「雇われ社長なんだなって気づいて…」 高給を捨ててサイバーエージェントGから独立した、ある起業家の決意

ビック・ベンチャーを創れ! #3/6

IVS 2014 Summer Workshop
に開催

新しいサービスで世の中にインパクトを与え続けるIT事業家4名―クラウドワークス・吉田浩一郎氏、Gunosy・木村新司氏、ポケラボ・前田悠太氏、Smart Education・池谷大吾氏―が一同に会し、「ビッグベンチャーをつくれ」をテーマに意見を交わしたセッション。このパートでは、SMART EDUCATION(スマートエデュケーション)・池谷大吾氏が自身の独立への想いを熱く語ります。(IVS 2014 Summer Workshopより)

日本が世界で勝負できる3つの分野

小野裕史氏(以下、小野):続きまして前田さん。どういうきっかけで、起業ではないと思うのですけれど、会社に入ってしかも11番目の正社員だったのに結果的に社長になって、しかもその会社から今度グリーという大きな会社の役員になっていくステップ。

色んなきっかけがあったと思うんですが、どんなきっかけで変わっていったんですかね。順番に。

前田悠太氏(以下、前田):まずポケラボというベンチャーに入るきっかけは、ジャフコっていうベンチャーキャピタルにいて。ジャフコという会社を選んだのも、自分が就職活動をあんまりできなくて、というかあんまりやる気もなくて、何したいっていうのが全くなかったんですね。

今ここにいらっしゃる方ってたいてい目的意識の高い方々ですが、そこに対して劣等感のあるような学生でした。でもなんにもないから色んな仕事を見られる仕事がいいっていう、馬鹿みたいな発想でベンチャーキャピタルと経営コンサルだけ受けて。受かった中で1番面白いと思ったジャフコに入りました。

そのジャフコの中で4年半くらいいたのですけど、その中ですごい面白いマーケットというか、ザクッと言うと日本から世界に対して大きな勝負ができるマーケットで、自分の大きな商売がしたいと思っていて。

その中でとった仮説が3つ。今も変わらないのですけれど、1つはモバイルゲームのマーケット、2つ目は再生医療、3つ目はナノテクノロジー。この3つが日本から世界に対してすごい大きな勝負のできる機会のあるマーケットだなと思って。思ったらすぐ動いて、そういったベンチャーだとか、研究所だとかも含めて、足しげく通いました。

日本で1番のソーシャルゲーム会社を目指した

前田:その中で出会ったのがgumiという会社でございまして、まだ國光さんたち3人ぐらいの会社で、そこに投資させていただいたんです。そこでボードで入っていた本間さん(本間真彦氏)っていうジャフコの先輩なのですけれども、インキュベイトファンドというベンチャーキャピタルをやっている方ですが、出会って意気投合して、リアルソーシャルゲームプロジェクトをやらないかみたいな話になって。

ポケラボっていう会社の箱をつくったのは本間さんという方でして、ポケラボという会社は、創業者2人。学生上がりの、私よりも年下の人間がもともと創業なんですけれども、真に創業しているのは、ベンチャーキャピタリストでそこにジョインした2人っていうのが実質的な創業者みたいなところでした。

そこを紹介されて、ここで「いろんな絵を描いていかない?」と言われて、本当に3、4人だったのですけど、そこでつくること以外のお手伝いをジャフコに居ながらして。

ジャフコの有給を使ってシリコンバレー行って、DCMっていうベンチャーキャピタルから約10億の調達をして。調達を機に自分も正式にジョインしたというのがポケラボに入る流れです。

でもここで結構ポイントだなと思うのは、自分の仮説があって、今もそれは間違ってないと思っているんですけど、すごく大きな大局観。当時、ご存知の方いるかわからないですが、海外でPCのフェイスブック上のアプリがすごい流行っていて、すごい大きなマーケットだったんです。ジンガという会社ですとか、いろんな会社がすごく伸びていて。

日本を見ると、日本のガラケーのコンテンツのモバイルゲームは、モバイルゲーム市場世界一だったんですね。スマートフォンが来ることもわかっていましたし、この上でソーシャルネットワーク、mixiとかモバゲーとかグリーだとかが出てきてる中で、この上でのモバイル上のソーシャルゲームは絶対日本くるよなって。

日本で1番のソーシャルゲームのプレイヤーって、世界のゲームワールドカップのシード権を得られる会社になれるんじゃないか、みたいな仮説から面白いなと思ってきています。というのが自分のポケラボに入ったきっかけであり、想いです。これは全然変わらない。

