デバイスありきから、Webありきの世界へ

赤塚大典氏(以下、赤塚):Real-Web-Realと書いていますが、Webというのは実世界のメタファーをかなり取り込んで成長してきました。

それは、たとえばページやブックマークという概念とか、ボタンや掲示板という概念とか。

その後、Webは独自の成長を遂げてきていますが、今、もしかするとWebの考え方とかWebで出てきた文化というのが、もう一度こちら側に手繰り寄せられる時期が来ているんではないかと考えています。

当時、その実世界を前提にWebを作っていたのと同じように、今は逆にWebを前提にこちら側のデバイスを作れる状態になるのではないかと思います。

そう思うと、むしろデバイスがあって、その上にWebをどのように乗せるかというよりは、WebあるいはWebのサービスが先にあって、それをいかに表現するかというところに本当にデバイスの意味が出てくるかもしれないと考えて、その考え方に沿って物を作っています。

いくつか紹介します。Webらしさの1つとして、データをシェアする、あるいはそれをリユースする、それをフォークするという考え方があります。

これは、めっちゃグニャグニャと曲がるランプなんです。単に物の形をシェアする、リユースする、フォークするというのを置き換えてできないかを試して、作った物です。

たとえば、どなたかが、あるランプの形を作ってそれをWebに載っけておくと、僕は家でそのランプの形状をダウンロードできるんですよ。

そうすると全く同じ形状のランプができ上がりますし、ちょっと気に入らないと形を変えて、またWebに載っけると、ランプの形状が2つできるという。シェアする、リユースする、フォークすることで多様化が促進されるんです。これは形というところで考えてみました。

WebのPVをデバイスに置き換えると…?

それから、Webの中にはPage Viewという考え方があります。そのページビューを見て、効率とかお金の面とか広告とか、いろんなことを考えます。

じゃあ、Web of ThingsにおけるPVって一体何でしょうと考えると、たとえばそれは実際に物を作っているとか、あるいはサイネージであれば、その物を実際に見ているとか、そういったことがページビューととれると思います。

それで実際にこういうボードを使うと、センサーとかも取り扱えるので、サイネージに人のセンサーを付けることができるんですね。距離センサーとか人感の調査のようなもので、今これを何人の人が見ているのかをページビューとして取り込める。

現在サイネージのほうでは、そういう効果測定みたいなことがしづらいと言われていますが、こういうWeb of Thingsの考え方を取り入れると、そういうこともできるようになってくるかも知れません。

あとはView Sourceというところに着目しているんですけど、皆さんのWebブラウザでコンテキストメニューを開くと、おそらく「ページのソースを見る」という項目があると思います。

あれは単純にソースを見る機能なんですけども、あれのおかげで、どういう表現がどういうコードで書かれているかという知識が継承されていくわけです。

それをもって、また僕が再利用して、新しい表現をしたりできるようになります。オープンソースハードの時代になってくると、もう少しそこを表に出す。オープンソースハードのView Sourceとはどういうことかと言いますと、たとえばデバイスひとつひとつにURLがあるかも知れません。

そのURLにアクセスしに行くと、これを構成する設計図や回路図、プログラムとか設定画面、そういうものが一気に入ってくる可能性があります。それをもって、また新しいデバイスを作っていくという流れが、もしかするとできるかもしれないと考えています。

CSSで、LEDの色を書く

それからビギナーズツールキットというのを作っていまして、これは慶応の山岡さんとFabCafeの方と一緒に作っている物なんです。そうは言っても、JavaScriptができても、結構ハードウェアをいじるのは難しいというのもわかってきました。

それで、こんな物を作ってるんですが、要はWebページを構成するStyleの中にCSSというものがありますが、そのCSSのなかにもハードウェアを制御するのにそれなりに適したプロパティがあります。

例えばLEDです。マルチカラーのLEDとかは、まさにcolorというプロパティが使えます。例えばcolorをblueとすると、LEDというHTMLエレメントももちろんブルーになりますし、実際のLEDもブルーになる。HTMLエレメントとハードウェアを等価に扱ってプログラムすることができます。

ハードウェアっぽいプログラムはどこにもないんですよ。そうすることによって、Webのプログラマーさんは、「実は俺でもハードウェアを制御できるかもしれない」という感覚を持っていただけるんじゃないかと思いまして、今こういった物を製作しております。

