで、あるある探検隊?

松本:言い終わったあとに「あるある探検隊! あるある探検隊!」で決めです。お願いします!

嶋田:言うときは手を組んで?

松本:手を組んで、何とかかんとか……。

嶋田:……。

松本:先生、我々見てないじゃないですか!

(会場笑)

ケンコバ:(笑)。ちょっとね、5年ほど前ですんで。

松本:言うときは、こうです。ここでフレーズを言いまして……。

嶋田:フレーズがちょっと……。ちょっと待ってくださいね。

石田:今考えられるということですね(笑)。

ケンコバ:ちなみに今、画面(ニコニコ動画のコメント)には、「クライマックスで腰壊す」っちゅうのが来てました。

(会場笑)

松本:じゃあ、先生が漫画書いてはるときでもいいし、製作の段階のときのあるあるでも。

西川:何でも結構でございますんで。

松本:お願いします、せーの!

嶋田:お風呂に入るとネタ切れる!

嶋田、松本、西川:あるある探検隊! あるある探検隊!

石田:ありがとうございましたー!

(会場拍手)

ケンコバ:ちょっと聞きましょうかこれは。先生どういうことですか?

嶋田:これはですね……。

ケンコバ:じゃあレギュラーも。それか帰る?

松本:我々もせっかくですから、ここからいさせてくださいよ!

ケンコバ:なるほど!

石田:よろしくお願いします。

ケンコバ:「お風呂に入るとネタ切れる」?

石田:というのは?

嶋田:僕だけかもしれないんですけれど、連載始まった当初、キン肉マン書くときにいろんなアイディア浮かぶじゃないですか? それで1日1回お風呂入ったら、翌日書けなくなるんですよ。

石田:どういうことですか?

ケンコバ:リラックスしたらダメになるということですか? 緊張状態が解ければ書けなくなる。

嶋田:お風呂のお湯にアイディアが流れていったような気がして。

石田:えぇー?

嶋田:だから、キン肉マン書いてる間はお風呂に1週間入らない。今でもです。

石田:たとえば、アイディアが思い浮かんだときに、書きとめておくことをすればいいんじゃないですか?

嶋田:僕メモとらないです。本当に、頭に覚えてることがすべてで。

ケンコバ:じゃあ、これからの季節大変ですね、暑い季節。

嶋田:だから、金曜日の打ち合わせのときって思いっきり汚いんですよ。ヒゲも剃ってないし。そこにこないだ石田さん来られたときに「うわーどうしようかな」と思ってね。一番臭かったんですよ、あの時。

石田:えー? そうでしたっけね?

ケンコバ:正直なとこどうでした?

石田:正直にですか? ちょっと酸っぱかったなー……嘘です嘘です(笑)。

ケンコバ:酸っぱい匂いが女の人好きですから(笑)。

嶋田:げん担ぎですよね。

ケンコバ:げん担ぎで風呂に入らない。これは他では聞かないような。

松本:思わぬこぼれ話でした。

テリーマンの相手はややデカい

ケンコバ:さっきのレギュラーのあれも見事でしたね。「靴紐切れたら仲間死ぬ」っていうのね。

松本:そうですね、あれも不思議と何か悪い予感が起こるっていうイメージで。

嶋田:昔は子どもたちも真剣に読んでくれたんですけど、最近やると「また何か悪いこと起きる」とか、「もっと強い紐にしろ」とか送ってきますね。

ケンコバ:紐を強くしろと(笑)。

石田:どうですかね? ご覧になってる皆さんもキン肉マンあるあるを。

松本:聞きたいです。

西川:ぜひとも教えていただきたい。

ケンコバ:これ、メッセージに書いてくれたらね。「こんなキン肉マンあるあるあるよ」とか。

西川:共感するやつね。

ケンコバ:初期は結構、森永ココア推してたとか、そういう。……はいはい、結構。「新幹線止まったらテリー乗せる」。今日だけは言うたらだめなのよ。考えろよ、今日だけはあかんネタよ。

