logmi・ログミーファイナンス

投資・IR情報の書き起こしメディア

メンバーズ、営業利益37.3%増 剣持社長「新卒を大量採用し、短期間で育成していく」

メンバーズ、営業利益37.3%増 剣持社長「新卒を大量採用し、短期間で育成していく」

東証1部指定変更

ご紹介いただきました、メンバーズの剣持と申します。2017年3月期の通期の決算説明をさせていただきます。よろしくお願い致します。 0002 まずは、本年の4月21日に東証1部に指定替えになりまして、誠にありがとうございます。 私どもの会社によりまして、東証1部上場はすごく大きい影響があると思っておりまして、1つは取引先が大企業がほとんどですので、大企業様向けの信用力向上ということが、今後の取引拡大に大きく寄与するというふうに考えております。 もう1つは、我々新卒の採用を大量に行っておりまして、採用力強化という意味におきましても、東証1部上場指定替えというのは力強いパワーになると思っておりまして、今後東証1部上場指定替えを活かしまして、企業価値向上に努めていきたいと思っております。

外部環境①:ウェブビジネス市場規模の予測

0004 会社の説明をさせていただく前に、外部環境の件について共有をさせていただきます。この資料は毎回使っている資料なんですが、マーケットはこれから拡大するという資料です。 これは野村総合研究所さんがまとめた資料を我々が加工したものですが、インターネットを使ったビジネスの全般の事情規模はこれからもっともっと拡大するというような資料でございまして、規模間としても47兆円になっていくというふうに言われています。 我々が現時点で手掛けているデジタルマーケティングの市場は、もちろんこのWebを使った全般の市場よりもっと小さく、この一部なわけですけど、基本的に大きなトレンドとしてはこれから非常に大きくなっていくと理解をしております。

外部環境②:メディア接触時間の変化

0005 デジタルマーケティングの世界で一番影響があるこの人々・消費者の視聴時間の変化についてもこれからだというデータが出ております。 2014年まではやはりテレビの視聴時間割合が多く、ネットは第2位だったんですが、2014年を境にインターネットを使ったメディアへの接触時間割合がテレビを超えまして。 大企業を中心にした広告市場も「本格的にデジタルシフトするのは2014年から」と理解をしておりまして、本年度、それから来年・再来年とデジタルシフトがさらに進んでいくものだと理解をしております。

外部環境③:枯渇するネット専門職

0006 このようなデジタルマーケティングやデジタル経済を支えるために重要な役割を果た、すインターネット専門職やデジタルクリエイターと言われている人材の有効求人倍率の状況です。 日本全体で1.27倍、現時点で1.3倍ぐらいですが、と言われる有効求人倍率の中で、全職種中で最も枯渇しているのはこのデジタルクリエイターおよびネット専門職と言われる、我々の社員のような職種になります。 7倍を超えるというような状況でして、改善する見込みは今後もまずないと我々としては踏んでおります。

注力サービス:EMCモデル

0008 このような状況の中、我々が展開しているサービス、我々の強みについて共有をさせていただきます。 我々は大企業を対象に、デジタルマーケティング支援、とくにWebサイトの制作業務を行っている会社でございます。 ホームページの制作というと、個人でもできる業務ですから「そんな大規模にやるってどういうことかな?」と想像がつかないかもしれませんが、我々は個人でできる業務を遥かに超えた企業のWebサイトの制作・運用支援を大規模に行っているサービスを展開しております。 まず真ん中ですけど、大企業に特化をしています。 大企業ご存知の通りWebサイト、アプリ、SNSは1つしか持っていないわけではなくて、だいたい数十個ぐらいは持っておりまして、多い会社さんですと数百のWebサイトやSNSアカウントを運用しております。 それを従来でしたらばらばらに、いろいろなベンダーにその都度見積もりをとって発注していた。それも現場部署がばらばらですね。 それを一か所に束ねて、品質を一定に保って、ビジネスゴールをきちんと策定して、そのゴール達成に一貫して進めるようなWebサイト制作サービスを提供しているのが我々の商品のEMCというものになります。 まずは大企業に特化して、とくに我々は金融機関さんのお客さん等も多いものですから、非常にPCP対策であるとかセキュリティ対策を、通常のWebサイト制作会社とは比較にならないくらい堅牢な状態をつくりまして。 そのような環境のもとで専任チームを組みまして、だいたい数名から多い時は100名超の1社あたりの専任チームを組んで、お客様のWebサイト・ECサイト・SNS。 多言語も含んでグローバル対応も含めて、データ分析、それから戦略立案、もちろんデザイン・システム開発・運用、それを専任チームで丸ごと引き受けていく展開をしております。 このようなサービス、ビジネスプロセスアウトソーシングサービスに近いような業態ですが、「安く早くやってあげる」というようなことを売りにする場合と、もう1つは「少し値段は張るけど、成果を提供する」という2つに分かれるんですが。 我々としてはビジネス成果向上型を提供しておりまして、我々に任せてくれれば、簡単な話売上を伸ばしますと、売上につながるような、会員数増を目指したり、離脱率を防止したり、ブランド価値を向上しますということを、我々は提供価値として顧客に提供しております。

