オプラ・ウィンフリー氏が登壇

オプラ・ウィンフリー氏:これは私にとって懐かしい瞬間です。ちょっとジーザスと先祖に感謝をさせてください。そして嬉しさの小躍りをさせてください。

(会場笑)

なぜって、私は20人の少女をアメリカに連れてきて、この卒業式は私の参加する19回目で最後の卒業式なのです。

(会場拍手)

過去3年間で19の卒業式に参加しました。そして、興味深いのは、いや、17の卒業式と2人の受賞者がいましたが、1日のうちに3つの異なる街で行われたことがあり、参加できなかったことはありました。それで今日、この素晴らしい場所に来ることができ、みなさんがどのようなこところから来られたのか、この大学でどのように開花したのか存じでおりますし、そのことが私を非常に誇らしい気持ちにさせ、こんなに立派になられた様子を見て、喜びでいっぱいになります。美しい紹介の言葉に感謝します。ありがとう。

(会場拍手)

懐かしいですね。学校長ありがとうございます。本当にありがとうございます。2019年卒業生のみなさま、おはようございます。

(会場拍手)

私はこの場所とみなさまのためにここに参りました。ここに来たのは二度目です。2年前、私のもう一人の娘、アバキーレが2年前にこの大学を卒業し、今ここにいる方と同様、後ろの方にいて寒さに凍えていました。

エレベーターで同様に寒がっている男性にお会いしました。彼は、自分の名前を演壇で言わないでとおっしゃったので言いませんが、彼は寒いからと着替えに行くところでした。私は小さい白いドレスしか着てないので、凍えることになりそうですよ。エレベーターの彼、ありがとう。

一人ひとりの行動が世界を改革することにつながる

私は特に、みなさんのクラスのモットーに感謝し、共感します。それはアンジェラ・デイビスの言葉で、「あなたは世界が根本的に改革できると信じる仕方で行動し、それも常にそうでなければならない」というものです。ここでみなさんに言いますが、みなさんの行動で実際、毎日世界を改革することは可能なのです。小さな一歩が大きな達成につながります。

言っておきますが、みなが人生はチャンスだと考えて、それを待っていますが、そうではありません。実際はその都度、小さな「人生を変えるステップ」を踏むことにかかっているのです。

ですから、あなたも問題を一つ選ぶことができるでしょう。問題のリストは長いですよ。例えば銃による暴力、経済平等、メディア・バイアス、ホームレスに機会が与えられること、麻薬中毒者に治療が与えられること、夢を持つ人の保護、刑務所制度の再構成、社会的セーフティーネットの救済、女性憎悪を止めること。

(会場歓声)

現実的に、みなさんはそのすべてを解決することはできません。しかし、あなたがここで今できることは、決断を下すことです。人生は決断に関するものであり、あなたは人生に奉仕するのです。そのために発言をし、その場にいて、立ち上がり、そこに座り込み、奉仕をし、投票し、メッセージを発信し、助け、自分の手を貸し、自分の才能と優しさを提供し、自分のできる方法でそうするとき、自分のいる瞬間を根本から変革することができるでしょう。

すると、もっと大きな瞬間につながるのです。なぜなら成功はプロセスだからです。みなさんも誰でもいいので、成功している人に聞いて見てください。私もちょうどこの通路を歩いていて、成功者、起業家でレストランオーナーのダニー・メイヤー氏とすれ違いました。チャールスが今日卒業されるということで、彼もこの中にご家族と一緒に座っていらっしゃいます。

(会場歓声)

ダニーでも誰でも、成功している人に聞いてみてください。ダニーのレストラン、シェイクシャックは私も大好きなのですが、ユニオンスクエアやグラマシーターベンなど、あなたも彼のレストランのどれかに行かれてみれば、食べ物はもちろん、その徹底したホスピタリティーとサービスに感銘を受けられることでしょう。サービスは自分がサービスを受ける時だけの話ではありません。すべてが関わっています。

この記事は無料会員登録で続きをお読み頂けます

既に会員登録がお済みの方はログインして下さい。

登録することで、本サービスにおける利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

SNSで会員登録

メールアドレスで会員登録

パスワードは6文字以上の文字列である必要があります。