マインドマップで「観察術」を考える

DaiGo氏(以下、DaiGo):というわけで、やっていきましょうか。まず一番最初は観察術ですね。でも、これ書き直しがきかないタイプのマインドマップですよね(壁の白い紙を指して)。

スタッフ:こっち(ホワイトボード)にします?

DaiGo:だって、ホワイトボードにこれ(油性マジック)で書いたら終わりでしょう。

スタッフ:色(のペン)がありますよ。

DaiGo:いや、いいですよ。間違ったらそれも味だわ(笑)。

そうですね。どうしようか。まずマインドマップを作るときに、セントラルイメージという真ん中のイメージがすごく大事になるんですけど、真ん中になにを持ってくるかですよね。

真ん中どんなイメージがいいかな。やっぱりこのチャンネルの代表的なものを書くべきですよね。このチャンネルと言えばなんでしょうね?

(コメントにて)「今日ちょっとイラついてない?」ううん、イラついてないですよ。ぜんぜん怒ってないですよ。天むすがもうちょっと食いたかったとか、そういうのは思ってないです。「甘い誘惑」が気になるとか、そういうのじゃないですから。

(コメントにて)「ぬこ」「富士山」富士山とりあえず描くべきだな。描けるのかな。富士山かこれ。

あとは、ぬこ様必要ですね。ぬこ様何色にしようかな。黄色なんだけど、黄色だと見えないよね、これたぶん。あー、ウナギイヌみたいなしっぽになっちゃった(笑)。気まずいな、これ。

9本のペンを同時に持つ意味

はい。あとなに描こうか。(コメントにて「ペンの持ち方……」)ペンの持ち方は、僕、大学の授業とかもマインドマップでとってたんです。

そうすると8色ぐらい常に持ってないと書けなくて、早く、ノートとるとき。だから、こうやって持つんですよ。

こうやって持って。太いほうがこっちかな。こうやって持っておくとなにがいいかというと、速攻でキャップ外して書けるんですよ。わかるかな。

例えば、オレンジ使うんだったら、こうすりゃ取れるでしょう? ピンク使うときはこうすれば取れるでしょう? そう。すぐ書けるんですよ。だから便利ですね、この持ち方は。

あとは? (コメントにて)「サイン!」サインね。そうか、それはおもしろいですね。紫で描こう。どこに描こうか。

もうすでにこのマインドマップカオスだけど、大丈夫なのかな(笑)。これ最後に描いたほうがかっこよかったかな。

それで、一応テーマを書くと。今日のテーマは……「コミュニケーションのプロになるための心理学」。

やべえ、カオスだな、これ。セントラルイメージはこんな感じでいいですかね。ここからやっていきます。

セントラルイメージから枝を伸ばしていきます

あ、すごい大事なこと忘れてた。テレビちゃん描いてねえや。あかん。テレビちゃんって何色だっけ? よし! 縁起のいい感じになりましたよ、これ。

これ売れるのかな? 大丈夫かな? 売れないんじゃないかな、これ(笑)。大丈夫です。買ったら優遇しますから(笑)。

それで、ここから枝を伸ばしていくという。3ついるので。すでに枝の伸ばし方が不安になってきたな。

スタッフ:もう先に……。

DaiGo:伸ばせない? いや、大丈夫です。大丈夫。だいたい頭に入ってるから。

スタッフ:頭の中をそこに描くんじゃなくて?

DaiGo:頭の中だよ。やばい。足りない。いや、大丈夫。

あとはどうしようかな。ピンク色使ってないじゃん。俺としたことが。黄色はもう使えないから置いておこう。

こんな感じじゃん。

(会場笑)

眼輪筋と口輪筋を読めばホンネがわかる

まず1つ目なんだっけ? 観察だっけ? 観察ね。観察、話術、暗示ね。

観察ですけれど、これ大きく書くとゲシュタルト崩壊を起こして、字が適当になりますね。観察でしょ。話術。オレンジで書いちゃった。暗示。

マインドマップを描くときのコツは落書きをいっぱいすることですね。すると思いつく。これなんだ? 黄色にしたらわかるかな。これ、わかる?

(コメントにて「スエゾー?」)よし! スエゾー。当たり。そう、スエゾーです。とくに意味はありません。モンスターファームですね。

(会場笑)

じゃあ、まず観察からお話するので、「眼輪筋と口輪筋を読めばホンネがわかる」という話です。眼輪筋と口輪筋の話はもうみなさんおなじみだと思うんですけど、眼輪筋ってなにかというと、目の周りの筋肉ね。

例えば、目が笑っていない人っていますけど、それはこの目の下の眼輪筋、目の周りの筋肉が動いてないと、感情がちゃんと伝わらないというか、あんまり笑ってるように見えなくて、「笑ってない人だな」みたいなイメージを与えちゃうんですね。

逆にいうと、そこが読めれば、相手が本当に笑ってるのかどうか、楽しいと思ってるのかどうかがわかるということが、この眼輪筋の読み方の話です。

笑顔というのはそもそも3種類あって。映える色がいいな。あ、眼輪筋なのに、「顔」で「がん」って書いちゃった。眼輪筋の「がん」は「眼」ですね。笑顔にしよう。笑顔を読む(右上に描く)。

(会場笑)

すごいね、これ。Tシャツに「笑顔を読む」って書いてあったら「こいつ、やべー奴だな」ってなるな(笑)。

(会場笑)

“笑顔を読む”方法は?

読み方をここに絵で図示しますね。目があるんですけれど、ポイントは眼輪筋なので、ここですね。眼輪筋って眼の輪っかだっけ?

眼輪筋が動くかどうかがポイントってことですね。眼輪筋が動いたら、デュシェンヌ・スマイルといって本当の笑いですね。

逆にダメなのは、「ニヤ」みたいな感じですね。片方の口角が上がった場合というのは、軽蔑の笑いですね。これはやばいです。騙したときに出る笑いなので、非常に危険です。左右が非対称になるとダメってことです。

それで、そこまで罪深くはないけど、ちょっと微妙かなというのは、口角だけ上がるやつですね。広角のみはマスキングスマイルといって、作り笑いということです。これはサンカクですね。

笑顔を見るときは、目の下の眼輪筋が動いているかどうかを見て、カラスの足跡みたいに3つ線がピッピッピって寄るんです。これがピッピッピって寄ったら……。

やばいね、こいつ(笑)。ピッピッピと寄ったらOKと。本当に笑ってるよということです。

逆に、片方の口角だけがニヤッと上がったりした場合は、軽蔑の笑いなので騙してる可能性が高い。

それで、眼が笑ってないんだけど、顔だけ、口角だけ左右対称に上がってる場合はマスキングスマイルだから、作り笑いをしてるだけですね、という話です。