科学を取り入れた最新心理学

佐渡島庸平氏(以下、佐渡島):DaiGoさんが学習したいことで、一番深いところはどこなんですか? 知識欲全般の中で何を知りたいか。

DaiGo氏(以下、DaiGo):そうですね。やっぱり心理学は一番知りたいと思ってるし。心理学って、前まではほとんど統計学だったんですよ。「統計学に乗っ取られた学問」ってちまたで言われてるくらいだったんですけど、最近やっと計測技術が……。

佐渡島:科学的になろうとしてる。

DaiGo:そうです。科学技術の発達と、ニューロサイエンティストとサイコロジストがちゃんと手を組んだんですよ。で、実験心理学ってジャンルがけっこうポピュラーになった。日本では(心理学が)文学部にあるせいで、これが遅れてるんですけど。

柳内啓司氏(以下、柳内):心理学って文系ですもんね。

DaiGo:そうです。でもイギリスとかアメリカとか行くと、そうじゃないんですね。完全に理系の学問で。オックスフォードに行った時にも、会ったのがプロフェッサー・フォックスという女性の先生なんですけど、エセックス大学でEU最大の心理脳科学研究センターみたいなのを作った人で。

この人がすごくおもしろい研究をしていて、心理学と遺伝学と神経科学を組み合わせている。例えば「ポジティブになる人ってどういう特性があるのか」とか心理学者は普通に調べるんですけど、彼女は遺伝子を調べる。

その特定遺伝子はセロトニントランスポーター遺伝子なんですけど、それが何なのかを突き止め、どういうときにオンになったりオフになったりするのかというところまで調べるんです。

そういう意味でいうと、ニューロサイエンスとサイコロジー、あとは遺伝学ですね。そういうところが組み合わさってどんどん新しいものが出てきてるので、そういう部分の知識はほしいなと。今、ベースはあるんですよ。あとは測るだけみたいな感じなんですよ。できることがいっぱいある。

僕もだんだん落ち着いてはきたので、もし研究とかに携わることができるのであれば、自分にしかできないことをやってみたいなと思ってますね。

DaiGo氏が語る、自分にしかできないこと

佐渡島:自分にしかできないことって、どういうことだと思ってるんですか?

DaiGo:2つできるなと思ってることがあって。1つは、わかりやすく説明するのがかなり得意なんですね。だから「研究に携わる」っていうと自分でやるイメージがあるんですけど、すごく能力があるのに資金を取ってこれない人がいっぱいいるので、そういうところに僕が出ることによって、(資金調達が)できたりとか。

後は、さっきもあったような企業さんと契約を結ぶ時に、僕は(契約事項に)「研究目的のデータの提供」というのを入れてるんですよ。そうすると、いろんなところとビジネスをやることによって得られたデータをもとに新しい研究ができて、その研究(結果)を逆に企業さんに返す。それで新しいビジネスが生まれたりとか。

あるいは「DaiGoが共同研究でこんなことやった」というのは、そこそこニュースになるじゃないですか。そういうPRも兼ねたことができれば。

佐渡島:今、DaiGoさんの本ってご自身が語り手になってるじゃないですか。そこにもう1人ライターを入れて……。『ヤバい経済学』って本を知ってますか?

DaiGo:知ってます(笑)。

佐渡島:あの感じで心理学とかを調べにいくのがDaiGoさんで、それをDaiGoさんが口頭で言うんだけど、さらに文章として価値あるものにするためにライターと組んで。みたいなのをやると、爆発的に売れそうな気がします。

DaiGo:すごい。なんか、プロの編集者の意見が(笑)。

柳内:今、企画会議してました?

DaiGo:ぜひ(笑)。

佐渡島:おもしろそう。

佐渡島氏の事業はタレントのマネジメント業に近い

DaiGo:『ヤバい経済学』、みんな読んだことあるかなあ。

柳内:黒い表紙の本ですね。

DaiGo:普通の学者さんとか著者が語るんじゃなくて、いろんなところに「こういう理論があるんですけど、実際どうなんですか」って切り込んでいったインタビューを元にして、「ぶっちゃけどうの」って最後にまとめるやり方で。

佐渡島:(著者の)片方は研究者で、自分のところでやってる研究もいっぱいあって。相撲が八百長かどうかとかね。あれ、完全にイギリスで八百長扱いされてて、でも日本の週刊誌では「八百長だ」「八百長じゃない」みたいなのがあっておもしろいですよね。

DaiGo:海外の翻訳本って、そういうのが書けちゃうからおもしろいですよね。日本でやるとちょっとめんどくさい。

佐渡島:大問題になるからね。

DaiGo:「これ、翻訳してるだけなんですけど」みたいな(笑)。

柳内:佐渡島さんとしては、そういう実用書とか、漫画以外も全然ありなんですか?

