「仕事が忙しいけど、行けたら行く」は余計
チャンスをつかむ人の“コネもち術”

川下和彦トークイベント #2/5

書籍『コネ持ち父さん コネなし父さん 仕事で成果を出す人間関係の築き方』の出版を記念して行われた、著者・川下和彦氏のトークイベント。川下氏は「本当に仲良くなりたい人とは、アウェイからホームへ」「ノリの良さがチャンスをつかむ」「『仕事が忙しいから、行けたら行く』といったことを言わない」など、おコネ持ちスパイラルを起こすための方法について解説。また、飲み会やパーティで幹事を行うときに心がけていることなど、自身の経験をもとに語りました。

「おコネ持ち」になる方法

「おカネ持ち」のように「おコネ持ち」という言葉を普及させたいと思ったのですが、まだそんなに盛り上がっている感じしないので頑張ります(笑)。

(会場笑)

僕はわらしべ長者がおカネ持ちになっていったのと同じように、おコネ持ちになることができると思っています。わらしべ長者は一般的に物々交換の物語のように言われてますが、この物語のいいところは、物々交換していることじゃなくて、主人公が困った人を助けてるところです。これが、すごく大切なポイントだと思います。

最初、主人公の男は、アブを結びつけた藁(わら)を子どもにあげました。これは、泣いている子がいて、泣き止まないから「何とかしてあげたい」と思って、喜ばそうとしてアブを結びつけた藁をあげたのです。

そうすると、その子のお母さんからみかんをもらいました。そして、今度は「喉が渇いた、死にそう!」と言っている人に、「じゃあ、僕のみかんを食べてください」と、人のためにみかんをあげ、男は常にギブをしてきました。その結果、おカネ持ちになっていたという話です。僕はコネづくりもこれと同じだと思っています。

人と会う目的をしっかり持つ

それで、最初にどうやって意中の人と出会うかですが、まさに皆さんが実践されているようなことだと思います。会いたいと思う人が登壇したり出席したりしているイベントがあったら、「あの人に会いたい」「会場に来ている人に会いたい」と狙いを定めるこことが大事だと思っています。

繰り返しになりますが、「つながること自体」を目的にしているのではなく、人と会う目的をしっかり持って、人に会いに行こうとすることが大切だと思います。

例えば、ディスカヴァーさんのブックバーは「今回こういう人が話します」ということや、そのテーマに関心を持っている人が来ると事前にわかるので、そのような場を探して、志を共有できそうな人に出会おうとするのがおすすめです。実際に僕はこれまでずっとそうやってネットワークをつくってきました。

本当に仲良くなりたい人とは、アウェイからホームへ

それと、「選択と集中」。パーティーに行ったら、いろいろな人に名刺を配らなきゃいけないと思いがちですよね? でも、まったくその必要はありません。

例えば、今はFacebookが便利なので、事前に会に参加する人がわかったら、誰と会いたいかをある程度想定しておいて、会う人を絞って、その人に多くの時間を費やすことが、僕はすごく効果的だと思います。

初対面の人と仲良くなるコツは、共通項を見出していくことです。今はネットの時代なので、記者さんが取材をするのと同じように、相手がどういうことに興味を持たれているかということを予めある程度事前に調べてから会に参加することもできるでしょう。

それと、これは以外と落とし穴だと思うのですが、イベントで会ったら、すぐにfacebookで友達申請を出してしまいがちです。実は、僕も昔はよくやっていました。でも、知らない間に友達から消されたりしていて、すごく後悔しました(笑)。

それで思ったのは、本当に仲良くなりたい人とは、アウェイからホームへ持ち込むことです。アウェイで一度会っただけだとそれほど仲良くなることはできません。

その先の関係を築きたいと思ったら、今度は自分の得意なところに相手を引き込んで、1対1でじっくり話し合える時間をつくるのがいいと思います。

コネなし父さんは名刺をもらって目的達成

コネなし父さん(画像下)は名刺をもらった瞬間がゴールです。名刺をもらって目的達成です。逆に、コネ持ち父さんは、そこからが始まりであって、好きになった人や波長が合う人と関係づくりをしていくのです。

パーティーというとチャラチャラしたイメージがあるかもしれませんが、必ずしも全部がそうだとは限りません。やり方次第で、目的を持っている人同士でつながるチャンスにすることもできると思います。

ノリの良さがチャンスをつかむ

それと、ノリ、重要です! 今日は皆さん来ていただいて、本当にありがとうございます。ノリがいい人には、幹事は喜んでもらえるようにギブしようとするものです。逆に、いつもノリが悪いと「ああ、あいつ誘ってもどうせ来ないからな」ということになりかねません。

長瀧さんはいらっしゃいますか? あ、いらっしゃいました。僕は、東洋経済の連載を持たせていただいているのですが、長瀧さんはいつもお誘いしたら、四の五の言わずにすぐ「行きます!」と言ってくださるのです。

そこにいるラガーマンの増本くんもそうです。本の中に書いているのですが、ある日の11時にフレンチレストランのシェフに「今からうちの店に来てくれ」と言われたとき、僕が行こうと思って、「増本も行く?」と聞いたら、「行きます!」と瞬時に答えて、彼は来てくれた。

そうしたら、行った先にフェンシングの太田雄貴選手がいらして、シェフから紹介してもらい、その後仲良くなりました。お互いが信頼している人に間に入って紹介してもらえると、一気に2人の距離は縮まるものです。

ノリの良さはチャンスをつかむことでもあると思います。

「仕事が早く終わったら……」は余計

「仕事が早く終わったら行きます」というようにグズグズ言うのはもったいないと思います。

この記事は無料会員登録で続きをお読み頂けます

既に会員登録がお済みの方はログインページからログインして下さい。

登録することで、本サービスにおける利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

SNSで会員登録

Twitterで会員登録

Facebookで会員登録

メールアドレスで会員登録

パスワードは6文字以上の文字列である必要があります。

ディスカヴァー・トゥエンティワン

ディスカヴァー・トゥエンティワンに関するログをまとめています。コミュニティをフォローすることで、ディスカヴァー・トゥエンティワンに関する新着ログが公開された際に、通知を受け取ることができます。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?