松本:タイミング悪いですね。

ケンコバ:「テリーは引き分けが多い」。なるほど。「攻撃効いてると思ったらわざとくらっている」。これは漫画的展開で確かに多いかもしれないですね。「影絵と正体まったく似てない」(笑)。

松本:確かに(笑)。

西川:シルエットがね(笑)。

ケンコバ:特にタッグトーナメントなんかミステリアスパートナー、マント脱いだら4倍くらいでかくなってるしね。ミステリアスパートナーたちがね、よくありましたよね。

嶋田:よくありましたね。

ケンコバ:これわかる、「テリーの相手はややデカい」(笑)。これちょっと、レギュラー2人でやってくれ!

松本、西川:「テリーの相手はややデカい!」 あるある探検隊! あるある探検隊!

(会場笑)

西川:これありますね。

松本:ありがとうございます。

ケンコバ:確かにマウンテン、モーターマン。

松本:そういうの、先生はわざとそういうふうにしてはるんですか?

嶋田:テリーの相手って、デカいほうがテリーが映えるんですよね。

ケンコバ:やっぱ意識的に、すごく困難な敵のほうが、テリーっていいというか。

嶋田:テリーって技がないじゃないですか? 殴ったり蹴ったりするくらい。

ケンコバ:いやいや、テキサスコンドルキックがあるじゃないですか。

嶋田:ありますけれど(笑)。やっぱりあれもデカい奴に打つっていうのが、顎にくらわすとか。だから絵的にものすごく大きい相手のほうが映えるっていうのが本当にありますね。

あえてテリーには大きな相手ぶつけるように。マックス・ラジアルもそうでしたけど。

ケンコバ:本当の計算があるんですね。じゃあこれはかなり鋭いんだ。

嶋田:だから、今回テリーはあまり大きくないジャスティスマン相手なんで、これはなかなか書くのは難しいなと、ちょっと今思ってますね。

ケンコバ:テリーの新境地がね、もしかしたら。

嶋田:楽しみです。

石田:(ニコニコ動画のコメントに)「テリーマン=クリリン」ってありますけれど、そういうイメージなんですか?

ケンコバ:「テリーマン=クリリン」ってありました?

西川:書いてましたね。

石田:また全然違いますか?

ケンコバ:別にテリーマンは初期から、鼻がなかったこともないですし……。

松本:そういうことじゃないと思いますよ(笑)。

西川:戦う相手がデカいっていう(笑)。

ケンコバ:どっちかっていうとクリリンはジェロニモですよね、人間界最強みたいなね。

超人総選挙2015 キャラクター人気ランキングの中間発表

石田:このようにたくさんキャラクターが出てまいりましたが、ここで超人気ランキング、キャラクターの人気ランキングですね。今回週プレニュースでは、2年ぶりに超人総選挙2015を(開催しました)。

(会場拍手)

松本:楽しみー。

ケンコバ:超人総選挙がとうとう。

石田:(会場の皆さんは)投票されました?

ケンコバ:投票した方おられます? ……結構皆してますね!

西川:すごいすごい。

ケンコバ:AKBと「も」投票した方おられます?(笑)

石田:コメントでも「した」って方がいらっしゃって、手が挙がってますね。

ケンコバ:冷静な口調で「ミスターカーメンが1位かな」って書いてる奴いましたけど(笑)。でも今回、新シリーズもよかったですもんね、カーメン。「カイルマン来い!」って書いてますけども、どうなってるんでしょうか?

石田:気になりますよね。こちら最終発表ではないんですが、中間発表として今日行いたいと思います。

ケンコバ:中間発表ね。

石田:もしかしたらまだ、ちょっとひっくり返るかもしれません。では早速行きましょう。まずは第10位です。

第10位 ブラックホール

松本:あーやっぱり!

ケンコバ:カッコイイ! ブラックホールね!

