角川とドワンゴの経営統合の狙いとは
川上量生氏が語るコンテンツ業界の価値

『カンブリア宮殿』トークショー「村上龍 VS 新進気鋭の経営者たち」 #4/5

2016年2月11日に、「テレビ東京ビジネスフォーラム2016」が開催されます。ログミーではイベントの開催に先がけて、昨年の「テレビ東京ビジネスフォーラム2015」における『カンブリア宮殿』トークショー、「村上龍VS新進気鋭の経営者たち」の模様を全5回にわたってお届けします。本パートでは、「メディアの進化と融合」をテーマにゲストの川上氏と宮坂氏が意見を交わし合いました。角川とドワンゴの経営統合について尋ねられた川上氏は、当時の心境を振り返りながら、インターネットの活用によって実現できるコンテンツ業界の新しい可能性を語りました。こちらの内容は、テレビ東京ホームページ「読むテレ東」でも全文配信中です。※本サイトに掲載の役職・肩書き・講演内での情報は2015年2月11日当時のものです。

インターネットの出現によるメディアの進化

小池栄子氏(以下、小池):あ、お二人を迎えて、今日はこんなテーマを用意しました。はい、「メディアの進化と融合」ということですが、龍さん、このテーマはなぜ?

村上龍氏(以下、村上):メディアというのは、インターネットの出現で、すごくそのシステムにしても機能としても随分変わったと思うんですよね。

どう変わったかというのは、あまりにもテクノロジーとかプラットホームとか、デバイスの進化が早いので、なかなかみんなうまく把握できない。

例えば僕がやっている本とか出版の世界で言うと、昔は雑誌とかがあって、それで原稿を書いて、編集者と出版社を通って、印刷所で印刷して、取次が本屋さんに卸して、読者の人がそれを買う。それしかなかったんですよね。

でも、電子書籍が出てきてからは、ものすごく複雑になって、多分映画の世界でもそうだと思うんですが、音楽とかだと、もうレコード屋さんが、大きなレコード屋さんが次々に潰れていくときに、スピードが速いなと思ったんですよ。

今、CDの発売数では、ヒット曲はなかなか計れなくて、ダウンロード数で計るというような時代なので、便利にはなっているし、広がりもあります。

けれども、複雑になってしまったので、お二人に色々とお聞きしようかなと思って、「メディアの進化」ということをタイトルにしてしまったのですが。

角川との経営統合の狙いは……?

小池:今日来ていただいたお客様の中にも気になっている方がたくさんいらっしゃると思いますが、川上さん、角川との経営統合ですけれども、どういった狙いがあったのかを、簡単に教えていただければと思います。

川上量生氏(以下、川上):狙い。僕もあちこちしゃべって、あちこちでこのテーマを聞かれるんですが、そこで大体いつも本音でしゃべっているんですが、わからないんですよね。単純に、角川会長が一緒になろうと言っていたことはね……。

村上:わからないというのは、何がわからないんですか。

川上:狙い。

村上:狙いが。

川上:特にないんですよ、別に。

村上:ドワンゴのほうにないと。

川上:ドワンゴのほうに、角川もないんじゃないですかね。

小池:角川が持っている本や映画を具体的に活用していこうという戦略みたいなものは、おありだったりはするわけでしょうか。

川上:多分、漠然としたものはあるんだと思うんですよね。要するに、出版の従来のメディアと、ネットメディアの融合は、抽象的な話としては分かるじゃないですか。

ただ、具体的にそれがどうやったら解決があるのかというと、現時点で明確に見えているものがあるわけではないから。多分この方向というのはあるけれども、具体的にというと、それは分からないですよね。

村上:なるほどね。

川上:分からない状態で言われたので、しかもドワンゴで言われたから、「じゃあ、ちょっと、うちがやってやろう」と思っただけで。

村上:なるほど。川上さんらしいですね。僕がそのニュースを見て思ったのは、角川がドワンゴを欲しいというのは何となくわかるような気がしたんですが、で、歴彦さんもおっしゃったみたいですが、プラットホームが欲しいと。

