デジタルハリウッド大学がドローンに取り組む理由

高橋伸太郎氏(以下、高橋):デジタルハリウッド大学ではちょうど昨年ごろからドローンの有効活用に関する研究プロジェクトを始めようという話がありました。その時に今後のドローンの可能性であるとか、未来に関する話を中心にしていたんですけれど、1つ懸念点としてあったのは、ドローンを使って何か大規模な事故であるとか、事件が起きてしまったときに、ドローンに対する非常にネガティブな論調が強くなることが起きるのではないか、ということでした。

その前にできるだけ安全教育の取り組みであるとか、有事形成を取得する機関がいるんじゃないかとか、問題意識を持って取り組んできました。

そして残念なことに今年の4月に首相官邸の事件が起きて以降、世論のほうでドローンに対してネガティブな論調があることや、規制を求める声は強くなっています。もちろん安全運行のためにはルールを作っていくことが大事です。

その一方で教育機関として重要だと認識しているのがポジティブな事例を作っていくこと。言い換えるとドローンの安全運行に関してしっかり人材育成をしていくこととか、企業との連携などを深めていくことが重要ではないのかと意識しています。

そしてデジタルハリウッド大学では今年の5月から、日本UAS産業振興協議会(JUIDA)に公共会員として入会登録させていただきました。そして今年の秋から、ドローンに関する専門的なスクールを始めていく予定です。

今日のシンポジウムにおきましては最初に鈴木先生から基調講演、続いてデジタルハリウッド大学杉山学長からデジタルハリウッド大学におけるドローン教育の取り組み、そして民間分野における事例についてのオリエンテーション、最後に会場を交えた質疑応答パネルディスカッションというので進めていきたいと思います。それでは今日これから90分間よろしくお願いいたします。

(会場拍手)

高橋:最初に基調講演のスピーカーとして鈴木先生のご紹介をしたいと思います。では鈴木先生壇上にお願いいたします。鈴木先生は東京大学の教授で授業においては無人機を、日本の無人航空機産業においては中心的な役割をずっと果たして来てこられた方です。

今日は無人航空機産業の未来像、航空産業的な未来に関するお話を中心に基調講演をお願いしたいと考えております。それではマイクをお渡しします。

「ドローン」という名前はどこから来たのか

鈴木真二氏:高橋さんありがとうございました。解説ありがとうございます。只今紹介いただきました東京大学の鈴木でございます。今日は日本産業UAS振興協議会、私たちはJUIDAといいますけれども、ここの理事長という立場でお話をさせていただこうと思います。

こういう素晴らしい会場でお話をさせていただくということで、ちょっと緊張しております。今日は無人航空機のドローンと呼ばれているものですが、これについての未来像ということ、現状どうかっていうところを中心にお話をさせていただこうと思います。

まずは歴史ですが、ドローンと呼ばれているものは、実はここにありますようにターゲットドローン、軍事的に使われたもので、いわゆる標的機です。飛んでいるものを銃で撃ち落とす練習をしないといけないのですが、実際の飛行機を撃ち落とすわけにはいかないので、これに無人機を使ったのが最初のドローンという名前がついた物のそもそもの由来になります。

このドローンですが、これはアメリカで1990年代に作られたいわゆる模型飛行機、ラジコン機です。こうしたものが最初に作られたのは1935年イギリスのデハリランドのモスキートという、これは練習機なんですけど、人が乗る複葉機で練習のために使える機体だったんです。

これをラジコンで遠隔操作して、ターゲットドローンとして使ったのが最初の起こりで、名前をQueen Bee、いわゆる女王蜂という名前が付けられていたわけです。

これを見たアメリカの高官の方が、アメリカでもこれを使おうということで、この模型飛行機を使い出したんですけれども、その時の名前がイギリスではQueen Beeいわゆる女王蜂でしたので、アメリカで使うときはこの名前に敬意を払って、雄蜂にしようということでドローンという名前がついたといういわれがございます。

ドローンというのは雄蜂のことを意味するわけですが、飛んでいるブーンという音が、今日ありますけれども、こういうマルチコプターの音に似ているということで非常になじみのある名前になってきております。

大女優とドローンの意外なつながり

このドローンなんですが最初は軍用に使われていたんです。第二次世界大戦中に非常にたくさん作られまして、ちょっと次に写真がございますが、この右の写真はこの女性どなたかわかりますでしょうか? マリリン・モンローです。