石田:前回は13位だったブラックホールですね。

ケンコバ:確かにブラックホールはカッコイイし、今回の新シリーズでも、なんやりとブラックホールで移動してますもんね、皆ね(笑)。

石田:ダルメシマン、ジャックチート、パーフェクト超人2人を倒した戦績が評価されたのか、まさかの好位置に今回つけたということなんですよね。

ケンコバ:このイラスト見てもかなり、体仕上がってるもんなぁ。

西川:確かにかなり。

嶋田:仕上げてきてますね。

石田:無駄な贅肉がない感じですね。

ケンコバ:デザインもやっぱブラックホールって本当カッコイイやんな。

嶋田:僕も大好きですね、ブラックホール。

石田:「BH」って「Black Hole」ってことなんですか?

嶋田:はい。

ケンコバ:今回、反響どうでした? 今回の新シリーズ、このペンタゴンと、裏返るみたいな。あれものすごい反響やったんちゃいます?

嶋田:ものすごくよかった(笑)。僕と中井君がペンタゴン書きたかっただけで、あのアイディアを。

ケンコバ:ペンタゴン久々に書きたいと。

嶋田:でも映えるシーンがないんで、「よし、裏返しちゃえ!」って言って。

ケンコバ:思い切りましたね。でもあのシーンがよかったですもん、羽が舞うシーンがね。「何だこれは」っていう、あれがすごくよかったです。まだまだ順位上がるかもしれないですね、ブラックホールは。

第9位 テリーマン

石田:続いては9位です。9位はテリーマン。

ケンコバ:いいですね! テリーマンが10位以内につけてるのうれしいですよね。

石田:ちなみに前回は14位だったんですけど、上がってます。

嶋田:やったー!

ケンコバ:先生テリーマン大好きなんですよ。

石田:言わずと知れたキン肉マンの好友ですが、最新シリーズではそのポジションのわりに「出番が少ないのかな」という声も(笑)。

ケンコバ:僕もテリーマンから影響を結構受けてるんですよ。今日は違うんですけど、普段ネルシャツをよく着てますし。結構テリーマンの影響を受けてるんですよ。

嶋田:それはテリーマンの影響なんですか?(笑)

ケンコバ:ネルシャツ着るときは鏡見てテリーマンみたいって思いますもん。よかったですね、このままいってほしいですね、10位以内。

第8位 ブロッケンJr

石田:人気ですね。では続いて行きましょう、8位はブロッケンJr。

ケンコバ:ブロッケンJr、人気ありますね。昔から。

嶋田:あります、女子に大人気です。

ケンコバ:女子受けいいんですか?

石田:女子の皆さんどうですか? 

