ミッションは「誰かにとっての特別な地域をつくる」こと

永岡里菜氏(以下、永岡):みなさん、はじめまして。私たちは、「困りごとを通じて地域のファンづくりを行えないか?」ということをやっております、「おてつたび」と申します。よろしくお願いします。

(会場拍手)

私たちは「誰かにとっての特別な地域をつくる」ということをミッションに掲げて、やらせてもらっております。

著名な観光名所がない地域にも、すてきなものがいっぱいあります。それをついつい誰かに話したくなってしまったり、名前を聞くとちょっとうれしくなったりして、「一緒に行こうよ」って言いたくなる。そんな誰かにとっての特別な地域をつくることによって、一見何もなさそうに見える地域の魅力が輪のように広がっていって、もっともっと日本各地に人が巡るようなかたちをつくれないかと思ってやっております。

私にとって特別な地域がどこかといいますと、三重県の尾鷲市(おわせし)というところです。東京から電車で6時間ぐらいかけて行くところで、私の出身地になります。なので、ついつい、いろんな人に話しちゃうんですけれども、東京の人で「尾鷲市」を知っている人なんていないんですね。

尾鷲市もほかの地域と同じく、少子化や若者流出など、いろんな課題に苛まれております。2040年には896の地域がなくなると言われていますが、(尾鷲市も)ほかの地域と同様に、そのなかに入っている状況です。

地域と深く関わることで、そこが「特別な地域」に変わる

でも、そういった尾鷲市のように、一見、魅力がなにもなさそうにみえる地域にも、すてきな人やその場所にしかないようなものがたくさんあるなかで、なにかできないのかなと思っていました。その場所が誰にも知られず消えていく現実というのを止めたいと思いまして、実は1年半前に、私は会社を辞めました。

フリーランスで稼いだお金は、全部地域に行くお金に変えました。自分の足でいろんな地域を見て、目と耳と肌で感じて、「どうすればいいのかな?」についてずっと考え、わかったことがあります。

地域の人とぐっと深い関係になったとき、魅力がなにもなさそうに見える地域が、なにか自分のなかでキラッと光るような地域に変わるんですね。例えば尾鷲市ですと、「こっちへ来て本マグロを食べないで帰るなんて、どういうことだ?」という声を聞くことによって、自分のなかで特別な地域に変わっていくんだと思います。

東京にいる時は、もうひたすら聞きました。「どうやったら尾鷲市みたいな地域に来てくれるのか?」って何百もの人に聞いたんです。そうしたら返ってきた答えが、「関わりたい」「行ってみたい」といったポジティブな言葉だったんです。「あっ、なるほど」って。

お手伝いから気軽に始める、地域との関わり

でも、行動を起こしている人って、実は半分もいなかったんです。「なんでなんだろうな?」と思っていろいろ聞いていったなかで言われたのが、「重い」という言葉だったんですよ。「なにが重いんだろう?」と思ってヒアリングを重ねていくと、わかったことがあるんです。

いま地域と関わるプログラムには、「定住・移住」、「2拠点」等の支援に繋がる本当にうれしい話がいっぱいあるんですけれども、いきなり定住や移住、2拠点生活を始めるのは、なかなか重いものがありまして。どちらかというと、もっとその入り口を作っていくことが大切なんじゃないのかなと思ったんです。

「地域のことが気になるんだけど、なんか一歩踏み出せなくて」や「地域のこと知りたい、けど、どうすればいいんだろう」という方たちが使えるようなサービスを作りたいと思いまして、「おてつたび」というサービスを立ち上げました。

「お手伝い」と「旅」をかけ合わせたようなかたちで、お手伝いを通じて地域の方と仲良くなれて、地域の魅力を知れる、というような旅になっております。

私たちは、地域に行くきっかけを増やして、お手伝いを通じて地域の方と仲良くなって、それをもっともっと第三者に伝えることによって、またいろんな人が来る、というようなサイクルを作っていきたいと思っています。

行くきっかけを増やし、地域の魅力を顕在化する

「おてつたび」にはポイントが2つあります。1つが「きっかけを増やす」というところです。先ほど尾鷲市という名前を出させていただいたんですけど、じゃあみなさんが来週末に尾鷲市に行くかというと、たぶん難しいと思うんです。

統計を取ってみました。8割以上の方が行きません。でも、行かないのは当たり前ですよね。なにがあるかわからないんですもん。そんなところに交通費を往復3万円かけて行くかというと、行かないですよね。「なるほどな」と思いまして。

であれば、まず「地域に行きませんか?」「交通費などはお渡しします。その代わり、お手伝いをしてください」というのはどうかと考えました。お手伝いした内容が宿泊費だったり交通費に還元されるかたちです。なので、未知の場所に行きやすいような世界をつくりたいと思いました。お金ではない関係性ができるというようなかたちですね。

2つ目のポイントが、「魅力の顕在化」というところです。たとえば富山県の黒部というところに行くと、「よそ者だからこそわかる魅力」というのが学生さんにもわかってくるんですね。

お宿にお花が生けてあるんですけれど、実は、毎朝女将さんが山まで採りに行って、丁寧に一つずつ生けているんです。それを聞いた時、訪れた学生さんはめっちゃびっくりしたみたいです。

でも、お宿の人にとっては当たり前なんですよね。むしろ「そんなアピールするものだったの?」というような。その方たちにとっては、「せっかく来てくれた方が、地場のお花で少しでも癒やされてほしい、地域のこと知ってほしい」という想いを持ってやっているんです。そのような「おてつたび」を利用して来た、よそ者だからこそ分かる魅力をもっともっと発信することが価値だと私たち思っております。

「ファン」と「特別な地域」をもっと増やしていきたい

私たちはこのサイクルをグルグル回していくなかで、「ファン」と「特別な地域」をもっともっと増やしていきたいと思ってやっております。

これは長野県の阿智村(あちむら)というところに行った時の動画です。この子は大学4年生なのですが、今まではどちらかというと海外へ行くのが好きで、いろんな国を巡っていたんですけど、「あれ? 自分って日本のことを語れないな」というのに気づいたみたいなんです。そこで「『おてつたび』を使いたい」とご連絡いただきました。

この時は土日に一泊二日で行ってきてもらいました。結婚式のお手伝いをしてもらったのですが、同年代の方も多かったのか「連絡先を交換して仲良くなりました」という話もいただいています。

お手伝いは午前中や夕方なので、日中が空くようなかたちになっているんです。なので、地域の方におすすめしてもらったところへ遊びに行って、最後にお別れしてというような感じです。

こういったことをいろいろやらせてもらっていまして、「おてつたび」に行った地域へ「また行きます」と言ってくれる子や実際に行った子など増えており、「おてつたび」を通して地域のファンがちょっとずつできてきています。