人を動かす動機で「性欲」が占めている割合が大きい

本田哲也氏(以下、本田):そろそろ質問タイム。結局本の話どっかいっちゃったんですけど。人を動かすということでどうですか。お1人ずつ。

本の中では、読まれた方はわかると思うんですけど1000人を動かすから始まって10億人までいってるけど、1人も動かせないでどうするのみたいになってるし、結局たくさんの人を動かすって言うけど、それって「1人×1000」とか「1人×10万」とかって話だよね……ってとこできれいに収めようとしてるんですけど、田端さんその辺はどうですか。

田端信太郎氏(以下、田端):じゃあ、僕から前座風に。確かに1000人の場合も1人を動かすってすごい大変なんですよ。家で本を書いてても、奥さんから「ちょっとさ、オムツ替えてくんない」とか言われるわけですよ。

「あ、替えます」とか。子どもも言うこと聞かないし2歳と5歳だから。0と1の違いは0と10億の違いよりすごく大きいということがあって、1人を動かすってことがいかに大変かってことを生身で感じるのが、普通の人の場合はたぶん恋愛なんじゃないかなって。

あと、今日はマーケターの人もいて、もう少し真面目な話を聞きに来てると思うんですけど、だいたい今のマーケティングのあらゆる文法の中に、隠喩としてセクシャルなイメージって盛り込まれてますよね。

ハーゲンダッツのCMなんかも典型ですけど、だいたいそこのボタンを突いてるんですよ。あとは車のCMなんかも典型ですよね。この車買えばモテますって。ファッション系もそうですよね、コスメとか。

そこのポジショニングというか、文法というのは絶対知っておくと損はなくて。僕なんかはすぐに下品になっちゃうんですけど、そういう感性みたいなのがわかんないと、なかなかマーケティングをやってても本当の意味で人がどう動くかみたいなのがわかんないんじゃないかと。

人を動かす動機の中で、平たく言うと性欲が占めている動機って結構大きいんですよね。だからこそ、そこを自分自身を含めて向き合うみたいなのはすごい大事なんじゃないかなぁと常に思っています。

ソーシャルで重要なのは「切り捨てる勇気」

はあちゅう氏(以下、はあちゅう):私は「切り捨てる勇気」というのがソーシャルだからこそ必要なんじゃないかと思っていて。私のTwitterとかって、20代の女性にウケようと思ってマーケティングしてつぶやいているわけではなくって、私は私が面白いと思うものに対して共感してもらえる人に対して発信しているんですよ。

それを続けていた結果がどんどん増えてきたってことなんですけど。なんかこう、やらしくターゲットを最初から大きくするよりは、もう私の面白さがわかんない人はわかんなくていいってしてしまうことで逆にファンが増えるというか。

逆にさっきの1人の話でいうと、音楽プロデューサーの四隅大輔さんという絢香さんとかSuperflyさんとかをプロデュースして7回くらいミリオンを出している方がいらっしゃるんですね。プロデューサーで。

彼が、全てのミリオンセラーというのは大衆に書いたものではなくって、だれか特定の1人に宛てて書いたものだって言っていて、必ず歌に書かれた対象者がいるってことを聞いたときに、私もそうだなって思ったんですよ。

私は誰か近況報告をしたい友達に対して、ブログもSNSも全部発信をしているつもりで、それがたまたま面白いと思う人たちにじわじわ広がっていったっていうのがあると思うので。

例えば企業がキャンペーンをするときも、さっきの批判に屈するなじゃないけどわかんない人にはわかんないでいいし、全ての人にお伺いを立てる必要な無いと。それはオンラインゾーンでも一緒だなと思います。

本田:なめこのスタンプもそういうことですよね。

はあちゅう:そうですね。なめこのスタンプをかわいいと思ってくれる人とだけ付き合えばいいと。

本田:鈴木おさむさんはもういいわと!(笑)

はあちゅう:鈴木おさむさんとは、仲良くさせて頂いていますけど(笑)。

本田:本でも入れ子構造の話をしていて。マトリョーシカみたいな。1万人が動かない話で10万人は動かないだろうみたいな話って実際にやっていても感じるから、マトリョーシカを剥いでくと見ようとしてなかったり、分析してないだけで、案外「最初にこの人がこう動いたから、その影響でこう動いて」っていう過程があるんですよね。

これでは全部書ききれてないんだけど。最初からたくさん動かすっていう目的意識より、こういう内容とかこういうコンセプトで動かしたいっていうのがあって。10人でもいいからって。結局それで共感してもらえるのが100、1000人って増えていくのが本当の姿なんでしょうね。ということでよろしいでしょうか。

