ARMとの戦略的提携について

孫正義氏:今回のARMの買収の件というのは、私がこの10年来、ずっと考えてきた案件でありまして、いいよその日がやってきたと。

ソフトバンクの創業以来、ある意味今日が僕にとってはもっともエキサイティングな日であると思っております。

今までソフトバンクは、いろんな事業をやってきましたけども、日本で3位とか、アメリカで4位とかですね、そういうようなものが多くありました。

もちろん中国では1位のアリババとか我々のグループにありますが、我々ソフトバンクが直接オペレーションをしている事業、私自身が直接かかわる事業として、世界一というものをあまり持っておりませんでした。

今回初めて我々が、その分野で世界一、しかもその分野がこれからの人類の歴史のなかでもっともエキサイティングなもっとも重要な産業になるであろうと思われるところに、我々が戦略的な手を打てた。

このことが、私にとってはもっともエキサイティングなことであるということの理由であります。それでは早速ちょっとプレゼンしたいと思います。

買収資金は約3.3兆円、取引はすべて現金で

今回の取引は、ARMの株式、上場しておりますけれども、この株式を100パーセント取得して、ARMを上場から取り下げて、ソフトバンクの100パーセントの会社になる。そういうものであります。

買収の資金は総額で、日本円で約3.3兆円ということであります。資金調達ですけども、約70パーセントに相当するところ、これは手元の持っている現金で行われます。

約30パーセントは借入によって行われますけれども、この借入はブリッジローンです。なぜブリッジローンかと言いますと、すでに我々は手元に十分な現金がありますが、それは最近行いましたアリババの株式による資金調達、それからもともと手元に持っていた現金ですね。

それに加えて、来月から2回に分けて、Supercellを売却した資金が入ります。それからガンホー株式の売却資金も手に入ります。

これらは今はまだ手元にないけども、入ることがわかっているということで、それであれば、ブリッジローンでいいじゃないかということで、我々はブリッジローンで調達するということであります。

基本的には全額現金による買収で、ソフトバンクは新株を発行するとか、そういうソフトバンクの株式を使ったような調達は今回一切行わないということであります。すべて現金による取引だということでございます。

主な取引条件としましては、1株あたり1,700ペンス。これは敵対的買収のようなものでは一切なくて、ARMの経営陣・取締役会の全会一致の支持による、彼らが株主に対してこれを推奨する、レコメンドするというような取引であります。ですから、非常にフレンドリーなディールであるということです。

ソフトバンクはそのために必要な資金をすべて調達済みということで、新たにこれから調達しなければならないというものはないということであります。

したがって、株主総会の承認さえ下りれば、基本的にはこのディールはなんの疑念もなしに、完全に実施されるというかたちになります。

株主総会と、イギリスの裁判所による承認ということです。これは方式としては、スキーム・オブ・アレンジメントという方式で行われます。

今後のスケジュールと取引の狙い

これはスケジュールですけれども、スキームに関わる書面の公表が数週間以内に行われる。そこから、さらに数週間で裁判所の認可と株主総会による決議が行われると。

そして、スキームに関わるあらゆる認可・承認の申請ということで、スキームの効力発生はさらにそこから何日間かということであります。

この全体のプロセスは数ヶ月ということでありまして、半年から1年という期間がかかるものではないと認識しております。

取引の狙いですけれども、ARMは独自の基盤技術・プラットフォームを持っておりまして、この分野では世界NO.1だと。市場のポテンシャルが非常に大きくて、これからますます成長する分野であります。

すでにモバイルだとか、自動車だとか、家電、いろんなところに入っておりますが、これが大きく伸びるということであります。それで、我々の長期的なビジョンに完全に合致する投資であるということであります。

ソフトバンクのステークホルダーのみなさんに対しては、資金調達のために新株の発行など、エクイティ・ファイナンスは一切行わないということであります。

それから配当の方針には変更なし。純有利子負債の削減、とくに純有利子負債のEBITDAに対するマルチプル、これは着実に改善させていくということであります。

40年前の“チップ”との運命的な出会い

これは運命的な決断だと思っております。なぜかといいますと、遡ること40年前、ソフトバンクを創業する前です。私が19歳のときに、ある1枚の写真と出会いました。これが実際の写真です。

その当時の光景を今でも覚えておりますけれども、私は当時まだ学生でした。それで、車から降りて歩道の落ち葉を踏みしめながら歩いているときに、ちょうどサイエンスマガジンを読んでおりました。

そのペラペラめくっている雑誌の1枚にこの写真があったわけです。なんなんだろうかと。初めて見る写真だと。

なにか未来都市の設計図のような写真に思えたわけですけれども、不思議だと思って次のページをめくったら、それが指先にのっかるコンピューターだということを、生まれて初めて知ったんですね。チップの拡大写真であったと。

私はこれを見て、両手両足の指がジーンとしびれまして、感動しすぎて涙が止まらなくなったんです。車を降りてただ歩いている途中ですから、ほんの一瞬の出来事です。

ほんの数秒間の間に、私の頭はグルグル回転して、涙があふれて止まらなくなった。まるで感動するような映画や音楽を観たり聴いたりしたような……感動しすぎて、しびれて涙が止まらないっていうことありますよね? そのような感覚がそのとき僕にやってきたんです。

なぜかというと、これはついに人類が産み出した、初めて人類の頭脳を超える、将来人類の頭脳を超えるであろうものを、人類が自らの手で発明して産み出したと。

これが将来もっともっと進化したときに、人類の未来に与える影響がいかばかりのものであるかと。

いずれ人類の脳細胞の働きをはるかに越えていくだろう、ということをそのときに思って、その怖さとその感激とその興奮が、一瞬の間に私を涙が止まらないという状況にしてしまったわけですね。

そのチップの写真がついに今回、今日この日に、我々が自ら、私自身が自ら、その人類の未来の姿に大きく関わっていくことができると。そのような決断ができたということであります。

IoT時代におけるARMの優位性

今、世界中のコンピューターのチップ、多く出荷されておりますけれども。パソコンの、PCのなかに入っているCPUはほとんどがIntelです。でも、パソコン以外のものに入っているCPUはほとんどがARMであると。

つまり、PCの外、これからインターネットにあらゆるものがつながっていく、Internet of Thingsの時代がやってくる。その中心の会社はARMであると。

そのARMに関わるということを、僕がはじめて19歳の時に見たマイクロコンピュータのチップの拡大写真と、40年ぶりに私はそこに直接関わることができると。

この興奮が私を……。なんていうんですかね? 今日はそういう意味では、私の事業家としての人生、私自身の人生のなかで最もハイライトをあてるべき日が今日のこの日だと思っておるわけです。

そんな日に一緒の部屋にいれたみなさんは幸せだと、僕は思いますよ(笑)。私が幸せなんだから、きっとみなさんも、そんな幸せな男と同じ部屋にいるというだけで、幸せなを共有してると思うわけですが。まあ、それは言い過ぎですかね(笑)。でも、それぐらい本当に幸せなんですよ。