ベンチャーにおける仲間集めの方法

山内幸治氏(以下、山内):米良さんは、立ち上げの時っていうのは、最初、例えばどうやって仲間を集めたんですか?

米良はるか氏(以下、米良):私は大学院の1年生の時だったんですけど、学生の時から荒井監督のお金集めのページを作ったりとかしていた仲間というか、私は慶応だったんですけど、東大系のベンチャーにちょくちょく顔を出していたので、東大のエンジニアたちがまわりにいたんですね。

彼らに、ちょうど修士の2年の秋ぐらいだったんですけど、「あと卒業までもうちょっとだね」とか言って、「じゃあ、卒業までに何か1つ大きいことをやろうよ」とかいう、よくわからない誘い文句で、声をかけていました。

最終的には2人のエンジニアが一緒にやってくれて、それこそ修士の2年の3月の末の、うち3月29日にサービスをオープンしてるんですけど、その理由は彼らが卒業するからっていう理由(笑)。

山内:その前にサービスをスタートしないとできないと。

米良:立ち上げなきゃいけない(笑)。もちろん次のエンジニアは、もうすでに決まっていたんですけれども、そんな感じで本当に手弁当で始めてしまったっていうところはあったんですけど。でもオチがあって、今年の春に最初に作ったエンジニアは戻って来ました。

山内:1回卒業したけど戻ってきた?

米良:はい、卒業してDeNAで働いていたんですけれど、戻ってきました。

山内:それは嬉しいですよね。

米良:嬉しかったですね。

理想からすると成長スピードはまだまだ遅い

米良:本当にまだまだですけれど、少しずつ成長させていたことを、最初に集まってくれていた仲間たちがまた戻って来てくれるのはすごい1番嬉しかったことですね。

山内:今、サービスのREDAYFORを使っての資金調達の金額というのが、サービスを開始して3年半位で今10億円位まで。

米良:そうですね、9億円位ですね。 

山内:それってイメージしていたスピード感と比べた時にはどうなのですか?

米良:私は先ほどご紹介いただいた通り、本当に学生の時に始めたというのがあって、いわゆるビジネスとか事業が大きくなっていくっていうイメージ感が全然なかったんですよね。

どういうスピードで誰がどういう風にやっていくか、それこそ起業家スティーブ・ジョブズとかいうと本当の天才で、自分がそういう風になれるとか全然思えないし、どういうスピード感でやっていくと事業って大きくなっていくのかな、いわゆるエクセルをたたいて毎月1.1倍とかで成長したらとか、そういうことはあるけれども、実際手を動かして実現させていくのは自分と自分のチームなので、その感覚を掴むというのが最初は本当にできなくて。

何をやってもなかなか数字は上がらないし、でもこのまま自分が信じることをやり続けていいのか、あるいは違うことをやらなければいけないのかという、ディシジョン(決定)もすごく遅れるしというので結構バタバタしながらやっていたんですけれども。

でも今はある程度ユーザー数も、実行者、プロジェクトを立ち上げてくださるような方々というのもどんどん広がりを見せていて、そういう意味ではだんだんペースがわかってきたかなというので。

私たちもミッションとして誰もがやりたいことを実行できる世の中にするというものを掲げているので何か新しいことを始めたいとか、自分達の活動をより広げたいというようなすべての方々に使っていただきたい、と思っています。ある種の理想形からはまだまだスピードは遅いかなというふうには思いますね。

日本は起業を受け入れる文化ができていない

山内:そういう意味で何か、いつまでにこのくらいの規模感に持っていきたいとか、何か目標に置いているものってあるんですか?

米良:そうですね……、やっぱり市場を作っていくというのは結構難しいことだなというふうに思っていて。それこそ後でお話されるかもしれないんですけれどもアントレプレナーシップが日本にはまだまだ無いというところと、REDAYFORがやっているようなことっていうのは結構かぶるところがあって。

何かを始めるというときでも、海外でもクラウドファンディングのサービスがいろいろあるんですけれども、やっぱりアメリカのクラウドファンディングのサービスとかは本当にプレゼンテーションが上手で、自分がどういうビジョンを持ってやっているんだ、ということを語ることにすごく慣れていらっしゃる。

それは別に起業家だけでなくて、世の中全般的にアメリカってそういう教育を受けてきていると思うんですね。かたや日本では、自分がこんなことやりたいんだよねとか急に言いはじめたら、「ちょっとどうしたの?」「恥ずかしいからやめてよ!」と。

