100万分の1のレアな人材になるには? 藤原和博氏が教える、自分の付加価値を上げる三角形

藤原和博氏、トライセクター・リーダーを語る #1/6

金野索一氏による日経ビジネス・カンパネラ連載『トライセクター・リーダーの時代』との連動企画として、リクルートで数々の新規事業を手がけ、2016年4月からは奈良市立一条高校の校長に就任された藤原和博氏をゲストに招いたトークイベント「藤原和博氏、トライセクター・リーダーを語る」が開催されました。本パートでは藤原氏が100万分の1の存在になるための「三角形クレジット理論」について解説します。自分の付加価値を上げ、希少性の高い人材になるにはどうすればよいのでしょうか?

トライセクター・リーダーとは何か?

金野索一氏(以下、金野):みなさんこんばんは。今日は4回目なんですけれども、日経ビジネス・カンパネラ『トライセクター・リーダーの時代』という連載をやっておりまして、今、日本で3つのセクターを超えて活躍されているトライセクター・リーダーの方と対談をして、日経の方に連載をさせていただいています。

その一環で、2人だけで対談するのはもったいないということで、みなさんに公開して、その中身をシェアして日本の社会にトライセクター・リーダーが増えるよう、そういうムーブメントを起こしていこうということで、この企画をやらせていただいています。

今日はみなさんご存知だと思うんですけれども、リクルートで数々の新規事業を立ち上げ、ご活躍をされ、そのあと杉並区の和田中の校長先生をやられて、「よのなか科」という科目を作ったり、SAPIXと組んだり、まさにパブリックセクター。

公立の中学の校長先生をやられ、その後も文科省や大阪府とコラボしたりして、まさにトライセクターのお仕事をされている。

4月からは奈良の公立高校の校長先生をやられるということで、ご活躍中の藤原和博さんをお招きしました。みなさん拍手でお願いします。

(会場拍手)

最初に「藤原さんの話は聞きたいけど、トライセクター・リーダーってなんですか?」という人がいると思うので簡単に説明をしたいと思います。

世の中には3つのセクターがあって、ビジネス、企業のセクター。公務員とか政治家の人のパブリックセクター、税金でやってる組織。それ以外にNPO、非営利セクター。協会とか病院とか学校も一部そういうところに入りますけれども。

そういう3つのセクターがあって、そのどれにでも通用するリーダー、リーダーシップのことをトライセクター・リーダーと言います。

もとはビジネスマンだったけども政治家になりましたとか、あるいはずっとビジネスマンでも、他のセクターのノウハウとか人脈とか視点を取り入れてビジネスとか経営をやってますとか、そういう人のことを言うんですけども。

なぜ今、トライセクター・リーダーが必要なのか?

「なぜ今、トライセクター・リーダーなの?」という話なんですが、理由ははっきりしていまして、少子高齢化という誰も逃れられない世の中の流れがあります。少子高齢化って、中国だろうがアメリカだろうが日本だろうが、民主党だろうが自民党だろうが、どんな政策をとっても、みんなだいたい、社会が発展してくると少子高齢化になってますよね。

そうすると、このパブリックセクターです。国とか自治体の税収が下がるということで、要は働き手が少なくなり、シニアの人が多くなる。そうすると税金で支えなきゃいけない人が増えるということは、パブリックセクターのところの収入、税収が減って、出が同じだったら必ず赤字になるわけですよ。

要は、なんでもかんでも「お上とか、役所とか、国がやってくれるんじゃないの?」という社会はもう終わりつつある。こうやってシニアが多い社会になった時に、なんでもかんでも税金で、政治議員の人に任せるということができない社会になってきた。

ということは、企業とか、NPOとか、自治体・国だけじゃない組織もいろいろ社会的なことを担っていかないと世の中が成り立たないという時代になってきたので、こういうセクターを超えていろいろ仕事ができる人が必要になってきた。

そんなこと言われなくても、それを何十年も前から実行している人が日本にもいて。すごいわかりやすいので簡単に紹介しますけれども、江副浩正さんという方。藤原先生のいた会社、リクルートを作った人です。