ケンコバ:やっぱりね。

嶋田:何でかわからないんですけど、女子なんですよ。

ケンコバ:やっぱりベルリンの赤い雨見たら、この人、手技が……(笑)。

西川:なんちゅうこと言うんですかコバヤシさん!(笑)。

ケンコバ:女子ファンの皆さんすいません。

嶋田:でもやっぱ手技すごいと思いますよ(笑)。

ケンコバ:すごいですよね、絶対に。レディー・ガガも最近こんな格好してましたしね。

石田:前回は4位だったんですね。ちょっとまぁまぁ……。

ケンコバ:固定ファン多いですからね、ここからまた票を上げてくるかもしれないですよ。

第7位 キン肉マン

石田:なるほど、期待しましょう。続いて7位。7位はキン肉マン。

石田:主人公。あれ、でも主人公って1位とかになるような感覚……。

西川:1位になってほしいですよね。

ケンコバ:だいたいこの辺りなんですよ、いつもね。スグルは。

嶋田:あらゆる漫画作品でキャラクター人気投票すると、主人公1位になるんですけど、キン肉マン安定の位置なんですよ。

西川:それはどうなんですか? 先生からしたら(笑)。

嶋田:前回も7位くらいですよね。

ケンコバ:前回も7位です。まぁまだ中間発表ですけども。

嶋田:こいつは本当にここなんですよね。

ケンコバ:やっぱり、3票権利があるなら入れれる。

嶋田:多分3票入れろっていったときに、そしたら1票キン肉マンに入れて、2票違う奴に入れる。昔は違ったんですよ、昔は1票だったんですよ。

ケンコバ:1人1票。

嶋田:今3票やからこれだけ上がってますけれど、昔1票やったんで、「誰かがキン肉マン書くやろ」っていう読者が。だから僕は違うのに入れようって。

だから結果が、キン肉マンいつも下位にいるっていう。3票でもこれですから、魅力ないんやなと。

ケンコバ:いやいや、まだ中間発表ですから、先生安心してください。まあ多分、この辺りをキープして終わると思うんですが……。

嶋田:まだ1試合しか試合してないのに。

ケンコバ:そうですね、試合に出てきたらまた変わるかもしれないですよ。投票締め切りには間に合わないですけどもね。

第6位 ザ・ニンジャ

石田:では続いては6位ですね。6位はザ・ニンジャです。

松本:カッコイイなー。あ、(会場から)拍手が。

ケンコバ:人気あるのよ、ザ・ニンジャは。

石田:先祖の忍者たちの血と汗が染みこんだ忍者着を着ている粋な超人。そのルックスから女性ファンが多いということで、ニコ生視聴者もザ・ニンジャ大好きなんじゃないですかね? どうかな?

ケンコバ:やっぱり順逆自在の術? 今回順逆自在の術、カラスマンに破れまくりましたけど。俺はそれより銀閣寺の池にだいぶ前から入っててんなっていうことに感動しましたよ。かなり前から入ってたんでしょ、ザ・ニンジャね(笑)。

石田:足長いですね、ザ・ニンジャ。一番長いんじゃないですか?

ケンコバ:やっぱり、石田さんから見てもちょっと魅力的ですか?

石田:魅力的。顔小っちゃいですし、私もザ・ニンジャ好き。

西川:男性、異性として好きってことですか?

石田:そうですね、今出てきた中で一番。

ケンコバ:これやっぱ、スタジオで写真撮ったんでしょうけど、上足の人がだいぶ風吹かして(笑)。

西川:チャゲアスみたいなことしないでしょう。

ケンコバ:「何やってんだバカ、風当てろバカ!」ってメインのカメラさんに怒られて(笑)。

嶋田:これも最初人気なかったんですよ、ニンジャって。

ケンコバ:マジですか、六騎士の最初のときですか?

嶋田:最初の頃って雑魚超人っぽい感じで出てまして、アシュラマンもそうですけど。そしたらやっぱり子どもの人気が高くて。忍者好きなんですね、子ども。

ケンコバ:ブロッケンJrとの試合は、キン肉マンの中でも上位に入るいい試合でした。

嶋田:いい試合でした。

第5位 ロビンマスク

石田:さあでは続いて行きましょう。5位、ロビンマスク。

ケンコバ:常に1位のロビンですが……。

石田:前回の2013年の選挙では、ウォーズマンとワンツーフィニッシュを決めて、PITTA MASKのCMで共演も果たしたロビンマスクなんですけれども、早くも戦列を離れてしまったということで。これは大波乱が起きそうな感じですね。

ケンコバ:確かに、ロビンは常に勝利。結局はね。今回脱落したということもあるし、ちょうど人気投票の時期のときに、やっぱピンでCM出たんが反感買ったんですかね?

