不安傾向が高い人ほど成績優秀?
脳科学でみる日本人の特徴を中野信子氏が解説

2017年5月12日 講義「脳科学と世界の中の日本」 #2/4

脳科学と世界の中の日本
に開催

上智大学で行われた脳科学者・中野信子氏の講義「脳科学と世界の中の日本」。不安傾向に大きく関係する物質・セロトニンについて解説するとともに、その数を左右する遺伝子の数を世界と日本で比較しました。

日本人は不安感情が高い人が多い

中野信子氏(以下、中野):では、脳の機能の話に徐々に入っていきたいと思います。

DLPFCという人間の知的、社会的活動を担うような脳機能領域があります。DLPFCは日本語では背外側前頭前皮質といいます。合理的に判断して損得を計算する、なんていうことをやっている領域です。知能が高い人ほどよく発達していると考えられています。

ところで、不安感情がDLPFCを活性化するのかもしれない、という話があります。

不安感情がある時、人はその不安を潰すために努力したりとか、なにか力を身につけようとしたりとか、自分でできないことは誰かに頼むというネットワークを作ったりだとか、いろいろな工夫をします。そのときには、DLPFCが戦略を立てているのです。

この不安感情が高い人が日本人には非常に多いというデータがあります。不安感情が高いというのは成績優秀者の特徴でもあります。日本では、組織が長続きするという特徴があります。たとえば、全世界における創業200年を超える会社の8割は日本に集中していると言われます。

この記事は無料会員登録で続きをお読み頂けます

既に会員登録がお済みの方はログインページからログインして下さい。

登録することで、本サービスにおける利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

SNSで会員登録

Twitterで会員登録

Facebookで会員登録

メールアドレスで会員登録

パスワードは6文字以上の文字列である必要があります。

上智大学

上智大学に関する記事をまとめています。コミュニティをフォローすることで、上智大学に関する新着記事が公開された際に、通知を受け取ることができます。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?