「何度も復習で記憶に定着」は間違いだった! あなたの知らない勉強の新常識

短時間で最高の成果を手に入れるための「科学的勉強法」 #3/4

復習を繰り返しても成績はアップしない!?  今回、ニコニコ生放送の人気番組メンタリストDaiGoの「心理分析してみた!」内にて、DaiGo氏が紹介したのは、何度も何度も復習を繰り返すことで記憶に定着するという一般的な勉強の常識をくつがえす実験の結果。練習問題を繰り返すことで一時的に記憶されたとしても、その効果は3週間でなくなってしまうんだそう。勉強の効果を最大にするためには、回数ではなく、「間の取り方が大事」だとDaiGo氏は力説します。

たくさん復習しても効果はすぐ消える

DaiGo氏:続いて、「練習問題を4倍やっても、テストのスコアは変わらないという悲劇」ということですけれど、問題をたくさんやったからとか、何回も何回も復習することによって、いわゆる成績が上がるとか、定着率が上がるんじゃないかって話があるんですけれど………実は、復習って回数じゃないんですよ、というのが、わかっています。

これは後ほど説明するんですけど、集中学習と分散学習という2つの学習方法があって。このいわゆる問題をたくさんやるというのは、集中学習って方法なんですね。

これ、悲しいお話なんですけれど、1回なにかを勉強して覚えました、と。覚えたら、練習問題をやって定着させますよね。この練習問題を解く回数を、普通に練習問題を1回解いた人たちと、その場でその人たちの4倍解いた人たちを比べるんですね。

比べるとどうなるかというと、1週間後テストをすると、たしかに4倍解いた人は成績がいいんですね。ところが、3週間経つと、その4倍解いた効果が消えてなくなるんです。

つまり、練習問題を1回しか解かなかった人も、4倍、つまり4回解いた人たちも、3週間経ったらスコアはほとんど変わらないんです。これは有料枠になったら、会員限定になったときにもっと詳しく話しますけど、勉強で大事なのは間なんです。

この記事は無料会員登録で続きをお読み頂けます

既に会員登録がお済みの方はログインページからログインして下さい。

登録することで、本サービスにおける利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

SNSで会員登録

Twitterで会員登録

Facebookで会員登録

メールアドレスで会員登録

パスワードは6文字以上の文字列である必要があります。

メンタリストDaiGoの「心理分析してみた!」

メンタリストDaiGoさんの心理テクニックをもっと知りたい方は、ニコニコ動画もチェック!

恋愛からビジネスまで日常生活に役立つ心理テクニックを配信中!

・公式チャンネル

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?