Airbnbに学ぶ「民泊」の仕組み

吉田幸平氏:みなさま、はじめまして。スクイーズの吉田と申します。それではトップバッターということで、私のkintone hiveをご紹介させていただきたいと思います。タイトルを見ていただいても……意味がわからないですよね(笑)。

そんなタイトルをつけてるんですけど、しっかりkintoneの活用事例のお話をさせていただきたいと思っております。私たちは、社長を安心して寝かせたい。スタートアップ企業に潜むオバケを対峙する話を、kintoneを絡めてお話させていただきたいと思っております。

その前に、私たちが会社で何をしているかというお話をさせていただきたいと思っております。私たちは創業5年目のスタートアップのベンチャー企業です。どんな業界にいるかと言うと、民泊業界にいます。

新聞とかテレビとかで最近「民泊」ってよく聞かれると思うんですけれども、「そもそも民泊って何?」っていうところを簡単にご紹介したいと思っております。

民泊は「Airbnb」という言葉と一緒によく連想されます。そもそもAirbnbを使ったことがある方ってまだまだ少数派だと思っています。民泊がそもそも何をするものか。

どうやって民泊を体験するかというと、まず家を貸したい人がいます。空いてるから貸したい人と、日本に来たい旅行客の方をマッチングする。家を貸したい人と旅行したい人をマッチングするようなサイトがAirbnbです。この世界観が民泊だと言われています。

最近なぜこの民泊という言葉を耳にするかですが、今日本の全国各地を歩いていると、海外の方がすごく多いと思うんですね。Airbnbのサイトの中で、なんと日本は東京が(世界で)一番人気のあるスポット。最近大阪に行かれるとすごく海外の方が多いと思うんですけど、なんとその大阪が3番手。ニューヨークを抜いて3番手です。そんな観光大国になりつつある日本で民泊が流行ってきています。

流行っているのには理由があって、そもそも都心部には宿泊する施設がまったく足りていません。

今日はビジネスをされている方がほとんどだと思うんですけれども、大阪に出張に行くと「ぜんぜんホテル取れません」ということもあろうかと思います。そういったものを解決するために民泊が流行ってきているというところでございます。

民泊施設の運営から、そのシステムの提供までをサポート

そこで、私たちがなぜ民泊をしているかですが、ちょっと創業の話をさせていただきます。スライドの右下にいるのが我々の代表の舘林真一です。いつも「真一」と呼んでるんですけど。

館林の実家が旭川で不動産を営んでおりまして、実家のお母さんから「真一、空き家出たんでAirbnb掲載して」って言われたんですね。

そのときに館林はシンガポールで働いていたんですけど、「シンガポールからできるかな?」みたいなことからちょっとやり始めました。民泊を営むには、簡単に言うと大きく2つポイントがあります。まずゲストのサポートですね。24時間のコールセンターと、実際に清掃しに行くこと。この2つが欠かせない。

我々はこれをどうやって解決しているかというと、ゲストの方のサポートは24時間、海外の駐在員のママさんにお願いしてサポートさせていただいています。

当時は館林のお母さんが現地に行って清掃していたんですが、今ではクラウドソーシングといったかたちで、現地の近くにいるお母さんに清掃していただいている。こんなビジネスをやっております。

我々はオーナーさんから物件をお預かりして、民泊を営む会社になっております。まだ公表していないのですが、今は全国で約何百施設もの物件をやらせてもらっているような、そんな会社でございます。

事業は大きく2つですね。民泊を営む事業と、あとはそのためのシステムですね。ITのシステムをご提供するような2つの事業をやっております。

ちょっと戻りまして、私の簡単な自己紹介をさせていただくと。34歳になりまして、ちょっと歳いったかたちでスタートアップに入ったんですけど(笑)。去年スクイーズに入社しました。

こちらが去年の写真なんですけど、この正社員だけで民泊施設を営んでいるような、そんな会社でございます。和気あいあいとしてスタートアップっぽいですよね。ベンチャーっぽいかたちで日々楽しく仕事をしております。

夜中1時にチャットを送ってくる社長に「ちゃんと寝てほしい!」

本題に入ります。私が入社したのは去年なんですけど、とにかく社長がまったく寝ないんですね。

スタートアップとかベンチャーってよく、「社長さん、ぜんぜん寝ないですよね」と聞きますし、想像もしていました。本当に寝ないんです。

本当に寝ないという事例を今日は持ってきました。私たちの日常使っているコミュニケーションツールの1つにslackがあります。

slackは画面の左側でグループを作ってもらって、その中でコメントなどのやりとりを……「おはよう」とか「受注決まったよ!」みたいなことをやりとりするようなツールでございます。ちょうど入った5月くらいに代表の館林がコメントしてるんですね。「これ、確認お願いします」と。夜中の1時です。夜中の1時なんですよ(笑)。