松本:そんなことは(笑)。

ケンコバ:「ロビンマスク! ピンはどういうことだ!」って。やっぱり、正義超人同盟から。

西川:そんな同盟あるんですか(笑)。

ケンコバ:「そういえばロビンさん、電通の人と飲みに行ってたわ」みたいな。

松本:そういう仕事の取り方してはるんですか(笑)。

ケンコバ:まあ幕僚長という立場もありますので、電通ともね。それか博報堂かな(笑)。どっちかでしょうね。

嶋田:そういうことやったんですね(笑)。ずっと1位やったんですけどね。

ケンコバ:そうですよね、ロビンは昔っから。

嶋田:ロビンかウォーズマンかって。すごい下がった。

ケンコバ:ロビン的にも、もしかしたら。

嶋田:ちょっとショック。

ケンコバ:よかったと思いますよ、これでCMも出てまた人気も1位だったら多分税務署入りますよ(笑)。ロビン宅に、マルサが。

第4位 キン肉アタル(キン肉マンソルジャー)

石田:それでは続いて4位、このキャラクター出てきました。キン肉アタルですね。キン肉星王位争奪戦で登場した、キン肉マンのお兄さんですね。

あらゆる超人の中でも実力はトップクラスと言われています。弟キン肉マンの火事場のクソ力の原型、業火のクソ力を持っているということで、大人気と。

ケンコバ:ナパームストレッチですからね、何と言っても。一番こう、ストレッチの前に何が合わない言葉かっていったらナパームですからね。焼夷弾を柔軟性みたいなね。

嶋田:(笑)。

ケンコバ:カッコイイですよやっぱ、ソルジャー。いまだにだって、ブロッケンとかだいぶこだわってますもんね。ソルジャーのことを。「俺たちソルジャーチームの絆はどこ行ったんだ!」って。

嶋田:やっぱり血盟軍。

ケンコバ:超人血盟軍、俺結局一番好きですよ。

嶋田:でしょ、それが人気がすごくて。だからキン肉マン、スーパーフェニックスを推しだったんですけど、結局アタルのほうが人気があったんですよね。あと、このカモフラ柄も、それもすごく皆好きやったみたいで。

ケンコバ:ステージの都合上こう座ってるんですけど、本当は俺今日L字で座りたかったですもん。

嶋田:A BATHING APEのNIGOさんもアタルが好きで、迷彩柄。非常に影響を受けたんですって。おしゃれナンバーワン。

ケンコバ:確かにおしゃれ。このときのスタジオで撮ったときもだいぶポーズカッコイイですもんね。

西川:スタジオで撮ったって何ですか、どの設定でコバヤシさんしゃべってはるの(笑)。

ケンコバ:スタジオでカメラマンさんに撮ってもらった写真で。

松本:きれいなバックですけどもね、真っ白な。

ケンコバ:カッコイイなやっぱり。

石田:4位までキャラクターが出てきましたけれども、どうですか? レギュラーのお2人のご指名は出てきましたか?

松本:僕、まだ出てきてないですね。世代もそうやと思うんですけど、僕ラーメンマン。子どものときラーメンマンって、遊ぶときも皆がほんまに取り合いしてましたから。ラーメンマンが好きでした。

ケンコバ:遊ぶときラーメンマン取り合いやった?

松本:そうです。ゲームもそうですし、あと皆で遊ぶときも。キン肉マンごっこするときでもラーメンマン。あとキン肉マン消しゴムで遊ぶときも皆ラーメンマンを取りたがる。

ケンコバ:でも正直、最初のファミコン版はブロッケンを使うのはもう……。

松本:(笑)。

西川:ブロッケンはズルかったです。

ケンコバ:あれはズルイ、毒ガスね。アシュラマンが最高に難しかったやつやな。

Occurred on , Published at

ゆでたまご・嶋田隆司×ケンドーコバヤシ対談 「キン肉マンが●●って、正気ですか!?」

ゆでたまご・嶋田隆司×ケンドーコバヤシ対談 「キン肉マンが●●って、正気ですか!?」に関する記事をまとめています。コミュニティをフォローすることで、ゆでたまご・嶋田隆司×ケンドーコバヤシ対談 「キン肉マンが●●って、正気ですか!?」に関する新着記事が公開された際に、通知を受け取ることができます。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?