アメリカの鉄鋼業は荒廃状態

ドナルド・トランプ氏:みなさま本当にありがとうございます。心から感謝いたします。このプラントのオーナーのゲイヴとグロリアにも感謝したいと思います。彼らはこの会場のどこかにいらっしゃると思います。どうもありがとう。

すばらしい上院議員であるリック・サントラムにもここにお越しいただきました。支持をいただいたことに、お礼を言いたいと思います。すべてのすばらしいスタッフにもお礼を伝えたいです。彼らは本当にすばらしい働き手です。

承知の通り、あなた方は本当に大変な状況に直面されていたことでしょう。しかし我々で状況をよくしていくのです。しかも我々はすばやく状況を改善していくのです。いいですか? 見ていてください。

今日、私は、どのようにアメリカを再び裕福にしていくかということについてお話ししたいと思います。我々はやらなければなりません!

鋼の町から30マイル、ピッツバーグはこの偉大な国家において重要な役割を果たしました。ペンシルバニアの鉄鋼業従事者たちは、鉄橋や鉄道、高層ビル群などにより、偉大なるアメリカの景色を作り出してきました。しかし、我々の忠実な働きは、みなさんが誰よりもご存知の通り、報われずに裏切られてきたのです。

我々の政治家たちはグローバル化を大胆に推奨し、我々の仕事や資金や工場をメキシコなどの海外へと移動させました。グローバル化は、政治家に献金をした金銭面でのエリートたちを非常に豊かにさせました。言いたくはありませんが、私も以前はそのうちの1人でした。

しかし、結果として私の幾千もの従業員たちは貧しく、痛ましい状況に陥ってしまったのです。政府に補助された海外の鉄鋼が我々の市場に割り込み、我々の工場を脅かし、それに対して政治家はどう反応したでしょう?

みなさんご存知でしょう、彼らはそれに対してなんの行動もとりませんでした。彼らはただ横に立って我々が仕事を失い、我々のコミュニティが不況に陥り失業者を生み出すのを傍観していたのです。これらの地域の人々はその状況から回復しておらず、私が大統領にならない限りは、回復することはないでしょう。

(会場歓声)

しかも回復は早いでしょう。我々の政治家は、人々から、生計を立て、家族を支えるすべを取り去ってきました。腕のいい職人たち、取引業者、工場従事者は自分の愛する仕事が何千マイルも先の場所へ取り去られるのを見てきました。

ペンシルバニアの町は昔、繁栄し賑やかでしたが、今では完全に荒廃状態となっているのです。グローバル化の波は、本当に完全に我々の中流階級を除き去ってしまったのです。このような状況に甘んずる必要はありません。我々は元に戻すことができるのです。しかも、すばやく戻すことができるのです。

(会場歓声)

イギリスのEU離脱は予言していた

しかし我々が本当に変革をはかるのであれば、強力な企業、そしてメディアのエリートや政治に従事する者が引き起こしている、恐れや強迫観念を排除しなければなりません。

自分の利益のためにシステムを捻じ曲げているような人たちは、物事をこのままにしておくために、なんでもしますし、なんでも言います。そのような、システムを不正に操作するような人たちは、ヒラリー・クリントンを支持しているのです。なぜなら、彼女が指揮をとり続ける限り、なにも変わらないからです。

内部の町は貧しいままでしょうし、工場も閉鎖したまま、国境は解放されたまま、特別な関心事は確固としてコントロールされ続けるのです。

ヒラリー・クリントンと彼女の友人たち、そしてグローバル経済は、アメリカが「自分たちは微々たる存在である」という恐怖心を持つように願っているのです。そして、アメリカ国民がよりよい未来のために投票できないよう脅しているのです。

しかし、みなさん。みなさんの未来はすばらしいものですよ。すばらしいのです。

彼らは彼女に大金を与えてきましたが、私のキャンペーンはそれとまったく異なるメッセージを発信してきました。私はみなさんに、今よりもずっといい生活を想像してほしいと思います。アメリカンドリームを再び信じることのできる生活です。今、みなさんにはそれができません。

(会場拍手)

もし、我々に経済と海外のポリシー崩壊を次々と経験させてきた、権力者からの独立を宣言したなら、未来がどれだけよくなるか、想像してほしいと思います。我々のイギリスの友人たちは最近、投票により、自分たちの経済、政治そして国境を取り戻しました。

(会場歓声)

ご存知でしょうが、私はあの件に関して正しい側にいました。ああなると言いましたよね。感じたんです。その間、ヒラリーはいつものように権力者たちの横に立ち、彼女とオバマ大統領とその他大勢の人たちは大いに外れた予想をしたのです。

アメリカ人にとって、今がまさに自分の未来を取り戻すときです。我々は取り戻すのです。

(会場拍手)

先人たちは現代の政治家よりも貿易を理解していた

我々は、ヒラリー・クリントンの恐れを掻き立てるキャンペーンに惑わされるか、アメリカを再び信じるかという選択をしなければなりません。

とても悲しいことに、我々が自国を信じるのをやめたときに、行く道を見失ってしまったのです。アメリカは今このプラントにいる方々、つまり世界の主要な生産者たちにより、世界の主要な経済を確立したのです。

富が生み出され、我々はそれを広く分け合うことにより、中流階級を世界最大規模にまで拡大しました。しかし、それからアメリカは、アメリカ国内で発展を拡大するというポリシーを変更し、ほかの国で発展を促進してきたのです。そうしたことがまさに起きてきました。

我々は外国に海外の物品を援助することを許し、彼らの貨幣価値を下げ、彼らの合意に違反し、想像できるすべての面でズルをしてきましたが、我々の政治家はそれに対してなにもしてきませんでした。そして、何兆ドルも、何千もの雇用も、海外に流出してしまったのです。

