テクノロジーでタンパク質を生成する

流郷綾乃氏(以下、流郷):株式会社ムスカ・暫定CEOの流郷綾乃と申します。本日は、お忙しい中お集まりいただきまして、ありがとうございます。

さっそくですが、私たちMUSCAがなにをしているか、どんな会社か。こちらです。

(スライドに『天空の城ラピュタ』のムスカ大佐が映し出される)

みなさん、ご存じでしょうか? (参加者が)パラパラとしか笑ってくれないというね(笑)。有名な大佐のお手伝いをしているわけではないんですけれども。ちょっと笑ってくれない感じですね……。

(会場笑)

私たちMUSCAは、ひと言で言えば、ある昆虫を扱っている会社でございます。みなさん、この昆虫が何かわかりますか?

ハエなんですが、正式名称をイエバエと言いまして、学名では「Musca domestica」と言います。私たちの社名は、あの有名な大佐から取っているのではなくて、学名から取っています。

かわいいイエバエちゃんは、私たちの事業の中心であります。私たちのイエバエちゃんたちは、普通とはひと味違っておりまして、この図を見ていただければよくわかるかと思うんですが、優秀な個体だけを選別しております。

交配を重ねて品種改良を行っているんですね。それもなんと45年1,100世代という品種改良を行っております。私たちMUSCAは45年1,100世代の品種改良を重ねたイエバエの種を保有していると思ってください。

いわばスーパーエリートと言われるイエバエを私たちは「サラブレッド」などと言っています。基本的な仕組みは非常にシンプルです。生ゴミ・畜産糞尿などの有機廃棄物を用意します。その上に私たちイエバエちゃんたちの卵をパラパラと撒くんですね。そして、容器を部屋に入れて1週間放置します。

幼虫の本能を利用した効率的システム

流郷:放置するだけで、大きく育ったイエバエの幼虫と、幼虫の排泄物が有機肥料となっております。つまり幼虫のほうが餌になるんです。100%バイオマス・リサイクルシステムが完成しているということですね。

もう少し詳しく説明したいと思います。イエバエの卵がおからみたいだなと思う方がいると思います。専用のトレーがありまして、有機廃棄物にイエバエの卵をパラパラと撒いて、8時間ぐらいで孵化します。

人間は胃で消化するじゃないですか。孵化したら、幼虫は体全体が胃だと思ってください。だから、消化酵素を垂れ流しながら練り歩いている感じです。幼虫ちゃんたちは必要な栄養素をゴミ・有機廃棄物から吸収していくんですね。

そして、お腹いっぱいになってから、5〜6日間ぐらいかけて外に這い出していく習性があります。これはサナギになるときの工程になるんですが、セミとかも土の中から外に這い出してきますよね。それと一緒ですね。全量を外に這い出してくれて、それを乾燥させて動物性タンパク質として餌にします。残った消化酵素がかかったものがものすごくサラサラの有機肥料となっていて。

これは幼虫の本能を利用した効率的なシステムで、そのへんに飛んでいるイエバエを取ってきても、同じようなシステムになります。「だったらそのへん飛んできたイエバエでやればいいじゃん?」という感じなんですが、そうではないんです。

これは比較になります。自然界に飛んでいるイエバエは処理に3週間前後かかっていますね。MUSCAのイエバエだと、1週間で、さきほど言ったように全量が出てきます。

幼虫の生産効率は、(自然界のイエバエの場合は)原料投入比から見て3パーセント。MUSCAのイエバエは、ミニマムで見積もっても10パーセントなんですね。

それから、過密環境下でのストレス耐性は、自然界のイエバエは非常に弱いです。それに比べてうちのイエバエさんたちは品種改良を1,100世代重ねておりますので、非常に強い。大量飼育が可能なんですね。

ということは、自然界のイエバエと比較しても10倍以上の生産効率となっています。

MUSCA飼料の特長とは

流郷:それでは、出てくる飼料にどういった特長があるのかということについてです。飼料は動物性タンパク質として魚粉に代替されるものですよね。こちらは愛媛大学と共同研究をしておりまして、文部科学省管轄JSTから資金をいただいて、国の研究プロジェクトとして3年間、1億5,000万円かけて研究しております。

飼料の特徴は3つありまして。耐病性付与効果が1つ目ですね。こちらは抗生物質の代わりになるような効果となっています。

この記事は無料会員登録で続きをお読み頂けます

既に会員登録がお済みの方はログインページからログインして下さい。

登録することで、本サービスにおける利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

SNSで会員登録

メールアドレスで会員登録

パスワードは6文字以上の文字列である必要があります。