サイバーエージェントで働いていた漫画家が社内で体験した、キラキラした“てっぺん”の世界

りょかち × 設楽悠介「U-25が思うインターネットカルチャー」『インカメ越しのネット世界』刊行記念 #5/8

IT企業で働く傍ら「自撮り女子」として人気のりょかち氏が、初の著書『インカメ越しのネット世界』を刊行しました。これを記念して、トークイベントを開催。最新のネットカルチャーについて、りょかち氏が独自の視点で語りました。本パートでは特別ゲストとして出演した漫画家の矢島光氏がかつて勤務していたサイバーエージェントでの体験を語りました。

漫画家・矢島光がスペシャルゲスト

設楽:スペシャルゲストの矢島光さんを。

(会場拍手)

矢島光氏(以下、矢島):こんばんはー! よろしくお願いします。

設楽:簡単に一言なにか。

矢島:矢島光と申します。漫画家です。サイバーエージェントに務めてました。今は辞めて漫画描いてます。よろしくお願いします。

(会場拍手)

設楽:矢島さんといえば、やっぱりあれですね。

りょかち:『彼女のいる彼氏』。

設楽:おもしろかったです。

矢島:サイバーエージェントが舞台の漫画です。

(会場笑)

りょかち:言っちゃっていいんですね!?

矢島:ああ、もう藤田社長にもお会いしたし。

設楽:「サイダーエイジジャパン」(笑)。

矢島:今すぐネットで、Amazonでポチってください(笑)。

彼女のいる彼氏 1巻 (バンチコミックス)

りょかち:めっちゃおもしろいです。

設楽:めちゃくちゃおもしろいですよね。

矢島:ありがとうございます。

設楽:共感します? この作品同じIT企業みたいな雰囲気がすごい出てるじゃないですか。

りょかち:めちゃくちゃします。

設楽:幻冬舎とはぜんぜん雰囲気違うんですけど(笑)。

(会場笑)

りょかち:よく間違われるんですけど、私サイバーエージェント出身じゃないんですよ。この場を借りて言うと。

でも近いところにいるんでわかるんですけど、この漫画IT企業あるあるがたくさん詰まってます。でもITのなかでも、やっぱりサイバーエージェントさんって文化がすこし特殊ですよね。

矢島:前のめりー! みたいなね。

りょかち:そうですね! そういうイメージがあると思うんですけど、でもそれでもすごい共感するところがありました。

矢島:ああ、良かったです。

りょかち:なんかやっぱ、プロデューサーってうちの会社ではディレクターって呼ばれるんですけど、あんな感じで、エンジニアやデザイナーの間で奮闘する役だし。

エンジニアはやっぱりすごい強力な味方だし、デザイナーいい意味でこだわりがある感じだし。めっちゃわかりました、あるあるだと思います。

設楽:おもしろいですよね。空気感がやばい。しかもこれ、他社さんですけど新潮社さんのWebで連載してたんで全部4色なんですよね、漫画も。

まずWebから生まれてるんで、紙にする時も4色にして、みたいな感じで。

矢島:お金がかかってます。原価高め。

(会場笑)

漫画家とIT企業勤務を両立

設楽:原価が高いですよね。

で、ちょっと今日矢島さんにもゲストで来ていただいたのが、今お話あったサイバーさんに務められてて、今はもう漫画家に専業になってますけど、辞められるまではちょうど3年ぐらいですか?

勤められてて、ジャンルは違いますけど、りょかちさんみたいな感じで、どっちが副業ってわけじゃないんですけど、2つの仕事をやってたわけじゃないですか。そのあたりをちょっといろいろ聞いてみたいなと思っています。

他のインタビューで読んだんですけども、まず採用で受かった時に、編集担当に「サイバー入れ」って言われたんですよね?

矢島:言われました。「もうサイバーエージェントなんて入れる漫画家いないから、5年くらい務めて、てっぺん見てこい」って講談社の優秀な編集さんに言われました。

設楽:でもこの作品読むと、絶対入った方が良かったと思いました。

矢島:入って良かったです。なんか人生で漫画の題材にしたいくらい語りたいことってそんなに多くない。でもその中の1つにサイバーエージェントで過ごした3年弱はすごく楽しかったし、キラキラ、一生自分の中で輝いてる時間だったなって思うから、それをかたちにできて良かったなと思います。

設楽:サイバーエージェントでどんなお仕事をされてたんですか? 当時。

矢島:フロントエンジニアをやっていました。まさに、黒い画面にカタカタ打つド・エンジニアさんと、デザイナーさんの間に立つような両方わかる感じの立場でやってました。

設楽:その頃からもう働きながら漫画描かれてた?

矢島:描いてました。掲載に向けて描いてたんですけど全部ボツって。もうなんかネームじゃなくて原稿にしたのにボツったりとかしてて、もう本当そりゃあ折れるよって。

設楽:(笑)。

りょかち:相当ハードですよね。

矢島:ハードでしたけど、若かったのでできました。なのでりょかちちゃんも。

りょかち:そうなんですよ、矢島さんのタイムスケジュールを他のインタビューで見て、まだまだやれるなぁって思いました。

設楽:まだまだやれる?

