赤を見ると成績が下がる その理由は?

まず無料枠の1つ目、「教師の業、赤ペンで採点すると生徒の成績が下がるという事実」ということですが、みなさん、これは教師だけじゃなくて、自分が採点するときもなるべく赤は使わないほうがいいです。というより、むしろ頭を使う作業をするときは、赤を視界から消してください。

なぜかっていうと、これはエリオットとニエスタという人の研究なんですけど、テストの用紙を配るんですね。問題の冊子を配ったときに、冊子の表紙が赤いものとグリーンのものとグレーのものを出すんですね。それで簡単な数列の問題とかを解いてもらうんです。

そうすると、赤い表紙を配ったグループだけが有意に成績が低かったんですよ。

これはあらゆるもので成り立つんです。例えば、受験番号を書く欄を赤くするだけでも、その人は成績が下がっちゃうんですよ。

なぜかっていうと、赤というのは物事を避けさせる、無意識に危険を伝えて避けさせる。人間を消極的にする効果があるってことがわかってるんですね。だから、赤ペンを使ったり赤いものが目に入ったりするだけで、頭を使う作業をするときには悪影響があるってことがわかっているんです。

これは、例えば、ペンでもそうだし、ペンケースとかも、なるべく試験のときとかは、赤はやめたほうがいいと思います。思考力を落としてしまうので、アイデアを出すときも、やめたほうがいいってことがわかっています。

なので、ぜひ、受験生のみなさんは受験会場に赤ペンを持って行かないことをおすすめします。赤いものはなるべく視界から消してあげてください。ほかの色は大して変わらないです。ただ、心を落ち着かせたいんだったら、青い色とか緑の色とかがすごくおすすめです。なるべく赤は避けてください。

もう赤ペンは使わないほうがいいと思います。僕も基本的に赤ペン使わないようになりました、この研究を見てからは。ですから、赤を使わないようにするだけで、ある程度成績が上がると。

(ニコニコ動画のコメント)「前の席の人が赤い服着てたらアウトだな」それはやばいですね、それは危ないですね(笑)。だから「赤チャート」(数学の参考書)はダメですね。赤チャートの表紙は、もう捨ててください。

勝ちたいときは赤を着ろ

(ニコニコ動画のコメント)「背中だけ赤い服着る」それはいいやり方ですね。実際にうまくいくときというのがあって、うまくいくときは、肉体的なものなんです。人と戦うときはうまくいきます。今、言ったんですけど、視界にあまり入らなければいいので、自分が赤い服を着てる。僕、今赤い服を着てますけど、僕が赤い服を着てるのは問題ないんですよ。

この記事は無料会員登録で続きをお読み頂けます

既に会員登録がお済みの方はログインページからログインして下さい。

登録することで、本サービスにおける利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

SNSで会員登録

メールアドレスで会員登録

パスワードは6文字以上の文字列である必要があります。