職人の世界の仕事を選んだ女性

ナレーション:残暑が残る埼玉・川口。

三好佑果氏(以下、三好):おはようございます。

スタッフ:おはようございます。今日はよろしくお願いします。

ナレーション:さわやかな印象のこちらの女性は、三好佑果さん。24歳。今年社会人となった彼女の職業、それは日本独自の美しい庭園を手がける庭師。

豊富な植物の知識と熟練の技術により庭全体を1つの芸術作品として作り上げる、まさに職人の仕事。彼女が庭師の仕事を始めたのは半年前。そこに待ち受けていたものとは?

安藤潔氏(以下、安藤):もっとよ、手はこうだよ。こうじゃないよ。遅い。もっと早く丁寧に。さっさとやんだよ!

ナレーション:仕事に対し妥協を許さない職人の世界。さらに現場には自然相手ならではの脅威も。

三好:この間初めて(虫に)刺されました。あることです。あるある。屋外の庭作業なので、熱さとか虫とか蜂など、外的なつらさはあります。高所の作業とか怪我の危険性もあるので気をつけてやらなければいけない。

ナレーション:現場には常に危険がつきまとい、熟練の技術が求められる。なぜ彼女は厳しい職人の世界の世界に飛び込んだのか?

三好:お寺のお庭とかにとても興味があったので、庭師になりたいという気持ちにもつながったんだと思います。

ナレーション:庭師として働く過程には、彼女の中である強い決意があった。

三好:大学に入って1年で放棄して中退してしまって。今まで自分が全部中途半端で投げ出してきたので、ここで踏み出さないとまた変わらないので。

ナレーション:自身の過去と向き合いながら働く。彼女の仕事に対する思いとは!?

この番組は「働くって“だから”おもしろい!」をテーマに、全世代に向け、転職や学生たちの就活など、働き方のおもしろさとその魅力を伝える番組です。

女性が少ない庭師という仕事

友近氏(以下、友近):こんばんは。友近です。

原田修佑氏(以下、原田):テレビ東京アナウンサー、原田です。

そして、これまで企業や求職者のサポートを続けながら、就活や転職などをテーマに国内外で年間200回以上の講演を行ってきた仕事のエキスパート、佐藤裕さんです。よろしくお願いします。

佐藤裕氏(以下、佐藤):よろしくお願いします。

原田:さて、今回は女性の庭師ということですけれども、いかがですか?

友近:そうですね、庭師になりたいという人は周りにはいないんですけど、でもやっぱりかなり危険なお仕事ですよね。あんなに高い。

佐藤:あんなところもやるんですね。

友近:そう。誰も下を支えてないでしょ。かっこいいですよね。「庭師してます」っていうのね。

原田:裕さん、庭師はいかがですか?

佐藤:そもそも職人になろうとする女性が少ないから華やかに見えるという時代なので、まだまだこれからという中で、かつ、庭師というところ。都市化とか洋風庭園なんて言われているなかで「どうしてそこに?」というのも興味ありますよね。

友近:ねえ。

厳しい職人の世界

ナレーション:彼女が勤めるのは造園会社安行庭苑。主に個人宅の庭園づくり、さらに家の外回り空間まで、トータル的な設計・施工を手がけている会社。

三好:おはようございます。

安藤:はい。おはようございます。

ナレーション:こちらの男性は社長の安藤さん。現役の庭師で、三好さんにとっての師匠にあたる。社員の中でも三好さんは一番の若手。

スタッフ:今日の仕事ってなにが入ってるんですか?

三好:今日は剪定工事です。

ナレーション:剪定工事とは、植木の形をきれいに整える作業。この日は社長と植木職人、三好さんの3人体制。打ち合わせでしっかりと作業内容を共有します。

三好:社長がいつもこうやって行く前の道具リストを書いてくれて。

ナレーション:道具の用意、車の積み込みは、新人の三好さんが率先して行います。

スタッフ:ああ、そうやって縛り付けるわけですね。

三好:やっと慣れてきました。

ナレーション:20分後、積み込みが完了。ところが……。

安藤:おーい。よう。ゆるいよコレ! ゆるいゆるい。ほら。もう1回縛り直しだよ。

三好:はい。

ナレーション:準備作業から厳しい指導が。新人とはいえ、職人の世界は甘くはない。再度ひもをきつく結び直し、ようやく現場に出発。

――目指すキッカケ

三好:もともと神社巡り、お寺のお庭とかにとても興味があったので、そこが今の庭師になりたいという気持ちにもつながったんだと思います。

ナレーション:移動することおよそ30分。この日の現場は以前から取引のあるお客様のお庭。このあと、さらに厳しい職人の世界が。

枯れ葉1つ取るのも難しい

ナレーション:庭師歴6ヶ月の三好さん。道具の積み下ろしを終えると、社長から作業の指示が飛ぶ。

安藤:ずーっとこの草むしって。

三好:はい。

ナレーション:新人の三好さんの最初の仕事は庭の草刈り。

スタッフ:仕事始めるまでは、こういった草むしりとかって?

