「君ならどうする?」という問いが子どもたちを育てる
暗記型の日本教育を変えるために必要なこと

保護者の立場から考える! 教員の長時間労働 #2/9

2017年8月18日、教員の長時間労働を考えるフォーラム「保護者の立場から考える!教員の長時間労働」が開催されました。仕事量が多すぎるため、教員の過半数が過労死ラインを越え、メンタル不全に陥っている現在の学校教育。教育や働き方のエキスパートが集い、その知見を語りました。

日本が抱える問題は変わっていない

司会者:文部科学省「第9期中央教育審議会委員」、NPO法人スクール・アドバイス・ネットワーク理事長、生重様より『求められる力・変わる教育』でご講演いただきます。よろしくお願いします。

生重幸恵氏:(テーマの)「求められる力」というのは保護者にも求められる力ですし、子どもたちがこれから求められて身につけていく力でもある。

ここも今日いらっしゃっているみなさま方は当たり前にこの課題はわかっていただいていると思います。少子高齢化、社会格差、貧困問題、地域社会・家族の変容、産業、雇用の形態が変わりました。グローバル化の進展も。

日本が抱えている課題はここのところ、ずっと言われてきていて本当になんら進展がないですね。

データとしてはいろんなところに出ています。日本はバブルが好調。景気が良くなることが2度とない。50年前は人口がこんなにいるのに65歳以上が4割。おまけにあげくの果てに生産年齢人口はガタガタになっちゃうと。

これもずーっと言われていることで、私たち保護者はこれをもう1回再認識しなきゃいけないんですよ。私、地方にたくさんうかがっているんですが、相変わらず県庁、労銀とか、地元の国立大学出たら地元の県庁に勤めるか、せめて教師になってくれとか。「せめて」ですからね。〇〇銀行に勤めてほしいとか。

地元のところにどう入れるかっていうのが未だに意識が変わらない。これだけ時代が変わっているのにですよ。そういう意識が変わらないんだ。だから保護者を、より多くの若いお父さん・お母さんたちが「違うよね」って、子どもたちに認識させなきゃいけないねと思います。

今、私たちが暮らしている周りに(スライドを指して)これだけ人工知能が入り込んでいる時代になっている。新宿伊勢丹でなんと利き酒、ソムリエ、ファッションアイテムの提案は人口知能になっているっていうこの時代。

なにが県庁だって、つくづく地方に行くと思うんですが。でもこういう状況の中でも親の意識、親戚に対するなんとか家とかっていうものが変わっていかなきゃいけない。

正解のないものを考えなければならない

(スライドを指して)これ、実は慶應大学法学2次試験でもう行われている試験なんです。別に私が作ったわけでもなんでもなくて、インターネットで来年の入試対策って入れると出てきます。これ読んでいただいて。すごいですよね。

「ある星から地球に視察にやってきた宇宙人が次のような質問状を残していきました。『地球で1番驚いたことは、地球人が国と呼ばれる単位に分かれて暮らしていて、国ごとに異なる制度のもとで競い合っていることです。私たちの星には国という制度ばかりか、その概念すらありません。そこでお聞きしたいのですが、地球人はなぜ国という単位に分かれて暮らすことを好むのですか?』以上の質問状に書かれた問いに答えるかたちで、宇宙人への返事を400字……」。

これ40分で書きます。そのあと45分でディスカッションするんです。答え、正解なんてないんですよ! これからの子どもたち、今の我々の子どもたちに求められている力っていうのは、「1+1=2」とだけ考えるのはもう求められてないんです。

この記事は無料会員登録で続きをお読み頂けます

既に会員登録がお済みの方はログインページからログインして下さい。

登録することで、本サービスにおける利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

SNSで会員登録

Twitterで会員登録

Facebookで会員登録

メールアドレスで会員登録

パスワードは6文字以上の文字列である必要があります。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?