“政調会長”ってどんな仕事?
茂木敏充氏が野党時代と現在の違いを語る

「おしえて先生!初回拡大1時間スペシャル」 ゲスト:茂木敏充政務調査会長 #1/5

自民党ネットメディア局次長の宮崎正久氏、今井絵理子氏がMCを務める自民党のトーク番組CafeStaの新コーナー「おしえて先生!」。初回は、5年前にCafestaを作った茂木敏充政務調査会長をゲストに迎えました。

初回ゲストは茂木敏充政務調査会長

宮﨑政久氏(以下、宮﨑):みなさん、こんにちは。

今井絵理子氏(以下、今井):みなさん、こんにちは。

宮﨑:今日から始まりました、火曜CafeSta。

今井:せーの!

宮﨑・今井:「おしえて先生!」。

宮﨑:というかたちではじまったわけでございます。

今井:自己紹介をしましょう。

宮﨑:はい! ネットメディア局次長 宮﨑政久。沖縄でございます。よろしくお願いいたします。

(会場拍手)

今井:今井絵理子です。よろしくお願いいたします。沖縄出身です。

(会場拍手)

宮﨑:私たち2人でこのCafeSta、新番組編成になりました。こういったかたちで沖縄チャンネルと出ていますけども、沖縄ということよりも、もう全部自民党の政策発信もしていくぞ、いろんなこともやっていくぞと。

今井:あとは、わかりやすく政治をみなさんに関心を持っていただけるような番組にしたいなって。

宮﨑:なるほど、そうですね。それゆえ、この番組のタイトルが……。

宮﨑・今井:「おしえて先生!」。

宮﨑:ということで、先生に来ていただいていろんなことを教えていただこうというわけでございます。今日、第1回ですから。

今井:第1回ですね。ちょっとやっぱり沖縄じゃないですか。

宮﨑:そうだね、ゆるゆるだね。

今井:ゆる~くいきますか?

宮﨑:いや、今日はあまりゆるくいけないですよ。

今井:そうなんですよね、ちょっとビッグゲストなんですよね。

宮﨑:ビッグゲストですから。初回ですからやはり自民党CafeStaの威信をかけて、政策発信をして、教えていただくということになれば、まずこの人から聞かないことには自民党の政策ということはわからないわけですよ。ということで、本日のゲスト、初回拡大版のスペシャルゲストでございます。ご紹介お願いします。

今井:はい、茂木敏充政務調査会長です!

(会場拍手)

5年前にCafestaを作った茂木氏

宮﨑:改めてご紹介を申し上げます。自由民主党政務調査会長・茂木敏充衆議院議員です。よろしくお願いいたします。

茂木敏充氏(以下、茂木):こんにちは、よろしくお願いいたします。

今井:よろしくお願いします。

茂木:いい天気ですね。日差しが良くて沖縄みたいな感じですけれど。みなさん、これ沖縄からの中継じゃないから。

宮﨑:違います。

茂木:自民党本部の1階のCafeSta。実はここ、5年前に私が作ったんですよ。

宮﨑:ですね。

茂木:広報本部長時代に、たった100万円の予算で作ったんですよ。

今井:ここを? へえ。

茂木:野党時代でしたのでお金がなかったということで、自ら発信していこうというので作ったのがこのスタジオです。

宮﨑:やっぱり野党の時代に、メディアがなかなか取り上げなくなった、そういうところで自民党のいいものをどんどん発信していこうということが最初だったんですか。

茂木:そうですね。その気持ちは変わっていませんので、しっかりここから発信していきたいと思っています。

宮﨑:これはカフェの1階なんですよね。自民党本部の1階にあるカフェのちょうど入り口のところを、これは何坪くらいですかね。

今井:3畳くらいですかね。

茂木:奥にカフェがありますから、誰でも来られます。

今井:一般の方も入れるんですか。いいですね、今度じゃあみなさんぜひ。

茂木:ぜひお越しください。

開始5分でタイトルが変更に

今井:それでは、ちょっと茂木会長のプロフィールを。

宮﨑:はい、ご紹介お願いいたします!

今井:栃木県足利市生まれということで、平成5年初当選。連続当選は8回! 外務副大臣や国務大臣、沖縄・北方、科学技術、IT担当、そして金融・行革担当大臣を歴任したあと、野党時代に政務調査会長、広報本部長を務め、党を支えてきました。

そして第二次安倍政権では、経済産業大臣に就任。そして2014年から選挙対策委員長、また本年8月より政務調査会長に再び就任しました。

(会場拍手)

茂木:ありがとうございます。

今井:よろしくお願いします。

茂木:今日が1回目のゲスト?