転職とか失業のサポートは、何十年も前は今のハローワークである公共職業安定所、職安と呼ばれるところが職業を斡旋していたり、失業者をサポートしていたりしたわけです。税金でやってるサービスなので、あんまりサービスもよくないし、失業者は暗いイメージで、後ろ向きな感じだったわけです。

けれども、江副さんみたいな人が出てきて『とらばーゆ』『B-ing』のような、仕事・ジョブの情報を紹介して、世の中に繋いでいくということが生まれた。雇いたい側と働きたい人をつないでいく、それを民間のビジネスにした。

そういう意味で、まさにセクターを超えて、今までのビジネスの領域のことだけでビジネスをやってたわけじゃなくて、このセクター全体で考えることで、まったく新しいビジネスを作り出していったんですよね。

クロネコヤマトを作った小倉(昌男)さんも、昔は配達は全部郵便局だったところに民間のビジネスを打ち出した。あるいは石川治江さん、この人は「ケアセンターやわらぎ」というNPOを東京都の小金井市でやっていた方ですけど。

まさに老人介護というテーマで、日本で初めて「ケアマネージャー」という、1人のシニアの方の健康状態とか、生活の状況とかいろいろなことを考えて総合的にケアプランを作るという仕組みを作った。

それが2000年の介護保険を導入するときに、国の仕組みとして、いちNPOが作り上げたケアマネージャーシステムを国家のシステムとして導入したんです。

この話で言うと、シニアの介護という問題ですが、税金のセクターもNPOのセクターもビジネスもありますけど、セクターを超えて社会の問題に取り組んでいくことが、今や普通になってきているわけです。

トライセクターという考え方は聞いたことないなと思われますけど、でも実はもう今日本の社会はそういう社会に突入していて、セクターを超えて、いろんな組織や個人が力を合わせて、社会の課題に取り組んでいる。

しかしこういう考え方がない、こういう時代の進展がまだないうちからこういう発想で仕事をしてきた人がたくさんいて、それで銀座にビルがひとつ立つぐらいのビッグビジネスが作られているんです。

そういう意味では、藤原さんがちょうどタイミングよく本も出されて、「三角形クレジット理論」という、トライセクター・リーダーになるための、まさにぴったりなノウハウ・考え方を去年の12月に書かれているんです。

この話も含めて、今やこの発想で3つのセクターを超えてかなえられる社会のニーズは何か、ということでやっていくと、キャリアディベロップメントにつながる、そういう時代になっているということを理解いただいて、今日のお話を始めさせていただければと思います。

ということで、続いて藤原さんの今までやってきた現在までのお話をお願いします。

堀江貴文氏の勧めでプレゼンを書籍化

藤原和博氏(以下、藤原):はい。みなさん、あらためましてこんにちは。「教育界のさだまさし」と呼ばれている、藤原です。

(会場笑)

今日は30分で2つの話をしてみたいんですが。いま金野さんの方から、非常に社会的な観点からのお話がありました、こういう背景があるんだということです。

僕はどちらかというと、それを個人に引き戻して、人生論として、みなさんの人生としてどっちが豊かかっていう観点で考えてもらえばいいかなと思うので、これからの仕事の仕方、ビジネスライフ、それから人生の中盤・後半をもっと豊かにするためにはということで、2つの視点を提供しようと思います。

1つ目の視点は金野さんからもご紹介がありましたように、本当にごく最近ですが『藤原先生、これからの働き方について教えてください。』っていう本を書きました。

藤原先生、これからの働き方について教えてください。 100万人に1人の存在になる21世紀の働き方 (DISCOVER21世紀の学校)

これは実は、私が大前研一さんに頼まれてBBTで語ったものを、ホリエモンさんの会員制のイベントでプレゼンしたらものすごくウケて、ホリエモンさんが「これ、すごいいいから、絶対本にすべきだ」と言うんで、本にしたという経緯です。

