プレゼントを買うより本を読んでほしい

DaiGo氏:どうもみなさん、お待たせしました。DaiGoです。どうもどうも。いや、すいません。ジムに行っておりまして(笑)、さっき帰ってきました。

(コメントにて)「マドンナじゃなかった」、マドンナがライブやってるらしいですね、今日。今日は仕事があったんですよ。今日は横浜で講演をしてまして、クローズドな一般の人は入れない講演だったので、告知はしなかったんですけども、そんな感じでございました。

ちょっと待ってね。今日のテーマ……、オーノー、ちょっと待ってくださいね。マインドマップがすごい調子が悪い。

(コメントにて「DaiGoさんにプレゼントって送れないんだよね?」)DaiGoさんにプレゼント送れないんです、残念ながら。送れないというか、なんて言うんですかね、昔からそうなんですけど、ファンレターもそうなんですけど、送り先を設定したことがなくて。しない主義で来たんですよ。

プレゼントを買う暇があったら、本を買いましょう。僕へのプレゼントを買う暇があったら、自分のための本を買ってください。別に僕の本を買えと言ってるわけではなくて、本を買って勉強してください。それが一番うれしいので。

ほしい物は買えるからね、別に。自分で買えばいいんですよ、ほしい物は。という主義なので、ご自分のために使ってください。あるいは、ほかの人のために使ってあげてください。例えば、僕が紹介した本でおもしろかった本とか、そういうのを誰かにプレゼントするとか、そういうのをやってもらえればうれしいです。

ユーザーとのオープニングトーク

どこまで話したんだっけ……。(コメントにて)「アディダス派? ナイキ派?」、これはアディダスですね。ファッションっていうか、これは普通にジムウェアなんですよ。ジムに行って、そのままなので。

(コメントにて「今日何時まで?」)今日は1時間ぐらいです。今日こそ1時間で終わらせます。はい、今日こそ。(コメントにて「プロテイン今、飲むの?」)ちょっとジムに行ってきたので、飲みながらいきますね。

(コメントにて)「ダンベルとマット買った」、なるほど。(コメントにて「シャカシャカしてるのはプロテイン?」)プロテインですね。(コメントにて「2時間でもいいよ!」)1時間で終わらせますけど、一応延長しときます。

(コメントにて)「長崎で本にサインほしかった」、いや、ほんとはああいうイベント、全部そうなんですけど、時間で区切ってるんですよ。長崎で競艇場だったかな、イベントがあって行ったんですけど、「サインしちゃダメ」って言われたんですよ、基本的に。

なぜかというと、サインしちゃうと、もともと競艇とか、ああいうところでやるイベントって、競艇を見てほしいからやってますよね。でも、それでサインして延びちゃったら、やった意味ないじゃないですか、彼らにとっては。なので、できないというね。だから、遮られちゃった。サイン会とかも、基本的にしないんで。

(コメントにて「昆布味のプロテイン?」)なんか、僕ね、いろいろ混ぜるんで、ほら、虫の卵みたいなのがいっぱい入ってるんですよ(笑)。(コメントにて「チアシードですか?」)チアシード。すごいね、よくわかったね。チアシードです。

あ、……え、あ、あ。ちょっと待って。悲劇が起きた。漏れましたね。すいません、片付けながらお話します(笑)。

長続きする恋人選びのコツは?

今日ですが、「恋人選びの心理学」ということで、人間が恋人をどういうふうに選ぶかとか、どういうふうに選べば長期的な関係になるのかとか、どういう行動を選べば長期的な関係を作れるのかとか、そういったお話をしようと思って、いろいろと調べたんですけれども、3回分ぐらいの内容になっちゃって。

だから今日、告知で出てる内容の3倍ぐらいあるんですよ、しゃべれることは。なので、3回ぐらいに分けます(笑)。今日の内容は全部しゃべりますよ、一応、書いてある内容は。

なので、「今日バレンタインだったけど、暇だったよ」って方とか、あるいは、これから先、「バレンタイン、今年も暇だったけど、来年は『ちょっと忙しいわ、おれ。バレンタインだから』って言えるようになりたい」という人は、ぜひ今日の内容を聞いていただければと思います。

