ありのままのトランプが受けている

ドナルド・トランプ氏(以下、トランプ):紳士淑女のみなさん。今朝この場にみなさんといられることは大変な名誉です。大統領の朝は早いのです。いかにも大統領らしいでしょう。

テレビでこう言った人がいました。「彼は国民に受けないだろう。おもしろがられるだけだ」。私が出馬したばかりのころの話です。興味深いでしょう。

立候補当初、(共和党の)候補者は17人でした。上院議員、州知事、そうそうたるメンバーです。例えばベン・カーソン医師です。彼は賢く、すばらしい人です。私の支持を表明してくれました。カーリー(カーリー・フィオリーナ共和党候補、ヒューレット・パッカード元CEO)も、みなそれぞれ実績ある人々です。

(会場笑)

ところが、この17人が次々撤退しました。毎週誰かが脱落しました。一体全体、なにが起こったのでしょう。ジェブ・ブッシュ(ジョン・エリス・ブッシュ)は1億6,800万ドルの選挙資金を集め、ロムニー(ウィラード・ミット・ロムニー)は出馬を断念しました。

ジェブ・ブッシュがロムニーに「出馬すれば、1億ドル以上の選挙資金をもって潰しにかかる」と迫り、4年前の出馬時同様、ロムニーは縮み上がったのです。前回選挙では最有力候補者だったのですが、今回はジェブ・ブッシュに追い落とされてしまいました。

ジェブ・ブッシュにも立派な経歴があります。8年間フロリダ州知事を務めました。ジェブ・ブッシュもよい人です。本当ですよ。脱落したからです。脱落した人は全員よい人で、友人です。前回の選挙戦での、ロムニーとルビオ(マルコ・ルビオ)の指名争いを覚えていますか。いつも演説の冒頭は「マルコは私の大切な友です」で始まり、私は「あいつは絶対ルビオを嫌いだ」と言っていたものです。政治トークと言うやつです。でも報道ではそう話すことが大事なのです。

マスコミは「ありのままのトランプが受けている。17人の候補が次々脱落した」と報道しました。今は候補者は2名ですね。こんな対抗馬は0.5名、つまり1名に等しいです。私が大統領らしくふるまったら、残るのは私1名になりますから。だって今朝のスピーチだって、私以外の人だったら、こんなに大きな会場にはならなかったでしょう。会議室かなにかに過ぎなかったはずです。

次世代のタイガー・ウッズ

私は先週から、大統領らしく振舞うようになりました。妻や娘を始め、ポール・マナフォート(トランプ陣営コンサルタント)、コーリー(コーリー・ルワンドウスキ、トランプ陣営の選挙対策責任者)に「大統領らしく振舞うように」と言われてきました。ところが近頃、人の目が変わり始め、こんなことを言うようになりました。

「この男は、野球の首位打者のようなものだ。マイナーリーグから頭角を現し、自分のスイング法を確立したんだ。全米アマチュア選手権からPGAルアーに行くゴルファーのようだ。すばらしい。まさに次世代のジャック・ニクラウスだ。まさに、次世代のタイガー・ウッズだ」。

ところがこのような場合は、マネージャーが突然こんなことを言うのです。「いやあ、あいつのスイングは気にいらないね」。スイングを変えろ、そうすれば成功する、という圧力がかかり、それきりとんと噂を聞かなくなります。こういった連中のその後を見たことがありますか。

私はこういったことをずっと研究してきました。例えばデューイ(トーマス・E・デューイ、共和党)が立候補した時です(1948年大統領選)。デューイはトルーマン(ハリー・E・トルーマン、民主党)の対抗馬で、世論ではトップをぶっちぎり、有望視されていました。

トルーマンは「ハリー、やつをやっつけろ」と言われていましたよね。トルーマンは、国民からいやなやつだと思われていましたが、大番狂わせが起こったのです。デューイのほうが大統領らしかったのですがね。ところで、私のルックスは大統領らしいでしょうかね。どうです。立派な大統領にふさわしい堂々たるものでしょう。

(会場大歓声)

紳士淑女のみなさん、誠にありがとうございます。

私は出馬した時から常にナンバーワン

ドラッジ・レポート(米保守系のニュースキュレーションサイト)によると、私は11回ステージ討論に出演しているようです。まとめているドラッジさんは大した人ですね。ドラッジやタイム誌がオンラインで世論調査をしているのです。

オンラインで世論調査されるすべての討論に出席して、すべての討論で中心にいました。しかも私はこういった討論は未経験者なのですよ。

私の人生は討論づくしでしたが、政界のヒルみたいな連中との、こういったステージでの討論は初めてです。あの連中は年がら年中、こういった討論ばかりやっています。ところが私は未経験者だったのに、いつもステージではセンターでした。

