硬直マインドセットか? しなやかマインドセットか?

太田温子氏(以下、太田):「振り返り」の最後の質問ですね。変わるためには自分を知ることが第一歩ということで、どちらの傾向が多いかみなさん考えてみてください。

菅原聖也氏(以下、菅原):しなやかマインドセットと硬直マインドセットのどちらが多いですか? また仕事とか家庭、家族と過ごす場面でも違いが出る人もいたりします。

太田:そうですよね。ケースバイケースですよね。

菅原:例えば職場では部下に「あいつはどうせできないから」みたいに思うかもしれないですけど、自分の子供になると「この子には将来がある」と思ったりとか(笑)。

太田:確かに〜。そうですね。

菅原:あと自分の子供に対しては「この子の未来は明るい」と思うんですけれども、自分自身に対しては「もうこの先そんなに変わらないだろう」と思っているとかもあったりするので、ぜひ振り返っていただきたいと思います。

太田:「このときはこうだなぁ」とか具体的に考えていったほうがいいんですか?

菅原:具体的にいろいろと考えていってみるとどちらの傾向が強いかなというのがわかりやすいかと思うので、具体的に考えていただくほうがよろしいかと思います。

自信のなさに比例するもの?

太田:お願いします。先ほど谷口さんが「自信のなさと比例するのかな」とおっしゃっていました。

菅原:そういうところはすごくあると思いますね。どっちが先か、ニワトリと卵じゃないですけど(笑)。もしかしたらマインドセットというものが硬直していて努力にあまり向かないので、結果的に自信がなくなっているというところもあるかもしれないなというところはあります。

太田:最初にした質問2つのことも振り返ってみてということですね。

菅原:内容戻したほうがいいですね。 

最初にさせていただいた質問ですね。こちらの質問に関しては、例で挙げたのはちょっと極端なんですけれども、例1のほうが硬直マインドセットが強い人の例で、例2がしなやかマインドセットが強い人の例になります。うまくいかなかったことにどう原因を置くかというのも、少しマインドセットを見ていくうえではわかりやすいかと思います。

また次のこちらの質問も例のほうは、その分野の第一人者になれる。これはすごくしなやかマインドセットが強い人だと思います。例2、例3になるにしたがってちょっと硬直なマインドセットを強めたかたちの表現にしています。こういったところも見ていただくと、ご自身がどっちが強いかなというのが少し見えてくるかと思います。

人はなかなか変われないと言われるが…?

太田:ではみなさんのコメントを見ていきましょう。「半々です」とクボタさん。両方あるということですね。あと前田さんは「以前は硬直だったけれども今は自分の力を信じてしなやかにしています」と。いろんな経験でということですね。

あとIzumiさんは「しなやかですね。どちらかと言えば。とくに仕事関係で」と。近藤さんは「仕事に慣れ始めると硬直しがちかもね」と。慣れちゃうと。

菅原:慣れると? チャレンジする場が減ってくるということなのかもしれないですね。

太田:もういいかなとかあきらめとかになってくるんですかね。内間さん「自己解決できることに関してはしなやかかもしれないですが、他人に影響が出るような事象だと硬直な傾向があると思います」と。

菅原:人を変えるということはなかなか難しいです。人との関係でうまくいかないときに「もう無理かな」と思うところはあるかもしれないですね。ご自身が関わりの中でどう行動するか、それでうまくいくかはちょっとわからないですけど、そこでもうちょっとがんばれることがもしかしたらあるかもしれません。やっぱり関係性になってくるので難しいところもあるかもしれないですね。

太田:そうですよね。なかなか人は変えられないとか言いますもんね。

コンプレックスを抱える若い頃は、硬直マインドセットになりやすい

太田:みなさんにコメントをたくさんいただいています。あ、割合で答えてくださいました。Kenichiさんが「硬直2割、しなやか8割かなぁ」と。ほぼ8割なのでしなやかのほうが勝ってますね。

菅原:強いと思いますね。

太田:私とか……あ、みなさんどうなんですかね? 割合で考えるとちょっとわかりやすいですかね?

菅原:割合ってあんまり……すみません、私も出したことがない(笑)。自分自身も比較的しなやかが強いと思いつつも、やはりちょっと硬直なところがあったりします。少しずつ変わってきているかなというところはあります。

とくに若いころはけっこうコンプレックスとかもあって、けっこう硬直が強かったなと今振り返ると思いますけれども。おかげさまで気づいたらこうなってたというところもあります(笑)。

太田:ありがとうございます。コメントをいただきました。

菅原:ありがとうございます。

太田:ではスライドに移ってまいりましょう。

「頭がいいね」と言われると、チャレンジするのを恐れてしまうようになる

菅原:ではここで少し説明から逸れるというか、書籍に書かれている代表的な実験について紹介したいと思います。褒め方の実験ということです。思春期初期の子供たち数百人を対象に行った実験です。かなり難しい問題を10問やらせた。ほとんどの生徒がまずまずの成績。終わったあとで褒め言葉をかけた。

褒めるにあたって生徒を2つのグループに分けた。グループAの子たちにはその子の能力を褒めた。「まあ、8問正解よ。よくできたわ。頭がいいのね」っていう褒め方をしました。一方でグループBの子たちにはその子の努力を褒めた。「まあ、8問正解よ。よくできたわ。がんばったのね」という褒め方をしました。そうすると褒めたあとに変化が見られました。

この記事は無料会員登録で続きをお読み頂けます

既に会員登録がお済みの方はログインして下さい。

登録することで、本サービスにおける利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

SNSで会員登録

メールアドレスで会員登録

パスワードは6文字以上の文字列である必要があります。