【プレゼン】小学生でも遺伝子組み換えができる時代に?
DNA増幅器「NinjaPCR」【書き起こし】

Launch Pad #5/12

IVS 2013 Fall
に開催
DNA増幅器「NinjaPCR」の価格は今までの10分の1以下、しかもオープンソースとして公開されています。「誰でも遺伝子組み換えができる時代を」「若い人たちにこれを使って新しい産業を起こしてほしい」と唱える久川氏。世界のバイオ教育を革新する可能性を予感させるハードウェア「NinjaPCR」のプレゼンです。IVS Launch Padより。

株式会社鳥人間、久川と申します。よろしくお願いします。

大学のころ、人力飛行機を鳥人間コンテストで作っていたので、(社名に)付けたのですが、ウェブやアプリの開発会社として6年前に起業しました。

社員は私と奥さんの2人だけ。あとは猫が1匹います。私たちのサービスは30万人以上の方に使われているのですが、飛行機作ると、キーボード叩いて終わりじゃ満足できないんです。

私の家はこのような感じになっています。いわゆるスマホ連携ガジェットというものが、プロトタイプから量産までできる環境がそろっています。

このぐらい小さな部品も、はんだ付けできるので、

スマホ向けのリアル集客サービスを作ったりしているのですが、似たような話は今日たくさん出てきたので、一番イロモノのプロジェクトをご紹介したいと思います。

DNA増幅器をつくりました。なぜ作ったか。それを説明させてください。

遺伝子を採取するのは簡単です。綿棒で口の中をちょっとこすります、そうすれば細胞の2、3は取れるんです。染色体、DNAを染め上げることも可能なんです。左のもやっとしたのがDNA。でも小さすぎてこんなもの見えない。結果が見えないのであれば、DNAの実験など、何をやっても無駄です。

なので、DNAの実験はこのようなプロセスを必ず踏みます。さっき採取したDNAのコピーを、クローンを何万倍も作ってその全部を着色し、重さごとにふるいにかけます。そうすると、しましまになる。

6番に線があるから男ですね、8番が薄いから酒に弱いですね、おふたりのしましまは似てるから親子ですね、みたいなことをやっているわけですが、

このコピー機がすごく高かったです。私もみなさんも、DNAの実験などほとんどやったことがないと思いますが、それはこれに尽きる、と言っていい。

私がここに来たのは、これを10分の1以下の価格で作り、しかもオープンソースハードウェアとして、全部ばらまいちゃったからなんです。

じゃあ、何ができるようになるの? 遺伝子実験だけじゃない? 小学生でも遺伝子組み換えができてしまう。

それまずいんじゃないの? 怖いよね、みたいな話になりますが、知っていますか? 

輸入作物の半分以上が遺伝子組み換えなんです。

糖尿病やマラリアの特効薬なんて、大腸菌に人間の遺伝子を組み込んで生産している。工場みたいにしているんです。

iPS細胞というのも、体皮の細胞などの一部を組み換え、初期化フラグをあげて作るんです。

私はこれの善悪を言っているのではないのです。こういうのが一般化して陳腐化しないと、科学はいつまでも感情を超えられない。それが私にゆだねられた。プログラマーなのに。じゃあ、やるしかないでしょ、ということでこれを作りました。

デモにいきます。

この上のふたが開くようになっていまして、

このプラスティックチューブに、先ほどの少量のサンプルと2種類の酵素、あとDNAの材料を入れてガチャン。

電源とUSBがこちらに周るので、PCに繋げば完了です。

私たちのアプリは、Chromeブラウザが動くすべてのOSで起動します。

クロームアップというものです。

それで起動したあと、何が起きるか?

さっきのチューブの中に1本だけDNAがあったとします。二重らせんがね。まず下のヒーターでがーっと温めます。

この緑の線がDNAの温度だと思ってください。

95度くらいになったときに何が起きるか?