佐渡島:僕の会社自体は、本を出す会社じゃないんですよ。ほとんどタレントのマネジメント業に近いんですよね。だからDaiGoさんの本を1冊やるというのは起こりえなくて、DaiGoさん全体(のマネジメント)というのは起こりうるかもしれない。

柳内:業務範囲としてね。

佐渡島:タレントのマネジメント業って、ほとんどスケジュール管理になってくるんですね。最終的に。どこに出すとか、そこのブランディングになる。

柳内:一番の貴重なリソースって、その人の時間ですもんね。

佐渡島:そうですね。だけど、僕がやるのって「作家の作り上げたものが24時間365日世界中で働いてもらう仕組みを作る」ことなんで、外に出るコンテンツを作れるタレントのマネジメントをする会社なんです。

そのタレントの普段のスケジュール管理の中でも収入を得つつ、そこから生まれてきたものでどれだけ収益を最大化するかということをやる。

コンテンツを上手に再利用

DaiGo:おもしろい。あんまりないパターンですね。

佐渡島:そうですね。ディズニーはそうですけどね。

DaiGo:ああ、ディズニーがそうなんですね。

佐渡島:でもディズニーの場合は、それをやってる相手が少ないんですよね。仕組みとしてはあんまりやってなくて。サンリオもキティちゃんに対してやってるわけですよ。でも、それはキティちゃんにやっているんで、その元の人に対してはやってない。

DaiGo:コンテンツマネジメントって感じですね。著者じゃなくて、みたいな。

佐渡島:「コンテンツマネジメント」と「著者のマネジメント」をセットでやっていくっていう考え方なんですよね。昔の作家さんの本を読むと、講談社とか小学館とかは「雑誌に1回載せたものを単行本にするなんて、そんな格好悪いことはできない。雑誌だけで儲ける。それが本当の漫画だ」みたいなことを言ってたんですよ(笑)。

柳内:えー、マジですか!

DaiGo:今と真逆ですね(笑)。

佐渡島:今は単行本で稼いで雑誌は原稿料を払うだけ、みたいな形で。昔は1回限りしかビジネスをしないっていう感じだったんですね。タレントの人なんかも、テレビに1回出たところでギャラをもらってそれで終わりって感じじゃないですか。

でも、そういうふうに1回限りの仕事というのを減らしてって、1回やった講義をどうやって何回も使っていくかみたいな。そういうのは考えられるだろうなと思ってて。

今って、どんどんコンテンツが貯まっていくじゃないですか。(しかも)違う形で貯まっていったりするんで。同じ形だったら本で出版とかしやすいんですけど、違う形だとそれがしづらくて。

例えば、ネット上でいろんなものをまとめてる「NAVERまとめ」ってあるじゃないですか。あれは違う意見をいろいろ集めてくるんですけど、同じDaiGoさんの考え方をメルマガと本とツイッターから集めてきて、「わかりにくかった今回のDaiGoさんの考え方は全体から見るとこうだよ」って説明するのが、全然ありえる。

コンテンツって、どんどん何次利用もしていくことになる。そのときのやり方によって伝わり方が違っていくはずで、そこのマネジメントの仕方がこれからの時代、けっこう重要になるんだろうなと思ってて。そこのスキルを持ってる人が、日本にはあんまりいないんですよね。世界的にはちょろちょろいるんですけどね。

電流効果はあった!? 佐渡島氏へコメント続々

DaiGo:(前回から流し続けていたThyncの電流が)終わりました?

佐渡島:終わりました。

DaiGo:どうでした?

佐渡島:どうだか、わかんないです。

DaiGo:今、コメントでは「早口になってる」とか「電流効いてるじゃん」みたいなのが(笑)。

佐渡島:メガネかけてなかったから、全然見えない。

DaiGo:そうだったんですね(笑)。

柳内:コメントがね。

佐渡島:コメントも見えないし、DaiGoさんの顔はギリギリ見えるくらいだったんですけどね。

DaiGo:けっこう目が悪いんですね。

佐渡島:そうなんですよ。(コメントにて)「口数増えたよ」って。

柳内:これ(電流)の効果ですかね(笑)。

佐渡島:(コメントを見て)「おにぎり」って何なんだろう。

DaiGo:おにぎり?

佐渡島:「おにぎり完食」って。

DaiGo:おにぎり食べてた人がいたのかな? (パッドを見て)ああ、これだ! これがおにぎりの形してるから。

佐渡島:なるほど。