小室哲哉が大学生に説いたキャリアの選び方「自分のプライドが保てるかどうかが大事」

小室哲哉氏 講義 #2/6

小室哲哉氏 講義
に開催

法政大学キャリアデザイン学部の講義に、特別講師として音楽家の小室哲哉氏が登壇。90年代の音楽シーンを席巻し、今なお第一線で活躍する小室氏の知られざる学生時代のエピソードや、自身の創作活動、キャリアや働き方についての考え方に至るまで、幅広いテーマで学生たちに向けて講義を行いました。

レコード会社のアルバイトで学んだこと

田中研之輔氏(以下、田中):(会場に向かって)せっかくなんで、「これ聞いときます!」みたいな方、挙手をどうぞ。

(挙手がなかなか出ないのを見て)いきなりは緊張しちゃうよね(笑)。

(会場挙手)

あ、どうぞ。みんなの授業でもあるので、我々がしゃべるよりも、ぜひ。

参加者2:キャリアデザイン学部の○○と申します。自分も音楽制作の活動を3月ぐらいから始めて、今すごく気になっていることがあります。レコード会社でアルバイトをしたというのを聞いたんですが、そこから音楽業界へ入っていくとき、それでなにかつながりみたいなものはあったんですか?

小室哲哉氏(以下、小室):結果的にはつながっていないんですけど、情報は入ったので。「こんな音楽雑誌の編集長のところにデモテープを持っていったらいいんじゃないの」とか。

あと、僕はジャンルをあんまり選ばずいろんなものを聞いているのは、レコード会社の人がそういうレコードをくれたからでした。あと、「(この曲を)なんでこんなに押すんだろう?」みたいなこともありました。『ホテル・カリフォルニア』って曲わかりますか?

参加者2:わかります。

小室:あれは僕のバイト時代、そのレコード会社が「一番売れる」と言っていて、とにかく死ぬほどハガキとか電話をさせられたんです。それで、僕1人じゃもう手が負えなかったんで、クラスメイトに「1枚ずつ書いてくれ」って頼んだりして。

要は社会がどんなものを売りたいのか。音楽に関してのターゲットとマーケットみたいなことですよね。(教えてくれた方は)20代の方だったと思うんだけど。そこからですかね。「このオーディション、こんなのがウケるよ」「これに出たらウケるよ」とか。そういうものを教えてもらいました。

田中:その生きた情報をその場で得て、それを貯めてく感じで。

近くにあるものを利用することが大切

小室:あとは自慢話じゃないけど、どうやって受かったのかみたいなことは、エンタメのその人たちが、「こう言ったから、俺(会社に)入れたんだよね」みたいな感じの話を、僕には直接関係ないですけど、聞けたんです。だから、関わらないよりは関わったほうがいいと思います。

でも、もう1個注釈を入れると、エンタメといっても今はレコード会社が一番じゃない時代なんで。もしかしたら通信事業とか物流のほうが力を持ってるかもしれないので。とにかく、近所にあるものを使うっていうのがいいと思いますね。

田中:(会場に向かって)使ってますか? 近所にあるもの。我々の近所は、(スマホを触る仕草をしながら)ここが近所で、ここから情報が入ってくるので。

小室:法政って上智(大学)とかは近いでしょ?

田中:近いです。

小室:近いですよね。僕の場合はそういうことだったりしますね。

田中:(大学同士で)連携をしながらってことですね。 

小室:そうそう。

田中:じゃあ、もう一方くらい。

参加者2:ありがとうございます。

田中:どう? 誰か質問あれば。今は「大学時代の小室さん」というテーマで進めているんで、なにか聞いてみたいことはありますか?

ちなみに、事前に集めてもらった質問で言うと、「これ、おもしろいな」と思ったんですけど、「大学時代に、今の小室さんの姿をご自身が少しでも想像できていたのか、まったくなかったのか?」っていうのは、どうでしょうか?

この記事は無料会員登録で続きをお読み頂けます

既に会員登録がお済みの方はログインページからログインして下さい。

登録することで、本サービスにおける利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

SNSで会員登録

Twitterで会員登録

Facebookで会員登録

メールアドレスで会員登録

パスワードは6文字以上の文字列である必要があります。

法政大学キャリアデザイン学部 公開授業

法政大学キャリアデザイン学部 公開授業に関するログをまとめています。コミュニティをフォローすることで、法政大学キャリアデザイン学部 公開授業に関する新着ログが公開された際に、通知を受け取ることができます。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?