今井:そうなんです。

茂木:ありがとうございます。

宮﨑:今日は初回特番です。

茂木:1回目で、特番なのに申し訳ないんですけど、これやっぱりね、私、タイトル変えたほうがいいと思うよ。

今井:いや先生ちょっと待ってください!(笑)。

茂氏:やっぱり、「先生」ってよくないですよ。

宮﨑:なるほど。

今井:じゃあなにがいいですかね?

茂木:僕だったら、あだ名が「モテギン」ですから、『おしえてモテギン!』とかね。

今井:なるほど。

茂木:毎回あだ名ってわけにいかないから『おしえて自民党!』とかにして、「おしえて沖縄! 今日のゲスト誰々です」とかね。

今井:いいですね。

茂木:「おしえて年金! 今日は塩崎功労大臣にお越しいただきました」とか「渡嘉敷功労部会長に年金の問題やってもらいます」とか。「先生」っていうのはなんか上から目線じゃないですか。

今井:そうですね。じゃあ変えます! 変えましょう!

宮﨑:なんと、第1回目開始5分にしてタイトルが変更になりました!

今井:はい、変えまーす!

宮﨑:「おしえて自民党!」にします。政調会長よろしいですか? せーの!

全員:「おしえて自民党!」

政務調査会長の仕事

宮﨑:政調会長どうですか? 2回目のご就任じゃないですか。これ1回目と2回目とで違いみたいなのはあるんですか?

茂木:1回目のときは野党でしたから。与党になり、ちょうど来年度の予算編成、それから税制改正をやってるんですけど、より責任が重くなってきます。野党ですと、我々の場合、きちんと対応を示しましたけどあくまで対案というかたちで、まとめる責任、国を動かしていく責任というのは圧倒的に大きいと思っています。

今井:質問なんですけど。政務調査会長というのは、どんなお仕事をされているのかというのをわかりやすく教えていただけたらなと。

茂木:国の政策全体について、それは外交安全保障から経済の問題もあります。さらには、復興の問題、地域の防災の問題、そして社会保障の問題、さらには教育の問題。あらゆる分野の政策について担当するということですから、すべての政策については、まあ政調が責任を持ってまとめていくと、こういう立場で、けっこう忙しいんです。

今井:責任も、重いというか。(そういう)立場ですよね。

茂木:これまで2年間、選対(選挙対策)委員長をやったんですけど、選挙の仕事っていうのは学校で言ってみると毎日体育なんですよ。

宮﨑:なるほど。

茂木:校庭に出てどっかで競技やってるんですね。宜野湾で競技やったり、北海道の奥でやったり、大運動会ということで参議院でやったり、校庭に出て競技をしている、体を動かしている感じがなんですけど、政調会長になると今度は教室に入って全科目、英数国理科社会、さらには美術史とか保健体育、好き嫌い関係なくやらなくちゃならない。

今井:全部を!? 大変ですね。

宮﨑:なるほど。雨の日も風の日も雪の日も外で体育をしていた選対委員長から、全部机の上に座って次から次へと、要は政策が雨あられのように降ってくる、これをどんどんさばいて自由民主党として出していく、これが政務調査会長ですかね。

茂木:そうだね。ときどき沖縄行ったりもしますけどね、この間はごくろうさん(笑)。

宮﨑:ありがとうございます。この間(沖縄に)来ていただきまして、もうすっかり地元のみなさんの生の声も聞いていただいて。これ、政調会長が、例えば野嵩三区という普天間飛行場のすぐ近くの宜野湾市の、本当に古いまだ立て壁もできていないものですから、僕ら「ぼろい公民館」って愛着込めて言うんですけどね。

もうぼろい古い公民館に来ていただいて、地域のおじいちゃんからおばあちゃんからみんな集まってもらって、政調会長と直に言葉を交わしてもらった。今でもやっぱり地元歩くとあの日のことをよく言われます。

茂木:ありがとうございます。いいボールペンですね。

今井:これ、ファンの子からいただいたんです。

茂木:盗ろうと思っていないから大丈夫ですよ(笑)。

Published at

CafeSta

CafeStaに関するログをまとめています。コミュニティをフォローすることで、CafeStaに関する新着ログが公開された際に、通知を受け取ることができます。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?