あとから復習したければこちらの本を読んでみてください。本を買いたくない場合は、だいたい今、書店に平積みされてますよ。それを裏返していただくと、帯の後ろにこの本に書いてあるポイントが完璧にサマリーしてありますので、それを写メールしていただければ復習できるのではないかと(笑)。

もう1つは、人生の中盤・後半を豊かにするためにも、3つの軸ぐらい必要という話。トライセクターの世の中かどうかは別として。それは『坂の上の坂』という、3年半前に出て12万部のベストセラーになった本から来ているんですが、復習は『坂の上の坂』という本でしていただければと思います。

(ふ1-1)坂の上の坂: 30代から始めておきたい55のこと (ポプラ文庫 日本文学)

リクルートに入社したきっかけは、学生時代のアルバイト

まずこのボードからいきますね。「3つの軸を作って、クレジット(信任)の三角形を作ろう」という話です。私のキャリアを思い浮かべながら話してみたいんですが、まず20代でわけもわからずリクルートという会社に入りました。

私の同級生は、経産相に5人入りましたし、興銀に2人とか3人とか。富士銀行に入ったやつと興銀に入ったやつと一勧に入ったやつが全員後で一緒になっちゃったりとかね、そういうこともあったんですが。金融とか商社とか、そういうところにわりとみんな行くような感じでした。

クラス50人、経済学部と法学部がいたんですが、親が中小企業の社長だった2人でさえもそういう大きいところへ行きましたので、結局50人のうち、たった1人しか中小企業に行かなかったんです。

僕は3年生の時に単位取り終わっちゃって、4年生で留学したかったんで、お金を貯めるのにいちばん稼げるバイト先はどこかって探したらリクルートだった。

当時、スーツを着てネクタイ締めて、営業のアシスタントです。原稿を企業の人事部に持って行って校正するっていうバイトがありました。1日1万円だったんですよ。それで30日働けば30万円、それでヨーロッパ行けるな、みたいな。

1万時間使えば100人に1人の人にはなれる

バイトが高じてリクルートに入っちゃったわけですけれども、結果的にリクルートで20代に何の訓練をしたかというと、営業を徹底的にやりましたから、「営業とプレゼン」これをおそらく1万時間はやったと思います。最初の5年ぐらいでそれぐらいの訓練をしました。

僕の本にも書いてあるんですけれども、何であれ、だいたい1万時間の訓練をしますとマスターします。そうすると普通の人と比べて100人に1人の人にはなれる。

先に結論を言ってしまいますが、100人に1人という技を3つ掛け算しますと、100分の1×100分の1×100分の1=100万分の1になれるわけです。これで「100万分の1の希少性を獲得した」ということになるわけです。100万分の1の希少性というのは、だいたいオリンピックのメダリスト級です。

ノーベル賞は、出現確率を計算しますとだいたい1000万分の1です。というわけで、オリンピックのメダリスト級の100万分の1のレアさ、希少性であれば、ここにいらっしゃるみなさんがまじめにやると絶対できるんですよ。

ただ、たった1つの分野で勝負して100万分の1人になろうとすると、99万9999人に勝たなきゃなりませんので、これはけっこう勝負としては不利、もしくは途中で屍になる確率が高いわけです。リスクが非常に高い。でも、3分野で100分の1というなら、なれる。100分の1なら、1万時間かければ絶対になれます。

だいたい1万時間というのはこういう感じです。1日3時間ずつやれば、365日で1000時間です。それを10年ですよね。1日6時間できるんだったら5年でできるわけですよ。

この記事は無料会員登録で続きをお読み頂けます

既に会員登録がお済みの方はログインページからログインして下さい。

登録することで、本サービスにおける利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

SNSで会員登録

Twitterで会員登録

Facebookで会員登録

メールアドレスで会員登録

パスワードは6文字以上の文字列である必要があります。

トライセクター・リーダー 公開トークシリーズ

トライセクター・リーダー 公開トークシリーズに関するログをまとめています。コミュニティをフォローすることで、トライセクター・リーダー 公開トークシリーズに関する新着ログが公開された際に、通知を受け取ることができます。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?