チアシードが微妙に残るの、気になりますよね。(コメントにて「ぬこ様は?」)ぬこ様は寝てます。(コメントにて「チョコ買ってきた」)チョコ? チョコおいしいよね。僕はビターしか認めないですけど。

(コメントにて)「バレンタインデー反対のデモ」、あれ、もともとチョコレート業界というか、お菓子業界が作った、なんて言ったらいいんですか、戦略ですからね。(コメントにて「カカオ82パーセント?」)僕はカカオが好きです、チョコレートというよりも。

外見・性格、本当はどっちが重要?

はい、というわけで、今日の内容をご紹介します。今日の内容は3部に分かれておりまして、メインは外見のお話と性格の話です。

よく「やっぱり外見がきれいなほうが」とか、「いや、性格がいいほうがいいんだよ」とかあるじゃないですか。あれって、ぶっちゃけ真実はどうなの、と。基本的には外見が重要、外見がよくて損することはない、外見が重要なんですけど、例外もあるよというお話で、そこらへんのお話もしていこうと思ってます。

まず1番最初、「結局のところ見た目がすべては心理学で覆せるのか」。勝負は90秒~4分。スタイルがいいのと顔立ちがきれいなのはどちらが得なのか? スタイルだったらなんとかなるじゃん。顔だったらメイクである程度はなんとかなるじゃん。みたいな話です。どっちをやったほうがいいの、っていう話ですね。

そして、みんな誤解している、男女では求める顔のタイプが違う。どういう顔が魅力的かということが、男性と女性でけっこう違っていて、しかも男女で食い違ってることが多いんですね。なので、無駄な努力を防ぐためにも、そこらへんの話もしたいなと。

あとは、同等レベルの魅力がないと恋は成立しないんですが、ただし例外がある。だから、見た目が同じレベルぐらいの人たちのほうが、基本的には恋が成立しやすいんです。だから、美女と野獣っていうのは、基本的には成立しないんですね。ところが、それが成立する場合があるんですが、それはどんなときなのかというお話ですね。

あとは、異性に魅力的に見えるアルコールの量とは? 相手がシラフの場合ですけど、何杯ぐらい飲むのが、恋愛関係ではベストなのか。外見的な魅力が高まるのは、何杯目なのかという話ですね。

前ちょっと話したことがあるんですけど、おもしろさが保てるのは、しゃべった話の内容のおもしろさが保てるのは3杯目なんですよ。3杯あたりがベストで、5杯以上超えるとアウトっていうのがあるんですけど、外見の魅力が上がるのはどれぐらいなのというお話ですね、これは。

病的な人のほうがモテる

続いて2つ目、ここから先が会員限定になります。「モテ男子&女子の性格を分析」。似すぎは破局、似てるけど学べる違いがある2人がうまくいく。「似ている2人のほうが恋はうまくいく」って言うんですけど、実は、似すぎもよくないんですよ。

だから、よくあるのは、彼氏のために女子が一生懸命、素の自分をあまり出さないで、都合のいい女子になろうとして、一生懸命かいがいしく彼氏のためにつくして破局する。これがなぜで起こるのかというのは、ここにあるわけですね。

男子もそうですね。どうしても別れたくないからって女子に合わせすぎると、遊ばれてフラれるというのが起こるのはなぜなのかという話は、ここからわかります。

あとは、普通に甘んじるぐらいなら病的なほうがモテる。実は、病的なヤツのほうがけっこうモテるんですよ。それはなぜなのかっていうことも、お話したいと思います。非常に納得がいく内容ですね。

だから、オタクな人とか内向的な人は、ちょっと病的になるぐらいがちょうどいいですね。普通の人になっちゃうとモテないですから。そもそも普通じゃないのに、普通の人を装うと苦労するし、つらいうえに、しかもフラれるっていう、悲劇的なことが起きるので、それはやめましょうというお話です。

「内向的な才能を開放するオタクパワーの心理学」を、ちょっと前の放送でやりましたけども、あれと併せていただくと、非常に効果的になるんじゃないかなという内容です。