会社倒産の危機

前田:自分がどうやって社長になったかという話ですけれども、要は潰れそうになったんですね。入りました、10億調達しました、10億のお金を溶かしながら、そこから1年くらいで10人くらいの会社が80人くらいになりましたと。

なんにも経験のない若いやつらがやっていれば、それはもうカオスですよね。皆さん(会場の学生たち)と変わらないと思いますね。なんのリテラシーもない人間らが無茶な経営をして人数増やしましたと。とりあえずラインつくって増やしましたという状況で、本当にカオスだったんです。

投資家の人たちからも「どうするんだ」という話もあって、リアルな話では横から社長を獲ってくるか、というようなことも色々考えて、そういった方々とも会ったりして。

でも、すごい屈辱的なんですね。自分たちがつくってきた会社、全然できないから他の人を社長に据えるかって。そういうことを自分たちで判断しなきゃいけないっていう状況もあって、中々フィットしなくて。そうこうしているうちにどんどんお金が溶けていくし、なかなかカオスだと。

それで自分がやりますっていう話をして、創業者2人はもうプロデューサーだったので、モノづくりに集中していただいて。その2人を中心にしたモノづくりのラインっていうことに絞って、会社の統制を整えました。

すごく細かい話ですけれども、ルールもなかったので、全然朝みんな来ないとかですね、そういうことも含めて。でもそれって、ちっちゃなことだけどすごい大事なことなんです。何をやるかじゃなくて、組織としてのチームワーク。

起業には優秀な面子をそろえるべき

前田: モノづくりをするとか何かをするっていうときにちゃんと一定の統制だとかルールっていうのは本当に必要で、そういったことから全部整えることを自分の最初のミッションにして変わりました。

80人の人間が、私が入って色んなハレーションもあって最初半年くらいで、30%くらい辞めちゃったんです。紆余曲折あったのですが、辞めていく中でも自分たちとして大きな舵を切って。

モバゲーさん向けのタイトルで出していたものを全部切り替えて、スマートフォン単独で出すタイトルに切り替えました。そこでリスクをとってやったら結果としてうまくいって、今に至るという形です。

自分として色んな局面がやっぱりあります。あるんですけれどもその都度その都度すぐやるっていうことをやってきて、その結果ポケラボっていうベンチャーもそうなんですけれど、本当に身軽にすぐ動くっていうことを自分の精神のもとやってきたから今があるんだと思います。

ここにいらっしゃる皆さんって、当時の自分なんかよりも圧倒的に意識の高い方々だと思いますし、すごい頭の良い方々ばかりだと思うので、さっさと色んなことやるというか。

例えば起業したい方々多いじゃないですか。ここに登壇する方々っていうのはわりと色んな経験ある方々ですし、こういう方々を創業に誘えばいいじゃないって思うんです。創業に誘ってフラれたっていいじゃないですか。

フラれたって多分アドバイザーとかにはなってくれるかもしれないし、あるいは出資してくれるかもしれないし。ロイヤルストレートフラッシュみたいな面子を揃えるっていうことをしたほうが絶対にいいんですよね。

自分の仲間内だけで起業はしないほうがいいですし、ちょっとマインドが変わるだけで、今ここにいるこの機会をすごい大きなチャンスに変えられると思うから。例えばですけれど、そういった発想で動かれるといいなって思います。ちょっと話それましたけれども。

小野:いいですね。ありがとうございます。

出会いに救われた

小野:では続きまして池谷さん、どんなきっかけでどのように今に至ったか。

この記事は無料会員登録で続きをお読み頂けます

既に会員登録がお済みの方はログインページからログインして下さい。

登録することで、本サービスにおける利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

SNSで会員登録

Twitterで会員登録

Facebookで会員登録

メールアドレスで会員登録

パスワードは6文字以上の文字列である必要があります。

IVS(Infinity Ventures Summit)

IT業界の一流企業の経営者や経営幹部が一同に会し、ディスカッションやスピーチが行なわれる豪華イベント。普段は見ることのできないクローズドな経営者同士の会話や経営裏話など、日本のIT業界の最先端情報がここに集まっています。
IVSは、主に経営者向けに行なわれる通常のイベントのほか、学生向けに行なわれるワークショップも年に数回開催されています。ログミーでは、公式メディアパートナーとしてその中の人気セッションを全文書き起こし、全部で400記事以上のコンテンツをご覧いただけます。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?