生きることの本質とはなにか?

金山淳吾氏(以下、金山):「SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA」の残すところ3日のうちの1日が、このセッションで終わります。今日は全部で6個のこういったトーク、プレゼンテーション、セッションがありまして、このEDGEofという会場で5つ、それからヒカリエという会場で1つだけセッションがあり、先ほど終わりました。

いろいろなテーマの本質というものを(語っていただくために)、さまざまな業界で活躍されている方 、がんばっている方、イノベーションを起こそうと思って生きている方に、来ていただいています。最後のセッションは、「生命の本質」と書いて、僕らは「『生きる』の本質」という想いを込めています。

ということで、WITH ALSの武藤将胤さんに来ていただきました。僕と武藤くんの最初の出会いは、2年前のサウス・バイ・サウスウエストですね。

武藤将胤氏(以下、武藤):そうですね。

金山:いろいろなテクノロジーがあって、ひときわ「なんなんだこの人は!?」というのが、実は武藤さんでした。日本人で、しかもALS(筋萎縮性側索硬化症)という。「アイスバケツ・チャレンジ」って、みなさんも聞いたことがあるんじゃないかと思うんですが、体の自由がどんどん利かなくなっていくなかで、むしろ武藤さんのやっている活動は、どんどん創造力の自由度が増して、できることが増えていくという。

もう涙が出るほど悔しいくらいの気持ちを持ち帰って、僕が司会をやらせてもらって「打倒! 武藤将胤」といった判子をついています。そんな武藤さんに来てもらいました。

武藤:どうぞみなさん、よろしくおねがいします。

(会場拍手)

金山:ここにいる人間はみんな生きているんですけど、「生命の本質」と書いて「『生きる』の本質」「生きるとは何か?」「生きる」という本質的な意味、そういったものを武藤さんからお話しいただきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

ALSを発症してからも多方面で活躍する武藤氏

武藤:僕自身、ALSという難病になったことで気がついた「生命(『生きる』)の本質」を3つのキーワードに分けてお話しさせていただきます。はじめまして、一般社団法人WITH ALSの武藤と申します。クリエーターとして日々活動をしています。

バックボーンといたしましては、広告会社で広告コミュニケーションの仕事をしていました。そんな広告マンとして働いていた時代に難病のALSになったことで会社を起業して、今はテクノロジーとコミュニケーションの力を使って、ALSの患者さんをはじめ、さまざまなハンディキャップを抱えた方の可能性を切り拓く企画、イノベーションの開発を行っています。

また、「J-WAVE」でラジオ番組のナビゲーターをしています。僕自身、六本木ヒルズで毎週ラジオの収録も行っているので、六本木界隈でこの乗り物(パーソナルモビリティ「WHILL」)で爆走している人間がいたら、それは僕です。なので、みなさん優しく声をかけてください。

ALSという病気を聞いたことがある方も多いかと思います。2018年にお亡くなりになってしまいましたが、スティーブン・ホーキング博士もこの難病とずっと闘っていました。音声合成や、さまざまなテクノロジーの力を使ってご自身の研究を全うされて、僕にとっては偉大な先輩にあたります。また「アイスバケツ・チャレンジ」。金山さんからもお話がありましたが、もう4年前になるキャンペーンで、これも聞いたことがある方は多いと思います。

改めて、「ALSはどんな病気なのか?」をお話しさせてください。「筋萎縮性側索硬化症」というのが正式な名称です。運動神経が老化し、徐々に動かなくなっていく難病です。こうやって手足を動かす自由や、声を出す自由、呼吸をする自由が徐々に奪われていきます。

それでも意識や五感、知能の働きはずっと正常のままです。僕自身、発症してから約5年経ちますが、平均的な余命は3年〜5年と言われていて、世界に約35万人、日本では約1万人の仲間がこの難病と闘っています。未だに、治療方法が確立されていない現実があります。

ALSになって突きつけられた「有限な時間」

武藤:今日の「生命(『生きる』)の本質」の1つ目のテーマのお話をさせてください。これは僕自身も、あたりまえのことに感じていましたが、人は誰しも「有限な時間」の中で生きている。そのことをALSになって目の前に突きつけられました。

僕は広告マンとしての仕事が楽しくて仕方がなかった2013年、ALSの宣告を受けました。「なんで俺なの?」「人生ここでもう終わりなのでは?」頭が真っ白になって、僕自身はALSになったことで、まさに「有限な時間」をつきつけられました。

それでもどん底のなかで、必死に前を向いて決意をしました。「僕はALSと生きていこう」「どんな状況になっても自分自身を大切に自分らしく生き切ってやろう」。そう思いました。

ALSやハンディキャップを抱えた方の未来の社会を明るくするアイデアをかたちに。それが僕の選択した時間の使い方です。みなさんであれば、今「『有限な時間』を目の前に突きつけられたら何に使うか?」を一緒に考えながら、お話を聞いていただければと思います。

この記事は無料会員登録で続きをお読み頂けます

既に会員登録がお済みの方はログインして下さい。

登録することで、本サービスにおける利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

SNSで会員登録

メールアドレスで会員登録

パスワードは6文字以上の文字列である必要があります。