お金を払ってコミットすれば、それはもはやエンターテイメント

平田麻莉氏(以下、平田):箕輪さんの著書(『死ぬこと以外かすり傷』)のなかですごく印象的だったことに、副業はノーリスクでギャンブルできる、フルスイングで打てるというお話がありました。

会社員として守られた基盤がありながら、箕輪編集室というプラットフォーム上でいろんなチャレンジできるのは価値だなと思ったりするんですけれども。

箕輪厚介氏(以下、箕輪):ノーリスクって言ったかな? 僕はどっちかというと、サラリーマンの方がノーリスクだと思っていて。

平田:あ、ごめんなさい。サラリーマンとして副業をやることが(ノーリスク)、ということですよね。

箕輪:あー、そうか。自分でなに書いたか忘れちゃったな(笑)。オンラインサロンに大きなリスクはないと言っているのも、ぶっちゃけお金もらってないからなんでね。だから無責任でいいってわけじゃないんだけれども、ある種好きだからやってるというとこがあって。

これのおもしろいのが、逆転現象で皮肉な話なんですけど、正直会社員として仕事するより全然やる気があるんですよ。

それというのも、お金をもらってると「やらされてる感」がなぜか出てしまって。仕事の量が100で、月30万円と決まっているところに、追加で20ぐらいの仕事をいきなり振られると、「20損した!」と思っちゃうんですよ。

なんで残業しなきゃいけないんだよと思うんですけど、逆にお金を払ってコミットメントしてると、もはやエンターテインメントで習い事なんです。

お金をもらった瞬間、「楽しさ」が「労働」に変わる

箕輪:例えば「落合陽一のインタビューの文字起こししたい人!」と声をかけると、みんな手を挙げるんですよ。しかもがむしゃらにやるんです。それで、落合陽一さんもそれにリアクションしたりするわけですよ。「ありがとう」みたいに。そりゃもう、楽しくてしょうがないんです。

もし幻冬舎内で「落合陽一の文字起こししてください」と言ったら、絶対みんな仕事が増えたって思いますよね。これってお金が絡むことによっての不幸で、もらうってことになってしまった途端、労働だと思ってしまうんですよね。

モチベーションが高い状態って、多くの仕事にとってはベストなことですよね。とくにクリエイティブなコンテンツを作るというのは、正解がないから、ぶっちゃけ30くらいで諦めても出版できるし、120までがんばってもいい。そこの差ってはっきり言って自分のこだわりで、上司が判断するものでもないんです。ただ、自分のこだわりが強いものが結果的には世間にウケるんで、やっぱりやらされ仕事でやっているようなコンテンツって世間の人は気づくんです。

平田:そうですね。見抜いてしまいますよね。

箕輪:そう。だから「やりたいからやってる人」が集まっていると非常に強いですよね。

平田:そうですね。本当におっしゃる通りです。よく「will・can・must」とかって言いますけど、日本人ってどうしても、仕事だとmustの感覚だけでお仕事してる。そこにwillがない。実際、人事制度的にも、本人のwillに関係なく異動させられたり転勤させられたりするので、致し方ないかもしれないんですけど。サロンとかの副業って、willしかないというか、始まりがwill以外になにもなかったりするので、だからこそ熱狂的になれる。

副業がお金をもらう仕事なのは、本質的ではない

箕輪:そうですね。だから僕は「副業を推奨する」とか「副業した方がいいですか、しない方がいいですか」って、クソどうでも良い話だと思っていて。「勝手にしろ!」なんて思うんですよ、大人なんだから。

平田:自己責任(笑)

箕輪:でも、僕が「いいなぁ」って体験として思うのは、オンラインサロンだろうがボランティアだろうが、趣味だろうがなんでもいいんですけど、お金をもらわずにやる好きなことが、お金をもらうことに変わる段階ってすごい滑らかだってことで。

さっき言った話なんですが、うちのオンラインサロンに入っている人って本業が別にあるんですけど、僕にお金を払ってデザインをやったり、僕にお金を払って動画をやったりするんです。好きだし、楽しいからやるんですね。でも、それが評価されていくと、逆にお金をもらえるようになる。これがすごく滑らかな気がしていて。

副業と本業だけだと、両方ともお金をもらう仕事で、単純に場所が増えるだけ。それって本質的なものではない気がしています。自分の好きなことで、お金に関係なくやってるものが結果的に「お金を払ってでもやってほしい!」に変わってハマるというのが大事で。それが結果的に本業になったら、それって幸せな人生じゃないですか。