DNAがふわーっと2本の片割れに分かれます。

ではそれを少し下げます。最初の酵素ががんばる温度に下げます。

すると、そいつが取り付きます。

もう1種類の酵素ががんばるように、ちょっと上げます。

そうすると反対側を作ってくれます。

温度を上げ、下げ、ちょっと上げる。これを1サイクルと呼びますけれども、1本のDNAが2本になる。

もう1サイクルで4本になる。

そのまま30サイクルで、理論上は10億本のコピーが作られる。これがこの機械の仕組みです。

このくらいありますと、実際にこういう白い、もやっとしたものの中には、断片が入っているわけです。

これを開発パートナーさんと一緒に、国内販売を開始しています。ただマーケットに上限があるので、海外にも売らなければならない。海外の担当は私です。2人で何ができるの? という話なのですが、

もう売ってきました。マレーシアの科学技術館に売れたのは、その開発パートナーさんの営業力のおかげなのですが、帰りにちょっと寄りました。

どこにかというと、ハッカースペースという、オープンハードウェアを推進する仲間たちが、いろんな拠点をつくっています。そこをぐるっと周って帰ってきたら、生産や海外販売の拠点を、来年中国の深圳に作る目途が立ちました。

私、物理の理学部出身なんです。ITですらないのです。でも、オープンソースやオープンハード、

つまりネット上の誰かから真摯に学べば

これくらいのものは作れるんです。教育もない、組織もない、お金もない、日本だからとか、世の中がクソだから、とかそういうことは、作らない理由には全くならないのです。

これ自身もオープンにしています。誰が作ってもいい。だから私以外の誰かが、形を変えて使い続けて

彼らのような若い人たちが、新しい産業をこれで起こしてくれると確信しています。それはいつなの? 遺伝子の歴史はネットより長いですからね。人類が滅亡するか、遺伝子が要らなくなるときまでこの機械は作り続けられ、そのなかに私の思いは生き続ける。なので、私はかなり満足しています。たとえ今日死んでも笑って死ねるくらいです。生きるというのはそういうことではないでしょうか? そういうものを作って残すというのが、やることの喜びではないでしょうか。

インターネットもまた、人類文明のDNA。何を引き継いで何を作っても自由ですが、ルールを守ってルールを変えていく。そして大きなものを残していきましょう!

Occurred on , Published at

このログの連載記事

1 【プレゼン】3日坊主を卒業! 世界の街をサイクリングできるフィットネスツール「Virtual Cycling」【書き起こし】 2 “積ん読”をなくせ! 毎月20冊の良書を要約&配信してくれる「flier(フライヤー)」 3 【プレゼン】「こんなの読めるか!」難解過ぎる画像文字セキュリティを解決する「Capy CAPTCHA」【書き起こし】 4 【プレゼン】YouTubeの危険動画から子どもを守る! タブレットを安心・安全に使える「こどもモード」【書き起こし】
5 【プレゼン】小学生でも遺伝子組み換えができる時代に? DNA増幅器「NinjaPCR」【書き起こし】
6 【プレゼン】街角でのハンティングはもう不要! 美容師とカットモデルのマッチングアプリ「hairmo」【書き起こし】 7 【プレゼン】外部のデザイナーが改善案をくれる! 人手がなくても簡単にA/Bテストができる「planBCD」 8 【プレゼン】スマホ動画をエントリーシート代わりに! 顔の見えない就活を変える「レクミー」 9 【プレゼン】ユーザーの動きを動画で完全再現! コンバージョンを劇的に上げるサイト解析ツール「USERDIVE」 10 【プレゼン】単身赴任のパパに朗報! キャラクターを通して離れた子供とつながれる「ワンダーポート」 11 【プレゼン】言葉はもう要らない! 離れた恋人の心を光で繋ぐ"鳥型"スマホアクセサリー「vinclu」 12 【プレゼン】平均プレイ時間30分! ゲーム感覚とソーシャルで"続けられる学習"を実現するドリコムのラーニングアプリ

スピーカー

関連タグ

人気ログ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!

苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?