北米とヨーロッパでのLINEの状況

記者:北アメリカとヨーロッパでの展開について教えてください。

出澤剛氏(以下、出澤剛):先ほどご紹介したローカライズっていうのが、各国徹底してやっていて、それはアメリカにおいてもヨーロッパにおいても同じです。

ただ、非常に難しい挑戦をしてるという認識をしていて、いろいろなことを試して、トライアンドエラーをしているというのが現状です。

その中で特にアメリカについて言いますと、ひとつは若い方に使っていただくという意味で、いろいろなセレブリティとのコラボレーション、スタンプであったりイベントであったり、そういったことをしています。

あとはスタンプもそうなんですけど、特に絵文字というところは人気の部分ですので、LINE独特の新しい絵文字を提供したり、そういったスタンプだったり絵文字という切り口での新しい挑戦もしています。

その他いろいろなチャレンジをして、そのやった反応を見ながらトライアンドエラーをして、反応が良かったものに追加投資をしていくということで、非常にがんばって挑戦しているというのが現状です。

海外展開での具体的な施策について

記者:ヨーロッパで先行しているWhatsAppなどのサービスと競合していく難しさはどこにあるでしょうか?

出澤:ドライブの難しさで言いますと、やはりWhatsAppであったり、他のサービスに関して、先行するサービスが非常に多いということが挙げられると思います。

その中で、一番ベストな入るタイミングとしては、スマートフォンシェアが低い状態から急速に伸びるタイミングでマーケットに入ることが一番重要なことなんですけれども、世界を見渡すとそういった状況が少なくなりつつあるというのが現実的な認識です。

そういった中で、繰り返しにはなるんですが、今ユーザーの動きが見えている国についてはローカライズの施策をそれぞれの国で打っていくということをやっています。

具体的な内容は先ほど言ったとおり、企業とのコラボレーションであったり、スタンプや絵文字の提供といったこともやりつつ、まずは初速を上げていくということをやっています。

ただ、それぞれの国で状況が全く異なりますので、具体的にこれだという1つの方向があるわけではなくて、いろんなことをチャレンジしているという状況です。

絵文字やスタンプはどれだけ使われているか?

記者:絵文字などの「カワイイ」文化は興味深いです。沢山の人が絵文字を使ったメッセージを送っていると思いますが、メッセージの中で絵文字やスタンプが使われる割合などはわかりますか?

出澤:先ほど1日に170億回のメッセージというお話をしましたけど、そのうちステッカーをつかってのコミュニケーションがだいたい18億回くらいありますんで、分量としてはそのくらいの割合です。

あと先ほどもお話しましたが、ある調査ですと人間の対面コミュニケーションはジェスチャーだったり言葉を使わないものが8〜9割という話もありますし、そういった意味ではインターネットのなかで、もっとエモーショナルなやり方があってもいいのではないかというのが我々の考え方です。

ある日本の調査によると、LINEを使って40%のカップルが仲良くなったという調査を聞きます。

(会場笑)

記者:さっそく奥さんに送ってみようかと思います。

最近の投資先について

記者:IPOについては回答していただけないということでしたか、今後どのような分野に投資していこうとお考えでしょうか?

出澤:投資に関していうと、最近の大きなものですと、ロンドンベースのMixRadio(ミックスラジオ)という会社が一緒のグループになりました。それは世界戦略という意味と、コンテンツのサービスの拡充という両方の意味を込めています。

あとは我々のなかでLINEのゲームファンドとライフファンドというファンドを2つ作っています。そこでは、ゲームファンドはゲームに、ライフファンドはOtoOだったりとか、そういった領域への投資をしています。

テクノロジー的なことに関しては、いくつか新しいサービスを今後予定していますが、現状で確定してお伝えできることがございませんが、日々新しいサービス、企画のローンチへの準備もしておりますし、LINEの本体の改善も見えないところ日々やっているという現状です。

司会:一般的な話として、資本の調達というのは大切なことだと思います。親会社からの投資やファンドの活用など、さまざまあると思いますが、いかがでしょうか。

出澤:そこに関しては以前からお伝えしているとおりで、いろんな企業の成長にとって資本の調達というのは非常に重要な要素なので、IPOも含めた選択肢というのは常に検討したり議論したりというのは、以前から変わりありません。具体的には何か決まっていることはないというのが現状です。

LINEタクシーの現状

記者:2つ質問があります。1つ目はタクシーサービスについてで、競合するUberなどと比較した数字はあるでしょうか。もう1つはペイメントについてで、ヨーロッパでも近いうちに展開する予定はあるでしょうか?

出澤:タクシーに関してですけれども、データ的なところで言いますと、まだ開示はしてないんですが、まず東京限定で始まっていて、今時点でいうと日本のおそらく60%くらいのエリアで使えるようになっているというふうに思います。

あとは定量的な情報ではないんですけれども、特に日本の若者の中でタクシーに乗る習慣が非常に少なくなりつつある中で、LINEタクシーをはじめてから若いお客さんが増えているという話は聞いています。

もうひとつLINEユーザーは非常にリピート率が高い、普通に使うお客様より次に使う確率が高いというデータが出ています。

Uberに関して言うと、まだ日本でそこまでエリアを広げて展開できていないという現状だと思います。

我々にとってサービスのカバレッジ、LINEのユーザーのみなさまに使っていただくということが非常に大事だと思っておりますので、我々は日本交通という日本の最大手のタクシー会社と手を組んで展開しているというところです。

もうひとつペイメントのご質問になりますけれども、今ですね、世界すべての国のLINEユーザーさんが、LINEにクレジットカードを登録するっていうことはできるようになっています。

ただ、まだ実際の決済に使えるっていうところで言うと、日本国内が拡充されているというだけの状態ですので、そういう意味では全面的な展開という状況ではないです。

記者:タクシー会社とLINEではどのようにレベニューシェアをしているのでしょうか?

出澤:ユーザーに払っていただいて、その手数料を我々が決済手数料としていただくというかたちですね。

記者:LINEタクシーを使うときに、ユーザーは追加でお金がかかりますか?

出澤:ありません。