月間34億PV、1万人/日の新規会員登録

pixivの片桐です。よく皆さん自己紹介から始めてるんで簡単に入れときました。

pixivってどういうサービスかというと、まあイラストに特化したSNSです。規模としては平均投稿作品数が30,000/日、総投稿作品数が4,000万作品、ユーザー数930万人、月でいうと34億PV、3,700万UUあります。

PVの比率で言うと日本80%、海外20%って感じで、海外の内訳は中・台・米・韓で75%以上占めてます。新規会員登録数は今だいたい10,000人/日くらいなんですけど、海外からの登録が半分超えてきてるような感じ。特にアジアですね。

友達とずっといっしょにいられる方法を探していた

グロースハックの話をする前に、ちょっと小話します(笑)。

会社とかpixivの始まりの話です。2000年に静岡県から東京に出てきました。高校生の時から会社作りたくて、東京に行こうと思ってたんです。学生時代は毎日のように友達が来てて、そういう状態を一生続けたかった。その時、1990年代の終わりに流行ってたのがいわゆる「裏原ブーム」で、(友達同士で仕事を立ち上げた)彼らを見て、あんな感じでやれば友達同士でも仕事として成立するんだなって思って。

それで東京来て、一緒に会社やってくれる人見つけよう! と思って、毎日インターネットやって、オフ会もいっぱい行きました。そこでデザイナー、カメラマン、プログラマーとか色んな人に会って思ったんです。自分で何かを作らないと、そういう人達と会ってもモノ作りも何も出来ないし、そもそも話すら出来ないってことに。

その時ちょうど「tomato」っていう、テレ朝のロゴとか「Underworld(英のテクノバンド)」のPVとかロゴとか作ってるデザイン会社を見て、「うわー簡単そう! これだったら作れるわ」って思って(笑)。それでデザインとか映像とかを自分で作り始めたんです。題材が必要なんで、色んなバンドのホームページとかをほとんど無料で作りまくりました。

それまではインターネットが一番好きだったんですけど、やっぱりデザインの業界に行こうと思ったんです。その頃、2000年~2004年くらいまでのインターネットっていうのは詐欺師の集団みたいで怪しすぎて(笑)。働く場所じゃない、自分が仕事にするもんじゃ無いと思ったんですよ。

そしたらその時ちょうど堀江貴文が出てきて、インターネットって格好良い、イケてるって空気になったんです。それで仕事にしてもいいなと思って、ネット上で出会った人達と2005年に会社作りました。でもただインターネットの会社やりたいと思ってただけなんで、pixivみたいな事業やりたいとか、ビジョンなんて何にも無かったです。

pixivはアイディア聞いた瞬間、ダメだと思った(笑)

とりあえず最初は受託開発の仕事をしてました。本当に厳しくて、毎日ラーメン代を稼ぐので精一杯。誰かが辞めたら会社終了、みたいな状況で。その時ふと、自分って何で会社やりたかったんだっけ、っていうのを回想したんです。それで尊敬出来る人と仕事をしたかったとか、すごいチームを作りたかったとかを思い出した。すごいチームを作るためにはすごいプロダクトが必要だっていうのも。

当時Web2.0ブームだったんですけど、YouTubeとかflickrとかBloggerとかmixiとかの急成長してるサービスを見て、「googleとかYahooは作れないけど、mixiみたいなのだったら作れそうだな」と思ったんです。悪い意味じゃないですよ?(笑)。宣伝費を投下して人気にするんじゃなくて、ユーザーに支持されて伸びていくサービスだったら、自分達でも出来るかなと。

それで2006年から自社サービスを作り始めて、CMSみたいなものとかを3,4個作ってた時にイラストレーター志望のプログラマーが「イラストレーターのギャラリー兼SNSを作りたい」って言い始めたんです。聞いた瞬間ダメだと思ったんですよ(笑)。流行るネットサービスっていうのはブログみたいに誰にでも使えるもので、対象が狭すぎるものは上手く行かないと思ってたんで。

でも彼が一人でやるって言うんで、任せていたら2007年9月10日にpixivが出来ました。そしたら開始2週間ぐらいでユーザー数が1万人くらいになって、今まで作ってたサービスと違って超人気あるじゃんと思ったんですよ。でも、驚きはしたけどあんまり感動はしなかったんです。

pixivに賭けよう、と思ったきっかけ

一番感動したのはこの時。ユーザーが勝手にpixivのキャラクターを創ろうっていう企画してくれて、こういう絵が投稿されてきたんですよね。

単純にユーザーが今まで書いて保存してた絵がいっぱい投稿されるんじゃなくて、pixivがきっかけになって新しい作品が生まれた。これだったらpixivに賭けてもいいな、賭けようと思ったんです。9月の終わりに。

うちってずっとお金なくて、「ニコニコ静画」とかで虐めてくるドワンゴさんが100億以上あるのに、こっちは今でも1250万円しかない。ましてや当時は5~6人の社員に給料を払うと手元には現金が10万円も残らない状況でした。でもサーバーも買わないといけないし、データセンターも必要だし……。その時たまたまネットで見たのがgoogleの初期のサーバー。

これだったらPCがベニヤの上に載ってるだけだし、何とか作れそうだと思ったんですよ。でも200~300万ぐらいはかかりそうだったんで資金調達に行きました。消費者金融に。(会場笑)。本当ですよ? 銀行は審査期間長いし、僕らの信用度的にも貸してくれない。1日で金貸してくれるとこなんてここしか無いんで(笑)。お金借りたらそのまま皆で秋葉原に行きました。PCパーツ買い集めて組み立てて。

これで本当に3年ぐらい運用してました。googleの初期サーバーをイメージしてやってたんですけど、だんだんケーブルを纏める技術が上達して(笑)。これ作りながら、「pixivをすごいサービスにして、いつかはgoogleのみたいに米のコンピュータ歴史博物館に展示されたいな」って思ってました。

そしたら5年後の2013年秋に、pixivの初期サーバーっていって代官山蔦屋書店で展示されたんですよね。「Super Box Series pixiv "B-28型機"」って。このB-28って、ベニヤの上に乗ってたんでベニヤの略なんですけど。(会場笑)。

コンセプトは「お絵描きたのしす」

pixivが出来た2007年9月当時のコンセプトっていうのは、「より多くのイラストを集める」ってことでした。シリコンバレーの代表的なサービスであるgoogle、facebook、amazonとかのコンセプトの根幹って、「大量の情報を処理する」ってことだと思うんですよ。世界中の情報を集めて体系化するとか、世界中の人繋げるとか、あらゆる物売るとか。

でも運営しながら「大量の情報を処理する」ってのがコンセプトでいいのか、疑問に感じてきたんです。始めはより多くの人集めるで良かったんですけど、作りながら何か違うなと。そんな時、pixivが出来てちょうど1年後に、こんなイラストが投稿されたんです。

これ見たら僕、めちゃくちゃいい漫画だなと思って泣いちゃったんです。それで気付いたのが、pixivのやるべきことって「より多くのイラストを集める」じゃなくて「お絵描きがもっと楽しくなる場所を作っていく」っていうこと。ここでコンセプトを変えました。

というところをベースとして、これからグロースハッキングの話をしていきます。