マリリン・モンローは実はターゲットドローンを作っている工場で、プロペラを取り付ける作業員として働いていたわけなんですが、この工場自体はここに写ってますハリウッド俳優の方が、趣味でこの無人機を飛ばすために自分で店を開いて工場も作っていた。そういった無人機の工場があったんです。

そこでマリリン・モンローが働いていまして、ちょうど第二次世界大戦中でしたので、陸軍の広報カメラマンが広報誌に写真を撮るために工場内の写真を撮って、その1枚がハリウッドに渡り、彼女は女優としてデビューするきっかけとなった。

ドローンとハリウッド女優のマリリン・モンローと意外なところでつながっています。この写真、ウィキペディアでマリリン・モンローって検索していただきますと写真が載っておりますので見ていただくこともできます。

その標的機なんですが第二次世界大戦が終わった後もこれはずっと使われておりまして、実は現在でも我が国の自衛隊もこういったものを使っております。

日本は民生用無人機が一番使われる国だった

ずっと使っているんですけれども、それ以外の役割という意味では、意外に進歩が遅かったんですが、80年代になって大きな変化がありまして、1つはイスラエルで開発されたこの機体です。大きさはいわゆるラジコンの模型飛行機と同じくらいなんですが、カメラを搭載して偵察機として使うということが大きい理由になってきました。

それから日本においてこの無人航空機は非常に先進的に使われておりまして、ヤマハの開発した農薬散布ヘリは農場で農薬を撒く、稲に農薬を撒くのが多いんですが、1980年代から開発が進み、現在では農薬散布、通常は飛行機とかヘリコプターとか使われる場合が多いんですけれども、日本では農地が狭いので、この無人のラジコンヘリが活躍しています。

実はこういった軍事目的でない民生用の無人機が最も使われているのは、日本であるという現状がかなり長く続いておりました。今は今日ありますような、空撮用のドローンがたくさん出ておりますので、ちょっと状況が変わってきております。

かつて日本は、無人航空機では一番非軍事目的で活用している国だったわけです。そして1990年代になりますと、違う写真になりますが、これはやはり軍用機ですがプレデターと呼ばれる非常に有名な偵察用の軍用機で、この90年代になりますと衛星通信を使った画像のデジタル送信も可能になりましたので、非常に鮮明な画像が遠くまで送れることで、この偵察機としての無人機の役割が確立された機体でございます。

また同じような機体で、これはオーストラリアで開発されたでエアロゾンデという機体です。これは軍事目的では無い民生用の機体です。オーストラリアは非常に海岸線が長くて海も広いということで、こういった海域の調査をするための機体として開発されております。

2000年代、これは非常に大きな無人機でグローバルホークと呼ばれているものです。この名前を聞いたことがあるかもしれませんが、ジェットエンジンを搭載していまして、旅客機と同じくらいの大きさですので、太平洋を無着陸で飛ぶこともできる偵察機となっています。

ドローン普及のきっかけ

このように無人機は非常に長い歴史を持っているわけなんですが、昨今のドローンの広がりは実はちょっと違うんです。今までのような飛行機やヘリコプターのようなタイプではなくて、ここに飾ってあるような4つのプロペラの回転数をコントロールすることによって、自由に機体を操る機体なんです。

それが普及したのはフランスのパロット社、今ではドローンメーカーとして有名です。パロット社がAR Droneというおもちゃを2010年に発売したことがきっかけになって、その後、中国製の機体も安いものが出てきまして、市場にあふれているというような状況になっております。

ドローンがどうやって飛ぶかは、航空力学の話になってきますので、今日はあまり詳しいことはやる必要はないと思いますが、4つのプロペラの回転数をうまくコントロールすることによって、左右前後それから向きも変えられる、上下にも移動できるという自由な動きをさせることができます。

こういったメカニズム自体は、非常に前から知られており、このドローン自体に特許性はなかったのですが、これを電動モーターで回転させて小型軽量のバッテリーを搭載させることで、非常に手軽に使えるようになったのが昨今のドローンの特徴になります。

自由に三次元空間を移動させるためには4つの自由度をコントロールする必要があり、最小限4つのプロペラをうまく配置すればいいということになりますが、6つとか8つとかプロペラを持っているものもございます。