EMCモデルの概要、強み

0009 もう少し具体的にご説明しますと、Webプロデューサー・ディレクター・エンジニア・デザイナー・アナリスト・コンテンツプランナー等を、お客様の戦略やコンディション、やるべきことに応じてその都度専任チームをアサインをします。 数々、多くのWebサイト・SNS・アプリ等を一括して我々が企画・制作・運営を受託をしていきます。 特に運用のところに強みを持っておりまして、多くの我々の同業は企画して納品して、手離れよく次にいきたいというような、そういうようなサービス提供形態を持っている会社さんが多いんですが。 我々は運用に特化をして、非常に人数がかかるような運用に特化をして、その代わり定常的に、年間を通してビジネスゴール達成をデータを用いて、仮説検証型でご支援していくというようなサービスを展開をしております。 そのようなサービスを展開して成果を出すためのメソッドを持っております。方法論ですね。 どのような方法で、プロセスで作業を進めていくと効果的に売上・成果の向上に貢献できるのかということを、お客さんごとにチームを組んでいるんですが、そのチームのリーダーが標準的なエース級レベルのリーダーでも、優れた成果を出せるようなメソッドを構築して、そのメソッドをきちんと踏んでサービスを提供するということを心がけております。

EMCモデル提供クライアント

0010 お客様はこのようなところでございまして、消費者向けの商材を扱っている大手企業と言われるところに限定をしております。 ここに記載している会社様は一部で、本当は中堅・中小企業様に数多くということではなく、本当にここに記載している会社様がほとんどなんですね。 数を増やすというよりは、1社あたりの売上を増やしていくということに重きを置いております。というのは、1社あたりのWebサイト制作の占有率を高めて、端っこだけ、一部分だけ担うのではなくて。 ほとんど我々が担っているという状態をつくっていって、我々の存在価値をきちんと認めてもらうということを心がけて営業取引をしております。 Eコマースサイトのデザインの制作・運営はもちろん、キャンペーンであるとかアプリであるとかSNSであるとか、それから店頭に飾ってあるという、展示されているデジタルサイネージのクリエイティブの制作・運用・制作業なども我々がやったり。 それから海外に進出して、Webサイト、Eコマースサイトを展開する際のテンプレートであるとか、サポート、コンサルティングというのも我々の社員が、出張ベースで行ったり。 一部今も常駐してたりもするんですけど。そうやって海外展開も総務的にサポートさせていただいております。 そのほか、スカパーさんでも数十名。JCBさんでも数十名。みずほ銀行さんでも数十名というように、数十名単位のデジタルクリエイターチームを組んで、彼らのWebサイトの企画制作運営を一手に引き受けていくということをやっております。 今申し上げた通り、大口でチームを組んでやる。もちろん取引は継続的になります。運用型のビジネスを受託してますので、取引が一過性ではなくて、基本的には、大きなトラブルがない限り、来年も再来年も続いていくというものでありまして、リプレースのハードルは意外と高いと。 そのかわり、新規のお客さん、他社からリプレースで取ってくる方も難易度が高いので、我々は非常に優れたサービスを提供し、かつ、なんらかの切り替えのタイミングのときにうまく入れたら、大口のリプレースを受けるというようなことになります。