りょかち:まだまだ頑張れる、って思って。だって、けっこう遅いじゃないですか、IT業界の働き方って。そっから帰って深夜に描く感じですか?

矢島:そうです。で6時に起きて9時まで描いて、10時に出社。

設楽:えぇーっ! 朝描くんですね。

矢島:朝も描いてました。なんか、ベッドの正面にデスクを配置しといて、起きてガバって。

(一同笑)

設楽:やばいっすね(笑)。

矢島:それで6時から描けた。

りょかち:起きて0秒で描けますからね。こういう話を聞いてるとやっぱがんばらなきゃなって思いますよね……。

設楽:(笑)。

副業している上での苦悩

矢島:頑張ってますよ。

りょかち:いやいやいやいや。持ち込みとかもされてる感じですもんね、漫画家さんだったら。

矢島:しました。いろんなとこ行って……楽しくって、持ち込みって。編集部ごとに色があるので。「ここはすごい体育会系だ」とか、「ここはおじさんが夢見がちだー」みたいな(笑)。

(一同笑)

設楽:それも仕事しながら行ってたんですか?

矢島:そうです。頑張れば8時ぐらいに仕事終わって、そのあと編集さんとかだと夜遅くまでいらっしゃるので、「9時になっちゃうんですけどいいですか?」って行ったりとか。

あと休みの……あ、休みの日は行ってないか。たまたま有給取れた日とかに持ち込み行ったり、私が覚えているのが、『彼女がいる彼氏』の新潮社さんに初めて行った時は、12月24日の夜8時に行った。

りょかち:みんながケーキを食べている頃。

矢島:そう! その時に担当してくださった、女性なんですけど、もう疲れ果てた姿で「こんばんはー!」って出てきて、「編集大変だなー!」って思った記憶があります(笑)。

りょかち:たいへんそう……。

設楽:なるほど。でもそこで連載が決まってっていう感じですか?

矢島:そうですね。おもしろがってくれて。「えーサイバーなのー!?」とか言って。「じゃあもうネーム持ってきなー!」とか。

設楽:クリスマスイブだしみたいな(笑)。ちなみに逆に聞くと、漫画を描いてることとか、そういう副業していることでいろいろ言われたりはしなかったですか? まわりの、ちょっと遠い人たちも含めて、社内の人たちから。

矢島:いや、あんまり。早くそっちにいけるといいねみたいな。でもだからこそ自分は心苦しくて、会社一本でやったらもっと成果出せるのに、そっちも100パー、コミットしてるつもりだけど、他から見たら手抜いて見えるんじゃないかっていうのでずーっと葛藤があって辛かった。

それはよく覚えてます。辛かったなーと。

設楽:もちろん面と向かって「ちゃんと仕事100パーセントしろよ」とは言わないけど、思われてるんじゃないかという感覚はやっぱりあるっていうことですよね。

矢島:そうですね、ありました。でも辞めてから聞いたら、「いや、両方ちゃんと頑張ってるのはわかったから別になんとも思わなかったけど」って言ってはくれてるけど! みたいな(笑)。

(一同笑)

矢島:だからやっぱなんか副業はどうなんだろうな、って思います。割り切れる気持ちがあればできるものなんだろうなと思います。

設楽:なるほどな。りょかちさんはどうですか? 今副業ですけど、思いっきり。

りょかち:いやぁ、そうですね、まさに同じ感じでしたね、1年目とか。自分は本当に、新卒1年目から書いてるわけですね。

副業とか言われるんですけど、なにも言われなくても裏で「あいつ手抜いてんじゃね?」って言われてるんじゃないかっていう意識もあるし、なんだかんだ「別にディレクターの仕事はパパっとやっちゃえばいいんじゃない? りょかちの仕事もあるし」みたいなことを冗談でも言われると、過剰に気になってしまう。

設楽:向こうはそんな重たく言ってなくても。

サイバーエージェントの個性的な社員たち

りょかち:なってましたね。でもなんか、自分は幸いディレクターで企画を考える仕事をしているので、人を巻き込むことが大事だったり、あとは若い人の意見を吸い上げることが大事だったりするので、ゆるやかに繋がってるんですよね、仕事の内容とこっちが。

それで他の人には出せない強みがある気はします。本当にディレクターって矢島さんの漫画の中でもそうなんですけど、ルミちゃんとか徳永さんもそうなんですけど、それぞれがすごいキャラクターが強くて。

それぞれの強みで人を巻き込んでいくみたいな職種だったりするんで、自分はそうやって外に出てプチ有名人であることが強み、人を巻き込む理由になってるんで、今は前向きにやれている気はします。