川上:はい。

村上:だからわかるんですけれども、川上さんは何が欲しくて角川と組んだのかなというのがわからなかったので聞いたのですが、自分でもわからないのだから、もうこれで……。

川上:いや、実は、何かみんなわからないじゃないですか。わからないものをやったら、かっこいいですよね。

村上:ああ、なるほどー。

川上:できそうな気がします。はい。もうそれだけですよ。

コンテンツ業界の持っている価値

小池:宮坂さんは、このニュースをごらんになって、何か思われることとかありますか。

宮坂:最初は驚きましたよね。でも、すごくわくわくはするニュースでしたね。それも、色々な出版社がある中で角川さんと、色々なIT企業がある中で川上さんのところというのは、両方ともある種、すごくユニークな、それぞれの業界でユニークな者同士ですから、すごく面白いですよね。

おっしゃるように、総論オーケーな形がこの頃多いんです。シナジーとかいうんですか。実際に、七転八倒になるのが多いので。でも、すごく楽しみですよね。実際にどのようになっていくのか。本当に楽しみなところですよね。

村上:「分からない」と言う経営者は、どう思いますか。

宮坂:そう言えるところがすごいですよね。僕なんて、一応分かっているふりをして、「今は言いません」というのが。

川上:でも実際に、本当は分からないことが多いはずですよね。ほとんどの経営者は。それを分からないと言えないだけで。

村上:それは具体的に言葉にできないだけで、本能的なところでは何か感じているわけでしょう。

川上:本能的な部分……うーん。

村上:結構本能的な部分があるじゃないですか、川上さんは。「これは違う」とか、「これはそうだ」とか、何か。

川上:僕は、大概うまくやっていける自信があるんですよ。どんなものでもね。別に角川というか、別のものでもよくて。

村上:角川じゃなくてもよかったんですか。

川上:はい(笑)。いやいや、角川がすばらしい理由は色々あったわけですよ。もちろん、色々あったけれども、「絶対角川じゃなければいけない」というわけではなかった。というか、絶対角川じゃなければいけなかったら、みんな、そもそもこんな質問は出ないと思うんですよ。

村上:だったら、みんなが思うように、角川が持っている書籍とか雑誌とか、あるいは昔からつくってきている映像とか、そういったものが具体的に欲しかったというわけではないんですね。

川上:欲しかったというよりは、コンテンツ業界はパワーがあるのにIT企業にだまされていいようにされてきたという歴史なんですよね、僕の目からすると。自分の持っている価値に気づかずに、ただ時間だけ経ってしまってというのがあって。本当はIT企業がもっと困るようなことが色々できるのに、何でやらないんだろうと思ったので。

ちょうど角川さんと話した中で、そう思っているような部分の幾つかを実現できればなとは思っていますけれどもね。でも、それはどちらかというと、そこをやりたいというのではなくて、「ほらっ」と見せたいというのがありますね。「こうやれば、よかったじゃん」みたいな。それを見せたいと思っています。

01_ロゴタイプ左上_和_小【テレビ東京ビジネスフォーラム2016】

「テレビ東京ビジネスフォーラム2016」は、テレビ東京を代表する5つの経済番組『ワールドビジネスサテライト』『モーニングサテライト』『未来世紀ジパング』『ガイアの夜明け』『カンブリア宮殿』の出演者が一堂に会する、年に一度のファン感謝イベントです。

開催日:2016年2月11日(木・祝)

応募受付期間:2015年12月8日(火)〜2016年1月12日(火)

・公式ホームページ

Occurred on , Published at

テレビ東京ビジネスフォーラム

テレビ東京ビジネスフォーラムに関する記事をまとめています。コミュニティをフォローすることで、テレビ東京ビジネスフォーラムに関する新着記事が公開された際に、通知を受け取ることができます。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?