(連結)売上高/EMCモデル売上高 前年比

0012 業績についてご説明をさせていただきます。 昨年度の業績は非常に好調に推移いたしました。今申し上げたEMCモデルを提供しているクライアントの売上が非常に好調に推移して、37パーセント増となりました。全体では25パーセント増となっておりますが、EMC売上だけに取れば37パーセント。 我々の方針としては、EMCモデルを提供している顧客に集中しようというような方針を取ってますので。 具体的に言うと、それ以外のお客さまの売上が減ってもかまわないというようなことで、どんどんどんどんそっちに集中してますので、前期では32億から23億に減って、今期では、そのEMCの候補になるようなお客さまが増えたこともあって、多少EMC以外の売上が増えてはおります。 基本的にはEMCのところを、どんどんどんどん増やし、社数を増やし、1EMCあたりの売上を拡大していこうというような方針をもってやってります。

(連結)EMCモデル提供顧客1社当たり売上

0013 過去最高の売上を計上することができました。今申し上げた1社あたりの売上も好調でして、3億7,200万円。社数でいうと1社増えまして、15社に提供しています。もう少し社数の拡大、増加を狙いたいところなんですが、我々リソースありきの商売をやっています。 要するに社員が何人いるかが勝負で、それ以上の取引がなかなか難しいような商売形態になってますので、既存が非常に好調に推移すると、新規がなかなか手掛けにくいっていう構造にはあるんですね。 ですので新規の方は1社しか増えてはいないんですが、既存が非常に好調に推移した結果、EMC売上が先ほど言った37パーセント増えるにいたりました。

(連結)付加価値売上高 前年比

0014 付加価値売上高ですね。売上高から外注費を引いた手残りの売上高については、30.5パーセントの増加をすることができました。この付加価値売上高比率についても、2.6ポイント拡大することができました。 これは我々、仙台や北九州というところに、国内制作拠点を設けておりますが、そちらでの内製化率が高まったこと。外注に出してたものが内製にどんどんシフトしていることが好走
して、このような数値になっております。

(連結)営業利益 前年比

0015 営業利益ですが、37.7パーセントと非常に好調に推移をしまして、営業利益率につきましても、0.7ポイント向上して、7.6ポイントまで向上することができました。

(連結)社員数 推移

0016 人員は積極的に拡大をしておりまして、純増ベースで158名増の605名です。あとでお話しますが、我々新卒を大量に取ります。 新卒の1年目、特に前半は、もちろん収益貢献度はないわけなんですが、そういう大量の新卒採用をしても、過去最高の利益を向上している。 利益率についても、大幅にアップすることができたので、EMCモデルというのがマーケットにきちんと受けられてるかという手ごたえをして、今の運営をしております。

子会社売上高推移

0017 子会社売上の拡大をしていこうと。メンバーズ自体は、基本的に大企業に向けたWebサイト制作の受託サービスですが、お客さまには「自分たちでやりたいので、派遣でよこしてくれ」であるとか、メンバーズ本体では抱えきれないようなニーズをいただくことが多いです。 しかし、それをメンバーズ本体で手掛けてしまいますと、軸がブレますので、テーマが違うものは子会社展開していこうということでやっております。 今いちばん大きい子会社は、メンバーズキャリアという派遣会社です。正社員で社員を雇用して、質の高い社員を派遣形態というかたちで、顧客に提供しようというものです。 安く提供するというよりは、質の高いものを提供しようということで、前年比2.2倍伸長しまして、それ以外も順調に推移して、約2倍の92パーセントの子会社売上が増加になりました。

ROEと一株配当の推移

0018 結果としてROEは19.1パーセントまで拡大することができまして、配当については7.5円と増配をすることに達しております。

今後の長期戦略(基本方針の継続)