設楽:そうですよね。サイバーさんもそういう方多いですもんね。

矢島:多いですね。あとそういう人の方が、巻き込みが上手ですよね。自分のキャラを立てている人の方が。

ぶりっこのキャラを立ててる子は、1対1でランチとかすると普通なんですけど、ぶりっこのキャラを社内的に使っている子は、「(ぶりっこ声で)お願いしますぅ」とか(笑)。

(一同笑)

矢島:「すいません、明日までにお願いします(クッキーをデスクにちょこっと置く)」みたいな(笑)。そうすると「あぁわかったよー」みたいになるじゃないですか。

もう平和だなって思います。

りょかち:そういうあるあるが載ってるのもすごい良いなぁと思って。そうなんですよ、かわいい人は戦略的にかわいいんですよ、ディレクターの人ってやっぱり。

そういう人間力を使って企画を推進していくっていうのを社会人2年目として読むと沁みますね。

矢島:エンジニアの人とかとランチしてると「あの子に頼まれるとやっちゃうよねぇ」って(笑)。

(一同笑)

りょかち:ちょっとさっき話してたんですけど、本当に私サイバーエージェントの人が大好きで、前向きだしパワフルだし、みんなそれぞれキャラが立っていて。

私はサイバーエージェントの中でもビジネスサイドの人に会うことが多いんですけど、そういうパワーで人を巻き込んでいけるみたいな、そういう人がけっこう多くて、それが漫画のキャラクターの魅力にすごい繋がってるなとすごい思ってて。

それぞれのキャラクターがすごく人間味があって、キュートであることはサイバーエージェントの人たちがすごく魅力的であるから成り立っているというか、より増幅される部分もあるんじゃないかなって思ってます。

矢島:ありがとうございます。

矢島原作マンガの魅力

りょかち:登場人物の人たち本当大好きです。すみません、語っちゃいましたけど。ルミちゃんが大好きなんです。

矢島:ルミちゃん良いですねー。ルミちゃんは実在して。

りょかち:なんと!

設楽:あ、モデルいるんですね。

矢島:いますいます。ずーっと私が漫画描いてるのも知ってて、「(モノマネしながら)矢島は本当偉いよ~」って。

(一同笑)

矢島:なんか悪意のあるモノマネになっちゃったけど(笑)。でもそんな感じで、千吉でうどんを 食べながら言ってくれるんですよ。

「でも私ルミちゃんみたいにかっこいい彼氏いないよ~」とか言うと、「矢島はなにかを成し遂げた時に隣に誰かいるってー!」って言ってくれて……!

なんだろうな、キラキラ女子なんですけど、なんか私のような者を「大丈夫!」って言ってくれる。

普通ルミちゃんみたいなキラキラ女子を見ると、彼氏もいていいよね、みたいな感じになっちゃうけど、「矢島は矢島だから今やりたいことをやればいいんだよー!」みたいに言ってくれて、マジで良いキラキラ女子、っていうので描くしかないと思って描いたのがルミちゃんです。

(一同笑)

矢島:ルミちゃん気になる方は買ってください(笑)。

設楽:comicoでも読めます。サイバーエージェントで働きたくなりますよね。

矢島:もう、ぜひ。

りょかち:オフィスまでそっくりですもんね。

矢島:オフィスそのまま描いてます。

設楽:そうなんですね。

りょかち:私も一応行ったことがあって、インターンとかで。「見たことあるー」って思って。「この椅子とか見たことあるー」って。

矢島:蜂の巣構造の……みたいな。

設楽:僕の勝手なイメージなんですけど、それこそサイバーさんって矢島さんみたいな漫画描いてる人もいれば、けっこうブログやってたりTwitterやってたりする人ってすごい多かったりしますよね。

矢島:モデルちゃんとかいますし。

設楽:けっこう普通でした? 同期の中でSNSで外に発信、要は会社以外のことで発信してる人ってけっこういたんですか? 当時。

矢島:あ、入社当時はそんな目立たなかったんですけど、今になってInstagramのフォロワー6万人の友達とか、めっちゃかわいいんですけど、いますよ。インフルエンサーになっている。

設楽:その子は辞めてたりします?

矢島:いや、働いてて。

設楽:逆に会社はそこらへんに寛大っていう感じなんですか?

矢島:寛大だと思います。そのインフルエンサーの友達もすっごいかわいくて良い子なんですけど、「(モノマネしながら)んん~、光ちゃんの漫画買ったよぉっ!」って言って(笑)。

(一同笑)

矢島:ちょっと悪意があるんですけど(笑)。「光ちゃんの漫画うれし過ぎて、書店で光ちゃんの漫画を全部平積みにしたんだよー!」とか言って。

(一同笑)

設楽:めっちゃ良い子じゃん(笑)。

矢島:そういう子がいる会社ですね(笑)。

(一同笑)

りょかち:本当に最高! 良いキラキラがたくさん出てきますよね。

インカメ越しのネット世界 (幻冬舎plus+)

Occurred on , Published at

幻冬舎

幻冬舎に関する記事をまとめています。コミュニティをフォローすることで、幻冬舎に関する新着記事が公開された際に、通知を受け取ることができます。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?