ここまでWeb of Thingsで僕たちのデバイスを作っていくために、Webがどうあるべきかという話をしてきましたが、これが教育ではどういうふうに役に立つかということを、この機会があったので少し考えてみました。

STEMという考え方があるのはご存知ですか? STEMというのは、SCIENCE、TECHNOLOGY、ENGINEERING、MATHEMATICSの頭文字を合わせたもので、このページはEVOのエデュケーションページから少し引用させてもらってます。

実は、WoTのデバイスを作っていくという側面で授業を構成した場合、アイデアから、プロトタイプ、開発、フィードバックがあって次のステップへと踏まえていくと、かなりの領域を網羅することができます。

STEMとWeb of ThingsとIoTのデバイスを授業に取り込んで進めていくと、実践的に力がついてくる。それで、このSTEMはそれぞれの領域を独自で一つひとつ学習するというのではなく、網羅的・横断的に一緒に学んでいきましょうと。

例えばサイエンスだけでは物ができないし、テクノロジーだけでは物ができない、HTMLだけでも物ができないので、すべてを網羅的にわかる人材を育てていきましょうという側面があります。

WoTのアイデアソンで生まれたもの

実際にアメリカで、STEMを学習の1つとして、すべての小学校に3Dプリンタかレーザーカッターを入れていくという法案がオバマさんなどから出されました。

あとは70万人に1人、図書館のような感じでFabの施設を入れていこうというものがあります。ここでは、彼らがソフトウェアでアイデアを作るだけではなくて、それをフィジカルに落として、落とすからこそ創造性が高まるという話をしています。

つまり、今後いろんなデバイスを僕たちが作っていかなきゃいけないかも知れませんけど、その場合においては3Dプリンタを動かす、あるいはレーザーカッターを動かすためのソフトウェアの技術、あるいはそれができた後のハードウェアや回路の技術、ソフトハードひっくるめてすべて考えられる人材というのが求められる。そういったことを狙っているのではないかと考えています。

このデジタルハリウッド大学大学院では、IoT、WoT、プロトタイプ実践の全8コマを1区間で行ないました。3コマ、3コマで、初めはグループワークでもってWeb of Thingsのデバイスのアイデアソンをやりました。次にアイデアを派生させるということをちょっと試してみたりとか。

2日目は実装。3日目は発表。それに加えてオプションで、11月15日のMozilla Developers Conferenceで成果のデモ展示を行ないました。

どういうものが出てきたかと申しますと、たとえばグーグルのカレンダーで照明が制御できるよね、と。とてもおもしろいと思ったのは、こういう考え方ができると、いろんなWebのサービスやデバイスをマッシュアップして1つのサービスとして考えられることです。

グーグルのカレンダーって、もちろん人も入力できるんですけど、APIを持っているので、機械も入力することができるんですね。そういうふうに考えていくと、もしかすると人と機械が共同したなにかを制御するサービスが今後生まれてくる可能性があるなと思いました。

悶々Breaker、面接100%通過デバイス

あとは、「悶々(もんもん)Breaker」というのは素晴らしい作品で、皆さん、日頃なにかと悶々とされるわけじゃないですか。それで、車を壊したくなるわけじゃないですか。これを実際に作られた方がいらっしゃいまして、マルチプレイ対応です。ちょっと見づらくてごめんなさい。ムービーも無いんですけど。

こんな車の画面が出てきて、ボタンがこの辺に置いてあってそれをひたすらハリセンで叩くんですよ。

それで、ハリセンで叩くとこの車がバッカンバッカン壊れていくというもので、なんと言うか、確かにクリックでも壊れるんですけど、ハリセンにすることによって、異様に体験が変わるということがとてもよくわかった。

マルチプレイ対応なので、みんなで1つのページを作ってると言えるんですよ。いろんなアクセスから1つの物を作っていく1つの好例かなと、なんとなく思っています。

あと、「面接100%通過デバイス」という物を考えられた方がいらっしゃいまして、これは面接でどうしても緊張するので、緊張したくないというモチベーションで作られたシステムです。

具体的には、心拍数を取るセンサーを使いまして、心拍数が高い時は緊張してると仮定して、何かメッセージを送れたり、Webで警告してくれたり、そういったものを作りましょうと考えられていました。

あと、告白する時にも使うとか。