この映画の今後の展望

司会:ではちょっと無理矢理、話題を変えるとですね、この映画自体ですけれど、今後何か賞に出すとか、そういった展望とかおありですか?

ルシア・ロペス氏(以下ルシア):これからカンヌフェスにも興味があって、色んなテレビフェスとか。折角皆こんなに頑張ってきたので、時間もお金もすごく皆使ったので。だからすごくフェスに出してみたいなと思いますね。やっぱり完成の作品を見るとクオリティが高いので。なかなか学生とか大学院生の作品とか観れないので。特に海外とか……。

司会:ひょっとするとそこで受賞ということになったら、ここに居た皆さんが「あの作品実は俺、観てるんだよ」と言えるかも知れないですね。そういうチャンスが回ってくるかも知れない、ということで。

脚本家、中島氏の自己紹介

司会:それからですね、今日は脚本の中島さんのほうにもお越しいただいているんですけれども、ざっくばらんとした話なんですけど、今回のこのストーリーを描こうと思ったきっかけであるとか、事前から構想があったのかとか、そういうところをお伺いしたいです。藤井監督と相談してストーリーを考えていったとか、自分で昔から考えていたお話なのかとか。

中島桃果子氏(以下、中島):ちょっと先に……。

司会:自己紹介していなかった!? 申し訳ないです! では自己紹介から……。

中島:本日はどうもご来場いただきましてありがとうございます。脚本を担当した中島桃果子です。私は実は脚本家ではなくて小説家です。それで、翔君が私が書いた本を読んでくれて、声をかけてくれて。さっきちょっとカメラの画像比較で出てた、金髪の女の子がコーヒーを飲んでいる映像が、私と翔君の最初の仕事で。

「The worst yet the best day」っていう、1分30秒くらいの短いやつを一緒にやって、これが2作目になるんですけど。前のやつは私が全部プロットから好きにやったやつ。今回はさっき翔君が言ったみたいに、翔君の中に描きたいものが元々あって「これを描きたい」っていうのが全面にあって。

何度も、さっきも言われているけど、彼すごく頑固だから、もう絶対に引かない。私も普段は自分の名前で小説とか書いて、人から「こういうもの書いて」とか言われずに好き放題書いているから「そういうこと私、書きたくない」とか、最初にそういう擦り合わせから。

意見をぶつけ合う監督と脚本家

司会:最終的にはもう本当に、お互いの意思をぶつけ合いながら1本の脚本ができあがった、ということなんですかね?

中島:そうですね。そういう意味ではすごく面白かったし、普段はやっぱり自分と感性の合う人と組むというふうになりがちなんだけども、彼はハリウッドでもやって、ハリウッドの映画とかにすごく造詣があって。私は演劇育ちだから、60年代の演劇とかマニアックなフランス映画が好きで、わりと共通言語がないんですね。

私が書いたものを見て彼が「はぁ? これの意味がわかりません」とかなって「何でこれの意味がわからないの」とかなりながら(笑)。それをどんどん、何度も何度もやっているうちに2人ともが「あっ、これはいいよね」みたいな瞬間を重ねて重ねて、何とか1本の脚本にすることが……。共同作業ですね。

司会:面白いですね。(自分と中島氏は)世代が近いと思うんですけど、我々世代と藤井世代っていうのが意見をぶつけあって、お互い足りない知識と知らない知識をぶつけ合いながらできた脚本だっていうことなんですね。

ざっくりと、テーマというか、この脚本を通じて訴えかけたいものって何ですかね? 若い2人の恋愛物語ということですけど。

中島:そうですね、翔君がさっき仰っていたみたいにラブストーリーを描いて、青春とか、ひと夏の中のかけがえのない一瞬みたいなことにフォーカスをしていって。もちろん私はそれを踏襲しながら書くんだけれども、私はそれを見守っている人たちにも重きを置きたいなって思ってて。

誰かがちっちゃな課題を乗り越える時っていうのは、それはその人でしか乗り越えられないんだけど、だからって助けを出してくれる手がなくても、手を出さないで頑張って、そっと見てくれてる人がいる。っていう人たちがこのドラマの中には沢山出てくるので……。「あっ、この人見守ってるね」っていうのを見て欲しい(笑)。

司会:なるほど。そうするとキャストの皆さんの演技にも注目していただいて、若い2人の周りにいる人たちの動きも、脚本家としては見て欲しいっていうことですかね?

中島:そうそう。

物語をセリフではなく画で表現する

司会:ありがとうございます。さっきから頑固頑固と声が飛んでいる藤井監督にお伺いしたいんですけども、頑固だっていうことで撮影にこだわった点など教えていただいていいですか?

藤井翔氏(以下、藤井):自分は自分の映画の拘りとして「物語をセリフじゃなくて画で表現する」っていう拘りがあるので。それは例えば役者さんの表情だったりとか、あとは先ほど言った照明だったりとか、その場の雰囲気ですね。これらを使用していかに物語を、セリフをいかに少なくしてっていうのでちょっと、中島さんとも……。

中島さん的には小説家なので、普段は文字で表現しているのをいかに画で表現しないといけないかというので結構ぶつかり合ったと思うんですけど、そこをちょっと拘りを持って……。

司会:ト書きの多い少ないみたいなところですかね? 脚本に半分、監督がいろいろ書き込んでいったんだろうな、っていう画が目に浮かぶんですけど。先ほど海外の映画祭に出していくっていうお話がありましたけど、監督自身はこれからどういう作品を撮っていきたいだとか、目標ってあります?

藤井:先ほど言ったように、日本の素晴らしさ美しさ、日本の文化を世界に発信していきたいんですけども、それを日本国内でやってしまったら意味がないと思っていて。日本国内の邦画だったら、日本の素晴らしさを表現している映画っていうのはゴマンとあると思うんですけど。

それが日本資本で言語が日本語なために、世界に行くことがなく、日本の中で埋もれてしまうっていうのがすごくあると思うので、これからどんどん世界に挑戦して世界に出て、向こうで日本の良さを少しでも、少しずつでも表現していけるような、表現の仕方をしていきたいという風に考えています。

司会:ありがとうございます。映像業界全体というか、日本の映像業界全体が今、仕事はいっぱいあるけど低コストみたいな感じで元気がないので、ぜひ藤井監督に海外へのパイプをつなげていただいて、業界全体が元気になればいいなぁと思っちゃいました。

永峰氏と松田氏の今後の展望

司会:そして永峰さんのほうも、今後お仕事上の展望であるとか、こういったお仕事します、とかあれば。

永峰絵里加氏(以下、永峰):今現状の私の仕事の話をしますと、NHK大河ドラマの「花燃ゆ」というのが放送中でして、今月いっぱいまで、打掛という重い着物を着ている御中老という役なんですけれども、そちらで出演をしております。10月からは深夜枠になりますが連続ドラマが決まりまして。そのための、この茶髪で、奈菜と全然違う雰囲気で今はやっております。

今後、私もやっぱり翔さんと同じで日本の文化だとか本当に美しいもの、世界にどんどん発信していきたいなぁっていう同じこと考えていますので、是非また仕事しましょう!

司会:ラブコール。シオンさんいかがでしょう?

松田シオン氏(以下、松田):僕は同じ時期にもう1本映画を撮ったので、それがもうそろそろできあがってくる時期なので楽しみにしているのと、いろんな事務所の関係でちょっと退いているので。ちょっと今自分を磨きつつ、新しいとこ探しつつみたいな感じでやっていきます。

司会:じゃあ、藤井監督もはやく次の映画の脚本をあたためていただいて、活躍シーンが見たいですね。

松田:はい、ぜひ。