結果として、私は国内のいくつもの街を訪れましたが、そこでは、3分の1から半数もの生産場が過去20年以内になくなっていました。

今日、我々は自分たちが輸出するよりも約8,000億も多く物品を輸入しているのです。このようなことを続けることはできません。これはどこかの自然災害の類のことではありません。これは政治であり、政治家がこのようなひどい状況を作り出してしまったのです。とても単純で、修復可能で、しかもすばやく修復することが可能なのです。この会場の、頭を使って考えられる人たちがいればできるのです。

(会場拍手)

これはリーダーシップ格の人たちがアメリカニズムよりグローバル化を選んだことによる結果です。これは建国した先祖に対する直接の侮辱です。彼らはアメリカに強くなってほしいと願いました。自立した、自由の国であってほしいと願っていたのです。

我々の建国の基となった先祖は、我々の現代の政治家よりもずっとよく貿易について理解していました。本当ですよ。

ジョージ・ワシントンはこう言いました。「地元の製造業を促進することは、力ある政治による最初の結果となるであろう」。アレクサンダー・ハミルトンはアメリカ国内における性産業の促進主義についてよく述べていました。

そして聞いてください、初代共和党大統領、アブラハム・リンカーンの警告です。引用します。「アメリカ政府による保守的政策を放棄するなら、欲望を生み出し、自国民を崩壊させるであろう」。彼は現代の政治家よりずっとよく知っていたのです。だからこそ彼はアブラハム・リンカーンだったのでしょう。

(会場拍手)

NAFTAは貿易の歴史のなかでも最悪だ

我々の基の憲法には、所得税については述べられていませんでした。代わりに海外に対する税について強調されていたのです。地元の産業に対してではありません。それでもしかし、改革から240年たった今、我々はまったく逆のことをしているのです。

我々は自分の企業に対して税を課し、規制をかけ、制限し、海外の国々の物品を安く輸出できるようにし、税金をかけることもしていません。こんなことを許しているなんて、なんて愚かなことをしているのでしょう。なんて馬鹿げているのでしょう。

結果として、我々は今までにないほど、さらに海外に依存するようになってしまったのです。みなさま、今こそ、我々の経済独立を今一度宣言するべきなのです。

(会場歓声)

つまり、ドナルド・トランプに投票するということです。

(会場歓声)

疑いの余地なく、私はやってやります。少しの疑いもありません。そうするということはつまり、クリントンの年の2つの最悪な産物を元に戻すという意味でもあるのです。

アメリカは1997年から約3分の1近くの製造業関連の仕事を失ってきました。自国の人口が増加してきたにもかかわらずです。考えてみてください。5,000万もの人々です。

この改革の中心で、2つの協定がビルとヒラリー・クリントンにより推進されました。1つは「北米自由貿易協定」または崩壊とも言えるNAFTAです。2つ目は世界の貿易組織に中国が加わったことです。

NAFTAは貿易の歴史のなかでも最悪だと言えるでしょう。ヒラリー・クリントンはそんなあまりにもひどい協定を支持したのです。秘書としてヒラリー・クリントンがぼうっと立っている間に中国は自国の貨幣価値をだまし、我々の貿易赤字にさらに何兆ドルも追加し、我々の知的財産から何百万ドルも盗んだのです。

その間、私は中国に関して何年も意見してきました。しかし、誰も聞いてはくれませんでした。しかし、今聞いてくれているのです。

ピッツバーグという町とペンシルベニア州は、クリントンが中国をWTOに加えた時から3分の1の製造業を失ってきました。そのときアメリカ全土で5万もの工場が閉鎖しました。この工場は、オーナーのゲイヴとグロリアがすばらしい方々で、どうにか耐えてきたということです。

中国と取引した結果GDP成長率は半分に落ちた

しかし、彼らはちょうど私に大変だったと伝えてくれました。すべての世界との製造貿易の赤字のうち約半数のものは、中国と取引をしたことによる結果です。

それに、秘書であるヒラリー・クリントンが、仕事をなくすような韓国との協定に我々を巻き込んだことも原因です。5月の経済政策協会の報告によると、この協定により、韓国との貿易赤字を倍にし、10万近くものアメリカの雇用を破壊したということです。バーニー・サンダースが言ったように、ヒラリー・クリントンは事実上、この国の何百万もの仕事を犠牲にするすべての貿易協定を支持したのです。

貿易の立て直しと大きな貿易協定への協議が、この国に雇用を取り戻す近道なのです。

なぜ貿易の立て直しが雇用を促進するか、しかもたくさん生み出すことができるかを理解するには、すべての国々がどのように成長し、繁栄してきたのかを理解する必要があります。

膨大な貿易赤字は直接我々の国内製品より差し引かれてきたのです。1947から2002年から50年以上の間、我々の物価上昇は自国の生産成長率を補正し3.5パーセント延ばしました。しかし、2002年、自国の市場を中国の輸出に対して解放したあの年以降、GDP成長率は半分にまで落ちたのです。

アメリカ人にとってこれはなにを意味するのでしょうか? 悪い知らせです。我々が生産できなかったGDP成長率が1パーセント下がるたび、約1年間で、我々は同時に100万個の雇用を生産するのに失敗したことになるのです。なんという無駄でしょう。なんという悲しい状況なのでしょう。

2002年からの緩慢な成長によるアメリカの雇用赤字は優に2,000万個分にまで達しています。その数字はちょうど今この国が必要としている仕事の数です。

正当な賃金で働けるよう、アメリカを戻していくのです。賃金は非常に低くなっています。なぜならそこには競争がないからです。しかしそれは上がっていくでしょう。なぜなら我々は国として再び邁進していくからです。