うまくいかなかったとき、原因をどう捉えるか?

太田温子氏(以下、太田):ありがとうございます。では本日の授業、続いてのセクションですね。しなやかなマインドセットを身につける。こちらをお願いします。

菅原聖也氏(以下、菅原):まずみなさんに質問をさせていただきたいと思います。まずこちらですね。「うまくいかなかった原因は?」というタイトルにしています。チャレンジしたけどもうまくいかなかった経験を思い出してください。

例えば企画書を書いたけれども企画が通らなかったとかですね。プレゼンをしたけどもお客さんにうまく伝わらなかったとか。夢とか目標を持って活動していたけれども挫折したとか。あと入りたい会社に入れなかった、入りたい学校に入れなかったとか。

こう言ってるとちょっと暗くなってしまいますけれども(笑)、暗くなっていただきたいのではなくて、この次の文章にある「そのとき、うまくいかなかった原因をどのように考えましたか?」というのを考えていただきたいと思います。

下の青字ですね。例を挙げています。例えば「自分には向いていない」「センスがない」「そもそも自分には無理だったんだ」とかですね。そう考えたのか。あるいは「努力が足りなかった」「もっと努力すれば、あるいはもっと工夫して取り組めば達成できる」。そう原因を考えたか。

あくまで下のは例なので、みなさんなりの原因の置き方があると思います。そういった経験を思い出していただいて、そのときにどう原因を考えたかをコメントいただければと思います。

太田:まずはみなさんにご自身のことを振り返っていただく時間として質問を設けております。こちら、コメント欄から投稿をお願いします。チャレンジしたけどうまくいかないことってありますもんね。

菅原:はい。どうしてもやっぱりうまくいかないことってあると思うんですよね。そのときに自分がどう考えたか。このあとマインドセットを見ていく中で、これを事前に考えていただいてから授業を受けていただきたいなと思っています。

どこまで成長したいと考えているか?

太田:さっそくコメントがきています。Izumiさん「考古学者になれなかったことかなぁ。集団行動が苦手だったり運動音痴だったり不器用だったり。こんなところでしょうか」と。自己分析をしっかりしてらっしゃる。

菅原:なるほど。ありがとうございます。

太田:ありがとうございます。コメントをどんどんいただきたいんですが、重ねて質問させていただきます。

菅原:もう1つ質問があります。「どこまで成長できるか?」というタイトルです。現在熱心に、あるいは時間をかけて取り組んでいることを思い浮かべてください。熱心に取り組んでいることがとくにない方は、やはりお仕事が1番時間をかけていることかなと思いますので、お仕事で考えていただければなと思います。

その取り組んでいること、その分野でみなさんはどこまで成長することができると思いますか? 下の青字がまた例です。例えば「その分野の第一人者になれる」。例2としては「ある程度成長はできると思うけど、そこそこな人間で終わるだろう」。例3「努力しても大した人間にはなれない」。

どのように成長というものに関してご自身の考え方を持っているかというのを、ちょっと振り返ってコメントいただければなと思います。

太田:好きなこととか仕事の中でもとくに気合いを入れてやっていることについて、思い浮かべてほしいということですね。

菅原:そうですね。

太田:コメントもいただいております。国分さん「段取りに本気が足りなかった。執着しなかった。分析が足りなかった。いけるだろうと甘く考えていた」と。

菅原:なるほど。しっかり分析されてますね。

太田:そうですね。佐藤さん「うまくいかなかったこと。チームワークで連携が十分にできなかった。互いの認識が十分に共有できていなかったとかね」と。

菅原:しっかり課題を見つけてらっしゃる方が多いですね。その課題を乗り越えようという意識があるから、たぶん課題を見られていると思います。すばらしいなと思います。

太田:まず自己分析というか、分析が大事なんですね。ありがとうございます。

菅原:今2つ質問させていただいたんですけれども、こちらは一旦置いといてください。このあとマインドセットの説明に入っていきたいと思います。説明が終わったあとにもう1度ご自身がどう考えたかという振り返りで、またこちらの質問に戻ってきたいと思います。ちょっと説明に入らせていただきたいと思います。

人間の能力は「可変か」「不変か」という問い

菅原:「しなやかマインドセットとは?」です。人間の能力は学習や経験によって伸ばせるものなのか? それとも石版に刻まれたように変化しないものなのか? 

上の説と下の説、どちらの説を信じるかによって、その後の人生に大きな開きが出てくるというのが、キャロル・ドゥエックさんという方の研究で明らかになっています。マインドセットの研究はいろんなポジティブ心理学関係の書籍でも引用されている、とても有名な研究になります。

太田:この前提はけっこうハッとさせられますね。努力しても意味がない。石版に刻まれたように変化しないって。

菅原:ちょっと極端な表現であるかなと思います。これだけだとわかりづらいので、ここから少し細かい説明をしていきたいと思います。

対極にある2つのマインドセット

菅原:この書籍では「Fixed Mindset」と「Growth Mindset」の2つに分かれると説明が書かれています。硬直マインドセット、それからしなやかマインドセットというのが翻訳の言葉です。硬直の人は、自分の能力は石版に刻まれたように固定的で変わらないと信じている人。経験して勉強してもまったく変わらないというよりも、ある程度は変わるにしても限界がある。

太田:あ〜自分の限界と思ってあきらめてしまう。

菅原:「あの人は天才だから。でも自分は天才じゃないから」とか。自分には限界があるというのを考えやすい人と考えていただけるとわかりやすいかなと思います。

太田:あと「自分に向いてないから」とかよく考えてしまいますね。

菅原:そうですね。そういうところもやはり自分の能力を狭めて考えがちというところですね。

太田:これが硬直マインドセット。

人間はどちらのマインドセットもあわせ持つ

菅原:はい。硬直マインドセットという表現になっています。そしてGrowth Mindset、直訳すると成長マインドセットということです。翻訳の人はしなやかマインドセットと翻訳されています。物事をしなやかに考えるという意味でこう翻訳されたのかなと、これは私の推測です。

人間の基本的資質は努力次第で伸ばすことができるという信念をを持った人。持って生まれた才能、適正、興味、気質は一人ひとり異なるが、努力と経験を重ねることで誰でもみな大きく伸びていけるという信念を持った人。

こういう定義はされていて、こうすると「あの人は硬直な人」「あの人はしなやかな人」と、二極になるようなイメージで捉えちゃうかもしれません。書籍にも書いてあって、多くの人が両方を持っていると言われています。ただ硬直マインドセットが多く出るのか、それともしなやかマインドセットが多く出るのかによって、結果的に差が出てきますよという話になります。

太田:なるほど。両方とも持っている。人としては持っている部分もあるけど、多く出たほうが、ということなんですね。

菅原:なんでその差が出てくるのかというところで、次に硬直としなやかの特徴を表した表があります。これを見ていきたいと思います。