「Windows 10」初動、好調です

横田幸郎氏(以下、横田):みなさん、こんにちは。日本マイクロソフトの横田です。

私はSurfaceの技術営業という仕事をしておりまして、Surfaceを実際にご検討いただいているお客様、それからSurfaceを導入いただいたお客様の技術的な支援を業務としております。

Windows 10がリリースされたのが7月の29日ということで、1ヶ月少々が経ちました。当初1ヶ月の期間で、7,500万ダウンロードしていただいたということで、Windows 10へのみなさまの期待が非常に高いということを感じております。

現在、SurfaceにプレインストールされているOSは8.1

もう1つのテーマであります、Surfaceです。

右がSurface Pro 3。こちらは去年の7月にリリースしてから、1年ちょっとが経っております。非常に好評いただいておりまして、企業でも大量導入していただいてるお客様が、いくつも出てきております。

左、赤いキーボードが付いてるのがSurface 3です。こちらは6月にリリースさせていただきました。Surfaceシリーズ、日本では初のLTEの搭載モデルということで、通信モジュールも積みまして、よりモバイル用途で使いやすい端末となっております。

今日はWindows 10のお話をしますけれども、これらのSurfaceを今現在ご購入いただきますと、Windows 8.1が入った状態でお客様の元に届くかと思います。

これからだんだんとWindows 10に切り替わっていくタイミングがくるのですけれども、今現在Surfaceには、Windows 8.1がプレインストールされて出荷されております。

こういったSurfaceもWindowsの1つのデバイスでしかないので、SurfaceそれからWindowsのデバイスに、企業ではどうやってWindows 10を展開していくかということを中心に、今日はお話をさせていただきます。

Win10の企業内での展開方法は主に3パターン

企業でWindows 10を展開していただく方法として、主に3つの方法があります。

左側から「Wipe & Load」。これは従来からよくやられている、企業内で展開する際に、マスターイメージを作って、それを展開先となる購入してきた同じ型のPCに展開する方法になります。

2つ目。真ん中が「In-place Upgrade」。

これは、今、Windows 8.1、もしくはWindows 8、Windows 7で動いている端末そのものを、ユーザー環境や、作られたファイル、アプリケーション、ドライバー、こういうものを引き継ぎながらWindows 10に上げていく方法です。

3つ目。右側の緑の箱のなかの「Provisioning」。こちらは、Windows 10で新たに導入された機能です。

Windows 10がプリインストールされたマシンが調達されてきた場合には、このProvisioningという方法を使って、企業で使うために必要な設定やファイル、ユーザーの設定、それからポリシー、そういったものを展開していただくことができるようになります。

今、お話してきた方法が、それぞれ対象としているのは、Wipe & LoadであればWindows 8.1、もしくはWindows 7がプリインストールされている端末。もしくはWindows 10のプリインストールされている端末でも、マスター展開を行っていただくことができます。

どういった環境が出来上がるかといいますと、企業イメージでマスターイメージを展開しますので、どの端末にも同じイメージが展開されて、同じOS環境が出来上がって、仕上がってくるという方法になります。

In-place Upgradeについては、ユーザー環境を引き継ぎながら、PCの中でアップグレードが行われます。今お使いのWindows 7、8.1、8、そういった端末を使ってWindows 10に1台ずつ上げる場合には、In-place Upgradeが使えます。

3つ目のProvisioningに関しては、先ほどもお話したとおりWindows 10の機能ですので、Windows 10のプリインストールマシンを買ってきたときに、それに対して企業環境をセットアップしていく、こういった用途に使うことができます。

Win10が対象の新しい展開手法「プロビジョニング」

一つひとつのWindows 10の導入方法について、ここから少し詳しく見ていきたいと思います。

まず、右側から行きます。Provisioningです。Windows 10の新機能になります。

Provisioningの方法でありますとか、デモについては、この前の時間にルームBというところで、私と同じチームにいる弊社の胡口という技術営業の者がご紹介しておりますので、簡単にご紹介したいと思います。

Provisioningは、Windows 10がプリインストールされたマシンが対象となります。

管理者の方は、企業で必要な設定、ポリシー、ドメインへの参加情報などを、Provisioningパッケージというものを作っていただいて、その中に設定情報として入れ込む形になります。

ユーザーの方は、PCが配布されたら自分でこのProvisioningパッケージを適用していただければ、会社で必要な設定ができあがって、すぐに業務で使えるPCになるという仕組みです。

もちろん、こういった仕組みですので、BYODを採用している会社であれば、ユーザーがBYODで持ち込んだ自分のWindows 10端末に対しても、会社の設定が入ったProvisioningパッケージを配り実行することで、BYODのマシンの上にも会社で使う環境を簡単に設定することができます。

OSの再インストールやマスターイメージの展開というものが必要ないので、管理者が実行する作業が非常に少なくなって、展開を楽にしてくれる。そういった新しい機能になります。

必要な設定を一括でセットアップ

こちらのProvisioningで設定できることは、非常に多岐に渡っており、企業で必要とされるような設定、それからアプリケーションの導入、証明書の配布、そういったところを一通り網羅しています。新しいイメージを入れたり、OSを再インストールすることなく、企業で使えるPCをセットアップしていくことができる。そういった仕組みになっています。

では、管理者サイドではどういった作業が必要になるかということですけれども、こちらは「Windows Image and Configuration Designer(ICD)」という、ツールが新たに提供されます。

従来からあるWindows ADKが、Windows 10用に拡張された新しいバージョンです。

Windows ADK for Windows 10というモジュールを、マイクロソフトのサイトからダウンロードして、管理者のPCにセットアップしていただき、そこで必要な設定の情報を入れ込んで、パッケージを作っていくことができるツールになっています。

後ほどご紹介しますが、こちらのツールを使ってマスターイメージを展開するためのメディアを作ることもできますので、そういったところは、後半でご紹介したいと思います。