【プレゼン】街角でのハンティングはもう不要!
美容師とカットモデルのマッチングアプリ「hairmo」【書き起こし】

Launch Pad #6/12

IVS 2013 Fall
に開催

日々カットモデルを求めて街角でハンティングを続ける美容師。しかしその成功率はたった1割だとか。美容師アシスタントとカットモデルになりたい人のマッチングアプリ「hairmo」は、ある3つの工夫によってその成功率を大幅に上げ、美容業界からの支持を集めています。既存の類似アプリとの違いとは?

みなさん、おはようございます。hairmoです。よろしくお願いします。

みなさん「モデハン」って聞いたことありますか? 

モデルハンティングの略なんですけれども、街で、見習い美容師がカットモデルを探すために声をかけているんです。

このモデハン、どれくらい行われているかというと、全国6万人の美容師、週に2回。1回に10人に声をかけたとすると6000万回も行われているんです。どれだけ成功しているかというと、全然うまくいかないんです。

美容師の子に聞いても、成功確率は大体10%くらい。つまり90%、5400万回くらいが失敗に終わっているんです。この失敗を我々は何とかしたいと思っています。hairmoのビジネスモデルは簡単です。

カットモデルを探している見習い美容師と、お手軽に髪を切りたいカットモデル。これをマッチングして、マッチングのときに双方から500円ずついただく。こういうビジネスモデルです。

実は、カットモデルのマッチングサービスはうちが初めてではないのです。すでに競合さんはあります。

あるんですが、重要なのは、どのサービスさんもまだ成功されてないんです。何が問題なのか、どうすればうまくいくのか、われわれ掘り下げました。

問題のひとつめ、見習い美容師の信頼度が低いこと。やはり自分の髪を切ってもらうわけですから、特に女性、髪の毛大切にしていますよね? 相手がよくわからない、信用できない人には切ってもらえない、ということがあると思います。

これは実際に、他者サービスさんに登録されている利用者さんのプロフィール画像なんですけれども、自分の写真を使わずに、動物だったりアニメだったり。適当な画像を使っている人が非常に多いです。みなさんこれ見て「カットお願いしたいな」と思わないと思うのです。

画像だけならまだいいんですけれども、たとえば美容師じゃないのに美容師を語ったりだとか、ここでナンパしたりとか、そういう問題も起きています。hairmoはこれをどう解決するのか?

hairmoは日本で初、そして唯一の美容室公認サービスです。美容室からきちんと公認をいただいているので、所属している見習い美容師の方の身元確認を、きちんと行っています。

確認が取れた方にはこのような形でオフィシャルマークをつけることによって、安心してご利用いただけます。

どうやって公認を取っているのか聞かれるのですが、hairmoに出資していただいている株式会社セイファートという会社が、全国で10000店舗を超える美容室のネットワークを持っています。その営業力と信用をいかして、初の公認化サービスをやっています。

問題点の2つめ。予約に非常に手間がかかっていました。他者サービスさん、こう、掲示板形式なんですね。

「こんな髪型を希望しています。こんな色できますか? いつ空いてますか?」。これをやり取りするのに、成立までに時間と手間がかかっていました。haimoはこれをどう解決するのか? デモをご覧ください。

左側がカットモデルで、右側が美容師です。まずカットモデルが美容師を探します。

たとえばエリアで絞ったりとか、美容師の性別、アシスタント歴も見られます。希望の美容師が見つかったら、詳細をチェックします。

所属している美容院の画像、過去のスタイルブックなど、見ることができます。

いいなと思えれば、ここにもうカレンダーがあるので、日時を指定して予約を申し込みます。これで申込が完了しました。

そうすると今度は、美容師側にプッシュ通知が届きます。

これを見て、カットモデルの容姿など詳細をチェック。いいなと思えばOKする。

最後、支払いをしていただくのに、この情報がカットモデルのほうにまたプッシュで届きます。

最終確認をして、問題がなければ支払いをする。

とにかく、いわゆるこういったツール系、便利系サービスは、「目的に最短距離でいかに届くか」が重要なKSFだと思っています。そういうところを非常にこだわってUIで作っています。

これまで信用がなかなかできなかった、非常に手間がかかっていた。ユーザーさんがなかなか集まっていませんでした。

他者サービスさんの公開されているデータに基づいて、大体今の規模、会員数です。今1000人から3000人くらいです。

hairmoはオープンして4か月で、5000人の会員様に使っていただいております。

ただ数が多いだけではなく、カット成立後に満足度を5段階で評価していただいています。平均で4.7点を超える、非常に高い満足をいただいております。

これまでお陰様で、テレビ、雑誌、新聞、ウェブメディアなど多数ご掲載いただいております。

最後になりますが、hairmoというサービスを通じて美容師さん、美容室経営者さんとお話させていただきました。

出てきた業界の課題として一番よく上がるのが、とにかく美容師さん、離職率が高い。特に若手美容師の方、辞める理由はいくつかありますが、大きな理由のひとつが、今回ご説明したモデハンが大変で辞めてしまうのです。というわけで今回、経営者の方から非常にご支援いただいています。

その期待に応えるためにも、ひとりでも多くの方に美容師になるという夢を叶えてもらいたい。またその夢の一部になれるようなサービスを目指しています。hairmoでした。ありがとうございました。

Occurred on , Published at

このログの連載記事

1 【プレゼン】3日坊主を卒業! 世界の街をサイクリングできるフィットネスツール「Virtual Cycling」【書き起こし】 2 “積ん読”をなくせ! 毎月20冊の良書を要約&配信してくれる「flier(フライヤー)」 3 【プレゼン】「こんなの読めるか!」難解過ぎる画像文字セキュリティを解決する「Capy CAPTCHA」【書き起こし】 4 【プレゼン】YouTubeの危険動画から子どもを守る! タブレットを安心・安全に使える「こどもモード」【書き起こし】 5 【プレゼン】小学生でも遺伝子組み換えができる時代に? DNA増幅器「NinjaPCR」【書き起こし】
6 【プレゼン】街角でのハンティングはもう不要! 美容師とカットモデルのマッチングアプリ「hairmo」【書き起こし】
7 【プレゼン】外部のデザイナーが改善案をくれる! 人手がなくても簡単にA/Bテストができる「planBCD」 8 【プレゼン】スマホ動画をエントリーシート代わりに! 顔の見えない就活を変える「レクミー」 9 【プレゼン】ユーザーの動きを動画で完全再現! コンバージョンを劇的に上げるサイト解析ツール「USERDIVE」 10 【プレゼン】単身赴任のパパに朗報! キャラクターを通して離れた子供とつながれる「ワンダーポート」 11 【プレゼン】言葉はもう要らない! 離れた恋人の心を光で繋ぐ"鳥型"スマホアクセサリー「vinclu」 12 【プレゼン】平均プレイ時間30分! ゲーム感覚とソーシャルで"続けられる学習"を実現するドリコムのラーニングアプリ

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?