テクノロジー系ベンチャーがライフサイエンス分野に参入するには?

本荘修二氏(以下、本荘):今回初めての企てになります。

曽山明彦氏(以下、曽山):カジュアルにやるのは初めてです。今回は「ライフサイエンス×テクノロジー」がテーマなのですが、事業がつながる前に人がつながらないと話にならないということで、ライフサイエンスのおじさん軍団と、秋葉原のとんがった若者集団が知り合うきっかけ、接点を作りたいと思ったわけです。

まずはこちらの3名に、自己紹介を兼ねてプレゼンテーションをお願いしたいと思います。

司会:まずは、株式会社FOVE 代表取締役社長の小島由香さん、お願いいたします。

小島由香氏(以下、小島):私たちの会社は視線追跡機能がついているVRヘッドセットを、当時、世界で初めて作った会社です。特徴的なのは、アイトラッキングによって見た方向にユーザーインタフェースを操作することができるところです。

現在はインターネットカフェ様に約5,000台を展開させていただいており、360度の動画をみたり、ゲームをしたりすることができます。また、ビジネスホテルでも360度動画プラットフォームを入れており、レンタルすることも可能です。

アイトラッキングを使った医療への応用事例

小島:医療の取り組みとして、筋ジストロフィーの男の子がピアノを弾くというプロジェクトや、寝たきりのおばあさんが、目の動きでロボットを遠隔操作して、お孫さんの結婚式に参加するといったことをしております。では、実際に動画で見ていただきましょう。

これは、「Eye play the Piano」というもので、ピアノを弾く筋力のない男の子が、瞬きの動きだけでピアノを弾くといったプロジェクトです。これは一般販売に向けて、アプリのブラッシュアップをしているところです。

次に、Hug Projectと呼んでいるものがこちらです。

愛知県に住んでいる90歳の寝たきりのおばあさんが、東京で行われたお孫さんの結婚式に参加しているところです。ペッパー君を視線で操作して、遠隔参加を行いました。この日、おばあさんは初めてVRヘッドセットを被ったわけなのですが、このように使うことができています。バーチャルリアリティは非常に直感的ですので、老若男女を問わず使っていただくことができると考えています。

もう一つ、「Gaze Heatmap」というものです。

これはアイトラッキングを使って、ユーザーがどこを見ているかを分析するためのソフトウェアです。例えばバーチャルリアリティ空間でモノを販売するといった場合、ユーザーがどこを見ているのかをこれで分析することができます。ユーザーが見ているところがヒートマップで表示されます。これは企業様の新プロダクトの研究開発や、広告代理店様の広告の効果測定などに使われています。

物理的な障害を乗り越えるVRは、医療にどう役立てるか

小島:最近の医療活用事例の一つは、緑内障の視野検査です。FOVEを使って、緑内障の視野が欠けているところをVR空間で測定するといった、FOVE0ヘッドセット用アプリケーションを国内医療企業様が開発し、すでに発売いただいています。

米国で実施させていただいている例になりますが、飲酒運転や薬物使用をしているかどうかを調べる上で、VRヘッドセットをかぶって、眼球の動きを見てチェックするといったケースでも使っていただいております。

医療・ライフサイエンス分野との融合ということで、ご興味ある方がおりましたらお声がけしたい内容なのですが、NeU様(日立ハイテクノロジーズ、東北大学)との共同研究として、脳血流を図るデバイスと、FOVEのアイトラッキングをする技術を組み合わせた研究開発をしています。

例えば、うつ病の方の脳血流を調べたり、ヒートマップの技術と組み合わせてドライビングシートのレイアウトを作ったり、分析ができるデバイスを開発しています。現在はテストモニターを募集しています。

私たちはずっとVRでやってきた会社ですので、技術に強みはあっても、医療機器認証のプロセスや知見は浅いです。このあたりを教えていただければと思っております。

違和感なくしっかり深部体温を測れるウェアラブルデバイス

司会:次のプレゼンターは、株式会社HERBIO(ハービオ)の代表取締役社長・田中彩諭理さんです。

田中:ハービオの田中と申します。私たちは、深部体温ウェアラブルデバイスを開発しています。私たちのミッションは、研究とテクノロジーで人の社会課題を解決したいという想いから成っています。

私たちのソリューションは、これまで舌や耳で測定していた体温を、ウェアラブルできちんと測りましょうというコンセプトとなっています。

既存のウェアラブル製品では、就寝中に測るには大きすぎたり、違和感があったりして測りづらい、モニタリングがしづらいといったユーザー体験の課題がありました。そこで、私たちは研究者と一緒になって、新しい箇所での体温測定デバイスの開発を進めております。

新箇所で測った実験データがこちらになります。舌下で測ったものと、新箇所で測ったものの比較です。新箇所ってどこだよ、と思うかもしれないですが、特許上、この場でいうのは控えさせていただきます。どちらも同じ形での弧を描いていて、婦人科の方に聞いたところ、排卵のタイミングが同じであると予測され、データへのお墨付きをいただいております。

日々の健康管理から、命を救うところまでを実現する

私たちが開発しているものは2つあります。

一つはウェアラブル体温計の「picot」というものです。最低8時間の連続計測で、10分ごとの体温を0.05℃の差異で測定できます。シリコンを作っているベンチャー様と一緒に開発を進めており、肌荒れしない装着方法を実現しております。

もう一つは、アプリの「HERBIO(ハービオ)」です。HERBIOの意味は、「女性のバイオリズム」です。就寝中に身に着けたpicotのデータをアプリで管理することで、女性の生理周期やホルモンバランスを手軽に確認できるようにしたものです。

寝ている間だけでなく、起きている間の体温測定に関する実証実験も行っておりまして、熱中症対策への応用も考えています。体温データがクラウドへ蓄積されていきますので、データを分析することによって、第三者やご自身に知らせることができます。

体調管理における現場の声のヒアリング結果では、赤ちゃんの体温が急に上がった場合にお母さんが気付くことができるようなものや、うまく体温が測定できないといったケースもありますので、乳幼児の体温を正確に測定できるようにしていきたいと考えております。

市場規模として、基礎体温だけだと少なく感じると思いますが、体温管理が必要な方は国内に2,200万人くらいいるといわれております。

最終目標としては、健康管理から命を救うところまでを実現したいと考えています。メディアでも「深部体温を測れるものは今までなかったよね」と注目いただいており、実証実験先や提携先も探しております。

曽山:女性向けの製品からはじまって、赤ちゃんや男性にまで広がってきているというのはいいですね。