スタートアップだとよくある話なんですけど、私はもう34歳で子どもも2人いて、「ちょっと寝ないのはやばいよな」と思っていて。「社長、寝てるんですか?」と聞くと、社長は「ぜんぜん寝てますよ。3時間くらい」。いや、3時間!?(笑)。3時間しか寝ないんですねと。「なんか夜中になると、すごく気になって寝れないんだよね」みたいなことを言われて。

まあそっか、仕事忙しいしなと思いながら、日々の業務をこなしていたんですけど。やっぱり夜中になると寝れないっていうのはちょっとおかしいよなと思って。ひょっとしてオバケがいるのかな、みたいなことを想像し始めました(笑)。

まぁ嘘なんですけど、例えです。

当たり前なんですけど、なんかおかしいなと思い始めたのがきっかけです。そもそも付き合う側もやっぱり寝たいので(笑)。社長に寝てほしい。

社長、寝てくださいということで、kintoneを入れて業務改善をすることに至ったというのが経緯でございます。

会社に潜む、情報という名のオバケ

「よし、kintoneを使って社長を寝かすんだ!」ということで立ち上がりました。

勇者みたいなことではないんですけど、私がkintoneを使ってなにかできないかなと思ったのがきっかけでございます。

そもそも会社に潜むオバケを私の中で定義をさせていただくと、やっぱり情報ですね。「情報のオバケ」というものが会社の中に潜んでいて、それを退治しないと社長は寝れないんだろうなと思いました。

そもそもオバケ=情報とは何かというと、会社の中にある情報の定義をさせていただくなら私たちは基本、この3つかなと思っています。

向かって左側がいわゆるコミュニケーション系、「おはよう」とかホウ・レン・ソウのホウ・レンだけですね。「よろしく」とか「今日出勤しました」みたいな、そういった日々のコミュニケーションはslackとメールを使ってやりとりをします。

一番重要なのがやっぱり、真ん中にある業務フローですね。業務を司る部分のコミュニケーションというのが重要です。具体的に言うと、他部署の方に「これをやっといてね」というお願いをしたり、逆に依頼されたものがちゃんと返ってくるというような。

こういった双方向のチームでのやりとりというのが、業務フローと呼ばれるものです。我々は基本はslackを使っていたので、slackの中にGoogleスプレッドシート、これはExcelみたいなものですね。Excelみたいなものを貼り付けてやりとりをしておりました。

あとはいわゆる共有系のもの。向かって右側ですね。共有系のものもslackを使って、ファイル管理みたいな機能のGoogleドライブと呼ばれるものを使ってやりとりをしておりました。

ある程度探していく中で、「あ、ここだ」とオバケが潜んでいるところが、ある程度見えてきました。日々の「おはよう」みたいなものはぜんぜんslackでやりとりしてもらっても大丈夫なんですけど、やっぱり業務を司る部分は絶対に変えないといけない。ここにオバケがいるんだなとたどり着きました。

まずチャレンジしたのは業務の可視化

いきなりここでkintoneを入れて、結局失敗してしまいました。何をしたかと言うと、業務を可視化することです。よくみなさんも、今までのkintone hiveでもやられていたような業務の可視化を実践していきました。

向かって左側の、我々のお客さんになり得るところからお客さんになっていくプロセスにあたると。そこから、実際にホテルを運営するという、我々の既存のお客さんになっていくというところを図で表しています。矢印になっているのが関係する部署です。いわゆるコミュニケーションのラインですね。

これを図解していくと、危ないのがこの部署ごとのコミュニケーションが発生する、部署と業務が交わる部分の大量のオバケですね。先ほどの図で言うと、真ん中の緑の部分にオバケが大量にいました。

ここでkintoneをやってみました。ちょっと細かくて見づらいと思うんですけれども、一つひとつのアプリを見ていただくと、なんら大したことはないです。顧客管理をするアプリ、見積もりを依頼するアプリ、受注したあとのお客さんの管理のアプリ、あとはそこからお客さんになったあとのクレーム管理。

こんなものはkintoneのサンプルアプリでもあるようなものなんですが、重要なのは一つひとつのアプリを独立して動かすわけではなくて。ちゃんとした一連の流れ、業務の流れに沿ってアプリを作っていくことでオバケを解決していく。そういったものを我々は作っていきました。