三好:実家も生えるんですけど、自分でやったことなかったです。わりと大変な作業だなって。けっこう地道な。

ナレーション:この日の気温は31度。

スタッフ:夏でもこの制服なんですか?

三好:夏でもこれなんです。虫とかに刺されたり、枝葉とかで肌を傷つけたり怪我をしたりするので、夏でも長袖です。

スタッフ:なるほど。汗だくになりますよね。

三好:なります。

ナレーション:草刈りを始めて30分後、続いて指示された作業は、松の枯れた枝葉の剪定作業。

安藤:ここの間に手を入れていく。それで葉っぱをこういうふうに取っていく。ね。

三好:はい。

安藤:そうすると、幹に沿うようなかたちで自然と葉っぱが取れる。無駄が少ない。また木も傷めない。その過程でこういうふうに枯れ枝が出てきたら鋏で切る。

ナレーション:三好さんにとって初めて経験する作業。しかし、次々と厳しい指導が飛び交う。

安藤:違う、こっち。逆だよ。こうだよ。小指入れろよ。もっとよ、手、こうだよ。こうじゃないよ。こう。そうそう。もっと早く丁寧に。さっさとやんだよ。

三好:枯れ葉1つ取るのも難しくて。自分のやっていることが合っているかわからない。技術や経験が本当に必要だと思います。

蜂に刺されるのも“あるある”

ナレーション:作業開始から1時間30分。枯れ葉の目立った作業前と比べ、作業後は、一目瞭然、生き生きとした表情に生まれ変わった。

12時を回り、お昼の休憩。日差しを避け、軒先を借りて昼食をとります。

スタッフ:なにしてるんですか?

三好:日焼け止め塗ってます。最強のやつです。

安藤:大事(笑)。

ナレーション:厳しい職人の世界で働く彼女ですが、休憩中に見せる素顔は普通の女性そのもの。しかし、いざ仕事に取りかかれば、一気に真剣な表情に。

休憩後の作業は、裏手の庭で剪定されていた落ち枝の収集。一度に集める枝の重さはおよそ15キロ。

三好:どんどん男らしくなってきます。

――仕事で大変なことは?

三好:屋外の庭作業なので、暑さや虫、蜂など外的なつらさはあります。

ナレーション:実は三好さん、以前作業中に蜂に襲われた経験があると言います。

三好:この間初めて刺されました。あることですね。あるある。

ナレーション:そしてこの日も、職人さんが蜂に襲われた。

職人:変な太さになってきてます。これでちょっと冷やしといて。

安藤:うん。冷やしてね。

安藤:おお、すげえ。

ナレーション:作業の妨げとなるため蜂の巣を駆除。

ナレーション:害虫駆除も庭師の仕事の1つ。

スタッフ:どうですか?

安藤:今年は多いです。

ナレーション:自然の脅威に晒され、体力的にもハードな庭師の仕事。なぜそんな厳しい職人の世界に飛び込んだのか? そこには過去の自分と向き合うある強い決意があった。

三好:簡単に考えてしまっていたところもあって。自分の将来とか進学とか。

ナレーション:進路が決まらないまま高校を卒業した三好さんは、自分探しのため1年間、語学留学へ。

三好:もう少しいようかなと思って悩んでいたんですけど、たぶんいてもずっと一緒なので、進歩もないので、1回戻ってきてもうちょっとじっくり考え直したほうがいいのかなと思って。

ナレーション:その後、依然、将来の目標が定まらぬまま、漠然とした思いで大学に進学。しかし……。

三好:そこでもやっぱり中途半端で1年で投げ出してしまったんです。

ナレーション:そんななか、趣味で庭を見ることが好きだった三好さんはガーデニングの専門学校に入学。そして飛び込んだ庭師の世界。

三好:今まで自分がもう全部中途半端で投げ出してきたので、ここで踏み出さないとまた変わらないので、もう思い切ってやってみようって。

ナレーション:中途半端だった過去の自分と決別する。そんな強い意志が彼女を庭師として働く決意へと導き、一人前を目指す努力の源となっている。