はあちゅう:はい。まとめてくださってありがとうございます。

質疑応答−「動画マーケティングの今後」について

本田:ということで、会場から質問でもコメントでも何でもいいです。

質問者:この本の中でもちょっと触れられてたと思うんですけど、YouTuberのこととか気になっていて、ざっくり言うと動画マーケティングについて。uuum(ウーム)さんと提携という発表をされてたんで。これから具体的にどういうことをしていくのかとか少しお話をしていただければと思って。

本田:はい、ありがとうございます。なんかすごい業界チックな話になってしまって。この本でもYouTube、YouTuberについても書きましたけど。あれも皆さんご存知かと思うんですけど、HIKAKINさんとか小学生とかもすごくて、クラスでも知らない子がいないってくらい。

特に僕の世代は知らないっていうか、直接影響を受けてないですけど。動かす規模の話も大事なんだけど、誰が誰を動かすって話も時代と共に変わっていきますよね。楽しみっていう意味もあるんですけど。

だからこれからの若年層というか、若い子と僕らとは全然環境が違うんで。自ずとYouTuberの皆さんとかは影響を与えていくんじゃないかと。彼らも今のところ企業と組むってなると、これを試してみたいとか。

アメリカなんかだともっとちゃんと企業と組んでいたり、単に商品紹介じゃない組み方、一緒に商品化とかも進んでいて。PR的にこれから組んでいけるんじゃないかと楽しみにしてるんですよ。

質問者:やっぱり早いなぁと思いますね。

ブログと動画におけるユーザーからの反応の違い

はあちゅう:私もYouTuberなんですよ、ほのかに。

本田:ほのかに(笑)。ほのかにYouTuberって表現は初めて聞いたんですけど。どのくらいほのかなんですか?

はあちゅう:一応YouTuberの再生回数1位から100位までのソーシャルグレードの100位に入ってます。やってることは「ゲスアワー」っていう名前の、ゲスな話をトレンダーズの同僚とやってるってやつなんですけど。

もともとYouTubeのアカウントを持っていて、事業をやる時にYouTubeを見る人の気持ちをわかりたいなとか、動画はどうやったら編集できるんだろうってところから始めたんですけど、その時にソーシャル力というのをすごく感じて。

本当に再生回数でいったら5000とか6000くらいしかないんですけど、一緒にやっているただの会社員の同僚たちが電車で顔バレするようになったんですよ。「ゲスアワー」見てますって言われるようになって。

本田:それがやっぱり映像のすごさで、かつてのカリスマブロガーって顔が割れてないとさすがにそういうことってないですよね。今はもう芸能人ばりになっちゃってますもんね。それってブログを中心にやっていて、動画の反応の違いって、表現の仕方や伝え方の違いってありますか。これはやっぱブログと違うなーみたいな。

はあちゅう:全然違います。テンションが。だって私がブログ書くとき笑ってないですもん。でも、YouTuberは「こんにちはぁ~(笑)」ってやらなきゃダメなんですよ。

本田:だいたい「www」って書いてるときは誰も笑ってないっていうね。

動画マーケティングが「狭く深く」刺さるワケ

田端:でもわかる。そうだった。僕は動画ってそんなにやったことないんですけど、間口が狭いけど奥が深い感じで。決定的に違うのはブログとか、Twitterとかのテキスト系は再拡散とか、検索エンジンからの発見があり得るけど、YouTubeでいうと見るぞって思って見ないと見られないというところで、狭く深く刺さるって感じですよね。

そこがまず決定的に違っていて、そもそも全く見ず知らずの人のYouTubeって絶対いきなり見ようと思わないけど、Twitterでリツイートしてきたり検索エンジンでひっかかったら見るかもしれないという部分が決定的に違うから、逆にさっきのサロンじゃないですけど限られた数百人とか数千人に深く刺していくんならテキストだけよりも動画があった方が共感が増すと思うんです。

ただブログもTwitterも何にもやらずに最初からYouTubeからいく人って本当にテレビ的な意味での芸人的な筋力が強くないと難しいんだろうなっていうか。逆に文章書かせたら全然だめなんだけど、江頭2:50的な瞬発力でYouTube上で人気が出る人っているのかなっていう。

本田:今後出てくるかもしれないですね。今のトップYouTuberの人たちって映像でなんかができる人達じゃないですか。編者としても。だから一旦はそこなんでしょうね。