平田:いやあ、まさにそうですね。この前のセッションでも、会場からの質問で、副業を始められたきっかけがけっこうみんな趣味とか、飲み会とかだったんで。線引きはどこですかという質問があったんですけど、線引きってあんまり意味ないよねと。

箕輪:超意味ない。

平田:シームレスで楽しければいいじゃん、という。楽しいことこそ、やっぱり結果が出るから、人の目に留まることも出てくる。

箕輪:だって、楽しいことだったらぶっちゃけお金を払ってでもやりたいし、お金をもらえなくてもやりたいじゃないですか。

やりたくない仕事は倍額で見積もりを出す、というテクニック

箕輪:こういうと「楽しいことなんてないんですけど」と言われたりするんです。それね、本当はめっちゃ楽しいってわけじゃないんですよ。でもこういうイベントだったり、TOKYO MXなんかのくだらないテレビ番組に出るのとかは楽しいですよ。タダでもやります。

でも、青年会議所なんかで1人で講演するみたいな仕事は全然楽しくないです。でも、50万円ぐらいもらったら、楽しいです。1時間くらい適当に話して50万円ももらえるのかよってね。そうしたらもう、楽しい仕事に変わるじゃないですか。そういう意味でお金は必要ですけど。

基本、全部を楽しんでやれば集中力も上がるし、人生の幸福度も上がる。そのために、お金がないけどやりたいことを見つける時間を作って、結果それが長打のビジネスになり、いずれ太くなっていくというのがスムーズなんじゃないかと思いますね。

平田:そうですね。けっこうフリーランスあるあるなんですけど、受けたくない仕事、興味がない仕事は倍額で見積もりを出すっていうのがあるんです。そうやってうまくバランス取れると、仕事全部が楽しくなるかもしれないですね。

そういえば、今日はなんで来てくださったんですか?

箕輪:僕ね、こういうイベントになんで呼ばれてるかわからなくて(笑)。

(会場笑)

平田:スケジュールが勝手に入っている?

箕輪:入ってて、場所と時間だけ聞くって感じなんで。

平田:そうなんですね、ありがとうございます(笑)。今日は来ていただいて、ちょっとでも楽しい時間を過ごしていただければと思っています。

目の前のことに熱狂していれば、仲間は少しずつ増えていく

平田:やっぱり副業をするにしてもなににしても、仲間の見つけ方とか巻き込み方、人を動かす方法みたいなのが必要で、箕輪さんはものすごく秀でていらっしゃると思うんです。そういったところを、今日来ていただいている一般の方にも参考になるようなコツがあれば、ぜひお願いします。

いろいろ質問が来ているんですが、見城さんに気に入られるとかはちょっとハードルが高いと思うんで。

箕輪:そんなことないよ。見城さんに気に入られるのは結果論ですから。人をいかに巻き込むかとか仲間をどう見つけるかって、そりゃもう単純に、誰よりも自分が個人として、目の前のことに夢中になって、熱狂してるかってことでしょう。

例えば会社に行く道中で、来る日も来る日もずーっと毎日なにかの穴を覗いてるおじさんがいたら、その穴の中になにがあるんだろうって気になってしょうがないじゃないですか。「また覗いてるよ」みたいな。

平田:なんか楽しいことあるのかなって。

箕輪:そういうことですよ。でも、パフォーマンスで穴を覗いてもしょうがないから。その人にとっては、その穴のなかにめちゃめちゃ楽しいものがあるというのが大事です。僕の周りになんでこんなにいろんな人が集まってきてくれるのかというと、見城さんがどうのとか全く関係なくて、僕が目の前のことに夢中になってるのが伝わって、楽しそうだからやりたいって、思ってくれているんだろうと思います。

それは、サロンのメンバーもそうだし、同じようにがんばっている落合陽一さんとかホリエモンとかもそうです。そうやって楽しそうにしているのが伝わって、一緒にやりたいと思ってもらえるという、本当に純粋にそこだけで。

規模とかスケールとかって、やっぱりそれは実力だったり、自分のいる業界だったり、ポジションだったりによって違います。でも、そんなのは別に誰であっても同じことであって、目の前の仕事を夢中になってやってたら、仲間は1人、2人って増えていきますよ。