私からのリクエストはただ1つ「出演者の人数は奇数にしてくれ」というものでした。なぜだかわかりますか。偶数だと、私がほかの人と一緒にセンターに立つはめになるからです。5人だとセンター、6人だとほかの人とセンターをシェアで、それはいやなのです。

(会場笑)

だから私は闘うわけです。いつも勝つわけではありませんが。いつもセンターステージです。すべての討論でナンバーワンです。出馬した時から常にナンバーワンです。

思い出すのは「トランプはそのうち変わるだろう」と言っていたマスコミが、昨日「トランプはこれまでにない、すばらしい大統領になるだろう」という世論が出ても、今度は「トランプは誘導された」と言い出すわけです。この人たちは、もう病気ですね。絶望的です。

で、この記事を見てください。クルーズ(テッド・クルーズ共和党候補)が言ったことです。「嘘つきテッド(トランプ候補がクルーズ候補につけたあだ名)」です。「トランプが(メキシコとの国境に)壁を作るはずがない」。クルーズはそんなことは言っていませんよ。ただ、トランプは大統領にふさわしいし、今後変わるだろう、国民は多いに喜ぶはずだ、と言っただけです。

中国やISISを倒さなければならない

さて、私は断固たる態度を取るつもりです。中国やISISを倒さなくてはなりません。

(会場歓声)

アメリカは中国に、貿易でこてんぱんにされています。ISISに関して言えば……“ブルドッグ”ジョージ・パットン(ジョージ・スミス・パットン・ジュニア将軍、第二次世界大戦などで活躍した)を想像してみてください。彼はタフでした。

何年にもわたって軍務に就き、戦時中は国民に愛され、鞭を片手に戦場に臨みました。現在だったら、だめですね。彼のような人物は、放り出されるでしょう。「タフすぎる」という理由で伍長レベルにとどまるでしょう。

マッカーサーはまた別のタイプです。ダグラス・マッカーサー将軍は、ウェストポイント(米陸軍士官学校の通称)史上最高の成績を修めたそうです。私はうらやましいですね、成績は私にはとても重要なポイントです。とにかく大変賢い方です。

この2人はまったく別のタイプでしたが、共通点がありました。彼らには、勝利の手段がわかっていたのです。今の我々には、わかっていませんね。なぜなら、もはや勝とうと思わなくなったからです。

では例えば、ジョージ・パットンが、1週間以内でISISをやっつけられない今のアメリカの現実を見たら、なんと言うでしょうか。とにかく、速やかにISISをせん滅しなくてはなりません。速やかにです。

(会場大歓声)

昨日聞かれました。「具体的に、あなたはどうISISを倒すのでしょうか。あなたの計画を話してください」。絶対に勝つことはできますが、私の計画をみなさんにお話しするつもりはありません。

私がずっと「原油を取りに行け、原油を取りに行け」と言っていたのを覚えていますか。実際、すばらしいプランはあるのです。絶対に成功します。それはどんな計画でしょうか。

私は言いたくありません。私は、予測不能でありたいのです。相手に「大変な事態になった」と言わせてやりたいのです。ですから私は4ヵ月間「話したくない」と言い張りました。散々叩かれましたよ。「トランプには計画がない」と言われました。

計画がないのは単に伝えなかっただけ

だから私は、計画はある、誓って計画はちゃんとある、でも事前に話したくない、単に予測不能でありたいだけだ、と言い続けたわけです。

バラク・オバマの二の舞にはなりたくないのです。

(会場ブーイング)

何ヵ月か前にも「50人の精鋭を、イラクとシリアに派遣する」と宣言していましたね。なんでわざわざそんなことを言うのでしょう? わざわざ敵に、派兵を教えてやるのでしょう? 精鋭たちは、銃撃の標的を背中に背負わされているも同然です。

(会場ブーイング)

イラクにまだ米軍が駐留しているのですから、空爆するのではなく、原油をおさえに行くべきです。向こうに、トランプはタフガイだ、動きが速すぎる、と言わせたいのです。私も、イラク派兵に反対していた1人です。何年も前から、そう訴えていました。当初からイラク派兵は失敗でした。中東の情勢を不安定にするだけでした。そして、私は正しかったわけです。

遅れては来ましたが、私は米軍を大きく強く、パワフルに立て直してみせます。誰にも手出しはさせません。

(会場「トランプ」コール)

みなさん、大盛り上がりですね。ではまとめます。アメリカは予測不能になり、原油をおさえます。忘れもしませんが、最初に申し上げたとおり、マスコミは「トランプには計画がない」と報道しました。計画がない理由は、マスコミに計画を伝えなかったからです。公言したくない、と言ったのです。

でも、こういったことは、あのヒルのようなリポーターの連中には、わからないのです。だから、彼らは「ドナルド・トランプには計画がない」と報道するわけです。