病院の数は世界一の日本

峠健太郎氏:みなさま、こんにちは。宇治徳洲会病院の峠と申します。今日はどうぞよろしくお願いいたします。

今日の発表は「他社との連携」ということで、企業の壁を超えた連携にkintoneを適用したという事例を発表させていただきます。

突然ですが、日本に病院っていくつぐらいあるかご存じですか。実はたいへん多くて、その数8,500軒。世界で一番多くて、2位のアメリカの1.5倍です。しかもこれは、開業医さんやクリニックさんを除いた病院の数なんですね。

大阪市には178の病院がございまして、我々宇治徳洲会病院が所属しております、京都府南部に位置する山城北医療圏では、24の施設がございます。

みなさまがお住まいの地域で、周りに病院が10も20もあると思うと、多く感じていただけるのではないかなと思います。

当院は、そんな山城北医療圏のなかでも、総合病院としての規模が最も大きく、24時間365日の体制で救命救急医療に取り組んでおります。

優劣ではなく、役割によって分けられる日本の病院

「病院が多い」と申しましたけれども、その理由は役割が明確に分かれているからなんですね。

1つ目は、1分1秒を争う救命処置を行うような、高度急性期や急性期という役割を主にする病院。

2つ目が、そういった状況を脱したあとに、退院に向けてのリハビリテーションを入院でもって行っていこうかという、回復期リハビリテーションを主とする病院。

その次は、病状はたいへん安定してきたものの、それでもまだ入院しての治療が必要だという方のための、慢性期の病棟を主にした病院。

このように、優劣ではなく、役割によって分かれております。宇治徳洲会病院はそのなかで、高度急性期や急性期の病棟を主に持っております。

病院は多いと申し上げましたけれども、病床……いわゆる入院いただく際のベッドの数は少ないんですね。当院の周りの医療圏では5,000のベッドがございます。つまり、5,000名の方が入院できる基盤があるということです。山城北医療圏以外(にお住まい)の遠方の方が来てももちろん入院はできますので、当院の周りの人口等を考えても、本当に1パーセントの方しか入院できないように捉えられます。

つまり、入院と退院をうまくやりくりしていかないと、病院というのはすぐに立ち行かなくなってしまうわけなんですね。そして、この入院と退院のところをうまくやりくりしていくのが、今日のkintoneのお話のターゲットとなります、医療ソーシャルワーカーです。

深い専門知識と高いコミュニケーション能力を必要とする「医療ソーシャルワーカー」

お聞きになるのは初めてという方もたくさんいらっしゃるかもしれません。医療ソーシャルワーカーというのは、主に入院患者さんの退院を支援するお仕事をしております。そのために、病院と病院のやりとりや調整、さらには病院内の部署間の調整と、患者さんとご家族との間に立っての橋渡しなどをします。

つまり、医療・看護・介護それぞれの専門的な知識を有していなければなりませんし、それに関わってくるお金の制度についても、詳しく把握しておく必要が出てきます。つまり、覚えるべき知識がたいへん多いと。

それにもかかわらず、専門家との会話もしなければなりませんし、ご家族さん・患者さんとの会話もしなければなりません。橋渡しをしなければなりませんので、高いコミュニケーション能力が必要になってきます。

医療技術の進化とは真逆の、アナログなコミュニケーション手段

今日のターゲットはこの「転院調整」という話で、これも退院支援の業務の1つです。

患者さんが当院で救命処置を終え、一段落をしてから退院に向けたリハビリテーションをする、ないしは「病状は安定してきたものの、まだちょっと入院が必要だね」という患者さんにとっては、受ける医療の役割が変わってきます。よって、当院からまた別の病院に転院していただく必要がございます。

このとき、患者さんに「好きな病院に行ってくださいね、さようなら」なんてことはもちろんできませんので、ここで医療ソーシャルワーカーが登場します。先方の病院さんに「こういった患者さんがいます。貴院様で継続して治療をお願いしたいんですけれども、いかがでしょうか?」という相談をするわけなんですね。これが転院調整です。

その流れとして、いままでは電話・FAX・郵便の3つのツールを使っていたんですね。

「医療なので、個人情報の取り扱いはすごく難しい」と言うと言い訳は簡単なんですけれども、ロボット手術や遠隔治療など、医療の技術はすごく進化してきています。しかし、ITに目を向けた場合、セキュリティの技術はたいへん進化しているなかで、電子メールすらまったく使われてこなかったというのが現状なんです。

医療ソーシャルワーカー同士のコミュニケーションミス

どういったプロセスになるかだけ簡単に紹介させていただきます。まず、相手の病院のソーシャルワーカーをつかまえて「こんな患者さんがいるんですけど、ご検討いただけないでしょうか?」という話をして、その電話をもって「そのあとで詳細な情報はまたFAXで送ります」というわけなんですね。

次に、「この患者さんの検査もしていますので、レントゲンのFAXを送ります」と言っても、レントゲンって黒色ですからFAXしたら真っ黒になってしまいますよね。まったく読めません。なので、データをCD-Rに入れて郵送するんですね。全員が全員郵送するというわけでもないですけれども、先方からしたら、その郵送が届いてからやっと検討が始まるわけなんです。時間がかかりますね。

その最初のアプローチでお受け入れが決まってしまえば、もちろんそれでいいんですけれども、先方にももちろん都合がございます。ベッドが空いていないなんてこともありますから、そういったときは、また2軒目の病院さんに最初から電話・FAX・郵便します。それで決まらなければ、3軒目の病院さんに電話・FAX・郵便。この繰り返しなんですね。たいへん非効率です。

つまり、時間がかかる。そして、FAXの誤送信、電話の言い漏れ・聞き漏れなどもございますし、コミュニケーションミスも十分に起こり得る。

さらに、医療ソーシャルワーカーさんをつかまえなければなりませんが、もともと面談や電話でのカンファレンス・打ち合わせが非常に多い仕事なので、なかなかつかまらないんですね。それは、宇治徳洲会病院も同じです。なので、すれ違いが非常に起こりやすい。

ぜんぜん会えないまま、巡り会えないまま夕方定時が過ぎてしまった。定時が過ぎたらもう電話はつながりませんので、「相談が今日はできなかった。じゃあ、もう明日にしようか。でも明日、私は休みだ」なんてことが起こってしまうわけなんですね。これまた時間がかかると。

担当者のメモや、頭の中にしか残らない情報もたくさん出てきますので、交渉の履歴がうまく残らない。申し送りがしづらい状況になるんですね。