自らの想いがあってもなかなか伝えられないっていう人たちもたくさんいると思うので、そういう意味ではある種、事業的には数字を掲げているところもあるんですけれども。

そういう一歩踏み出すということをどうやって環境として作っていくか。それはREDAYFORだけじゃなくて、たぶんこういう場に集まっていただくような方々にもご協力していただきながら作っていくことなのかな、というふうに思っています。

独自の問題意識から開発されるプロダクトは強い

山内:ある意味ETICもそういうものをテーマにしながら20年間やらせていただいたんですけれども、そういう意味では問題意識は持ち続けて何がどこまで本当に変わっていったのかというところは、自分たちでもいつもそこは問答しながら考えているところではあるので、是非そのトピックにここから先移っていきたいなと思うんですけれども。

お2人には今回のTOKYO STARTUP GATEWAYブラッシュアップメンターとか、講師として関わっていただいたわけですが、実際に今回の応募いただいた人たちのプランだとかをご覧になられて何か感想とか、佐々木さんのほうから最近のスタートアップの傾向とかを見ていて最近思っている問題意識とか、もし何かあればお伺いしてみたいんですけれど。

佐々木大輔氏(以下、佐々木):僕自身はなかなかこういうメンターみたいな形で参加された方の相談に乗るというか、そんなことをやってみたんですけれど、やっぱり僕自身がそういったプログラムを活用したわけではなかったので、どういったニーズがあるのかなというのはわからないところでの手さぐりだったから、逆にいうと難しかったなと思うのですけれども。

ただ、やっぱりその中でいろんな方のお話を聞いて、結局今回ファイナリストとして残っている方を見ると、やっぱり強くこういう問題を解決したい! という意識を持っている方っていうのは最後の所に残ってくるんだなということを強く思いましたね。

もちろん起業したいという中にいろんなモチベーションというのはあるんですけれども、何か自分が知っている問題に対して、これを解決したいなというところにコミットされてやってる方っていうのは人を引き付ける力もあるし、きっとそういうところなどで割と考え方もはっきりしていて、じゃあそれを実現させるにはどうしたらいいんだろうというところでビジネスのプランを作っていけばいいので、いろんなことがシンプルに出来るんだと思うんですよね。

だから例えばこれかっこいいからやりたいとか、これ儲かりそうだからやりたいだとか、そうするといろんなところがずれていっちゃうんですけれども、こういう特定の問題を解決したい! というふうなところがはっきりしている人っていうのは、すごい考えをまとめていきやすく、尚且つ人を引き付ける力があるというのを感じましたね。

IVSでの体験が大きかった

山内:人を引き付ける力というのは今の時代にはすごく大事ですよね。たぶんお2人とも仲間を集める時にFacebookだったりとか、まさにその思いで最初の仲間を引きつけてきているんだと思うんですけれども。

やっぱりそういうものが強い人というのはネットが発達してきた中での新しいスタートアップをしていくという時代においても、その前から変わらずそうだと思うんですけれども、改めて大事だなということは私たちもすごく感じます。米良さんいかがですか、ご覧になられていて。

米良:私はクラウドファンディングのセミナーを一度やらせていただいたんですけれども、3年半前くらいに、佐々木さんもご登壇されているIVSというテクノロジー系のベンチャーのイベントで、ピッチを6分間させていただいたことがあったんです。

あれは私が大学院の2年生の時でサービスを始めて3ヵ月後くらいだったんですけれども、はじめて大学とか以外で話す場だったんですよね(笑)。夜通し準備したのをすごい覚えてるんですけれども(笑)。

でもあの時に自分以外の人達のサービスのビジネスプランとか、自分も含めてですけれど、その時よりカテゴリーがやっぱり広がっていっているなというのはすごく感じていて、結構Web、インターネットの中のみたいなゲームが流行っていたこともあるんですけれども、インターネットの世界というのとリアルな世界というのを結構分けてビジネスを考えている人たちがその時はすごく多かったのかなとは思っていて。

今回は「社会、海外でこういう問題があって」とかいう、ある種のイシューみたいなところがどんどん広がっていって、もしくは生活に根ざすような形、それにテクノロジーをどういうふうに導入していくか、その中にインターネットがあったりスマホがあったりという、ある種のツールとイシューというのをちゃんと組み合わせて事業のプランを立てているような方々がどんどん増えてきているのかなと。

そういう意味では、本当の意味でのインターネットだったりとか、テクノロジーの可能性というのが、まさにここからスタートするのかなというふうに思っていました。