できる人が実践しているすごい人脈の作り方

司会:いつもは会話術、ファッション、電子書籍などいろいろなテーマで開催しているDiscover Book Bar ですが、本日は「できる人が実践しているすごい人脈の作り方」ということで、川下和彦さんをゲストにお迎えいたします。

弊社取締役社長の干場からご紹介をさせていただきます。拍手でお迎えください。

干場弓子(以下、干場):ディスカヴァーの干場です。ようこそ、いらっしゃいました本日はブックバーにたくさんの方に来ていただいて、本当にホッとしました。でも、一番ホッとしているのは、今から紹介する川下さんだと思います。

皆さん、もちろん川下さんをご存じでいらしてると思うのですが、最初は集客の出足が悪くて、「この本(『コネ持ち父さん コネなし父さん』)は嘘かいな」と(笑)。困ったときに助けてくれる人脈はないのかなと思ったら、ぜんぜん告知していなかった。

(会場笑)

干場:告知した瞬間に多数お申込みいただきまして、ホッとしております。さすがだと思っております。

後ほど、一緒にお話しさせていただく機会があるということなので、短くしておきますが、1つだけ言っておきます。

本にも書かれてるのですが、川下さんは本をお書きになる前からよくお会いするようになって、2つ印象的な言葉があるんです。2年くらい前に私が突然25年ぶりくらいに麻雀がしたくなりました。

それで、麻雀ができるスタッフを集めたら、全然いなくてメンツが足りなかった。それで、川下さんにメッセージを送って。

「ひょっとして麻雀できますか? やりませんか? 明日」みたいな。そしたら、「麻雀はできませんが、干場さんのお呼びとあれば、これからマスターします」と。嘘なんですが(笑)。

(会場笑)

干場:それ以外のスタッフは、「僕やりませんよ」と、そういう感じ。見習うように。

もう1つは、やはり人が足りなかったので、また声掛けてお願いした。そうしたら、「僕の辞書に干場さんのご要望にNOという答えはありません」と、これすごいなと。これもまたスタッフに、「ちょっとあんたたちも見習いなさい。社長の私にNOと言い過ぎ」みたいな。

我が社員にとって、川下さんはそういう意味では困った存在かもしれない。それがこの結果だということで、この本は他にもいろいろと書いてありますので、本日はお楽しみください。それでは、よろしくお願いいたします。

(会場拍手)

なぜコネに目覚めたのか

川下和彦(以下、川下):川下です。こんばんは。

実際に「コネ持ち父さん」とか書いておきながら、今日ぜんぜん人が集まってなかったらどうしようと思ってました。本読んでいただいた方はいらっしゃいますか? ありがとうございます。

本を読んでいただいた方は「本の内容と同じじゃん」と思われるでしょうし、読まれていない方にはネタバレしすぎてもよくないと思うので、今日は僕が本を通じて「これだけは言いたかった!」ということをお伝えできればと思います。

そして、その先はゲストとトークをしながら、1時間丸々僕から一方的に話すというよりかは、なるべく皆さんとの交流の場にしていけたらと思っています。

ところで、大竹さんいらっしゃいますか? あちらが、今回の僕の本を編集してくださった大竹さんです。

大竹:編集部の大竹です。よろしくお願いいたします。

川下:皆さんも今日は花金で、他にも楽しいことがあったと思うのですが、お越しくださって本当にありがとうございます。

まず、僕がなぜコネに目覚めたのかを話そうと思います。

僕は大学生のとき、勉強ができるほうではありませんでした。そうしたら、僕の友人がノートのコピーを持って来てくれたのです。できない僕に対して、(友人が)心配して助けてくれたとき、コネクションがあれば人は助けられて生きていけるのだと思いました。

それと同時に、人との関係を大切にして生きていこうと思いました。

この記事は無料会員登録で続きをお読み頂けます

既に会員登録がお済みの方はログインして下さい。

登録することで、本サービスにおける利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

SNSで会員登録

メールアドレスで会員登録

パスワードは6文字以上の文字列である必要があります。