0020 続きまして、今後についてです。成長戦略と業績予想についてです。まず成長戦略です。今手掛けている基本戦略を継続しようというのが概略です。 EMCモデルを拡大していこうというものです。もちろん社数拡大もそうですが、既存EMC。既存顧客の売上はまだまだ拡大余地がかなりあって、ここにきて、きちんとクロスセル、アップセルを図って拡大をしていこうと。 それから、今まではWebサイト制作が中心のEMCでしたが、その周辺にはデジタルマーケティング関連で、様々な我々が手掛けられるべきところが転がっておりまして。 例えば、ここに書いているデータアドリブマーケティングとか、横文字で恐縮ですが、お客さんが持っている顧客データを使って、デジタルマーケティング、もしくは広告展開等をツール等を使ってやるビジネスがあるんですが。 こういうツールを導入してくれる会社もある。ツールを作っている会社もあるんですけれど、お客さんと2人3脚で成果創出で汗を流してくれる、オペレーションを一緒になってくれる人たちを提供してくれる会社がないっていうのが実態なんですね。 ですから我々のような、1000人チームを組んで、お客さまと2人3脚で成果創出をご支援するというサービスのコンセプトにハマるものでして、このようなサービスを今、追加をしていきます。 今申し上げたのは一例でして、このようにお客さまが自分たちでもっとコード化したデジタルマーケティングを、自分たちの手元できちんとやりたいんだと。外部に丸投げするんじゃなくて、自分たちでやりたいんだっていうニーズが非常に強いんですね。 そのような内製化というか、きちんとやりたいと。自分たちのまわりでやりたいというようなニーズに答えるべくEMCのサービスラインを今後も拡充していって、1社あたりを増やしていくということをやります。それに伴い社数を増やしていきます。 それから、当たり前ですけど、体制を拡大します。我々ツールを使ったり、なにか機械で商売するというよりは、人間、社員を使ったプロフェッショナルサービスですので、社員の人数を拡大化すること。 社員のスキルを引き上げて、単価向上していくということが、基本的な売上拡大の手段。それしかありませんので、その2つをきちんとやろうということでやっています。 新卒は、この4月に138名迎えまして、我々の規模からしたら非常にチャレンジですね。今年138名。昨年は95名。その前は60名ですから、今700名強の社員の中で非常に大きい割合が新卒3年目以内なんですね。 ですから通常の会社が新卒を迎え入れていくという感覚では、考えられないぐらいの比率になっていると思いますが、我々としては、社員が増えなければ売上が増えませんが、だいたい25パーセント以上増やしていこうというふうにも心がけています。 その新卒をいかに短期間で育成して、お客さまに提供して、きちんと収益貢献していくかというところに非常に神経を使って、努力をして展開をしております。 採用した人たちがやめてしまったり、もしくは、質の悪い社員は採用してもあまり意味がないですから、やはり我々の職場環境が非常に良いものでないと、良い社員は寄ってきませんので。 あと離職率も高くなってしまいますので、非常に職場環境にも力を入れておりまして、経産省さんにも、ホワイト500に認定されたり、厚生省さんにも、くるみんを認定されたりというように、このへんの職場環境改善に非常に努力をしております。 それからグループの拡大です。先ほど申し上げた通り、メンバーズは大企業向けの受託です。大企業およびWebサービス業向けの人材派遣会社がキャリアです。 ここも非常に順調に拡大しておりまして、現時点で社員数も100名超えておりますが、今後も200名、300名と早急に急ピッチで拡大がいけるんじゃないかというふうに思っております。 通常の、他の我々のライバルの人材派遣会社もなかなか人を採用できなくて、困っているというふうに聞きますが、我々はホワイト環境を売りにしてるというところがあって、メンバーズキャリアについても好調に人材が採用できておりまして、今後も積極的に拡大していく。 それ以外にも、このWebサイト制作に限定しない、大企業に限定しないというところで、里山エンジニア事業。エンジニアリング領域で、Webサイト以外。 例えばIoTであるとか、AIであるとかというところまで含めて、業務領域を拡張し、大企業以、外の新興のベンチャーであるとか、Webサービス事業者向けのサービスも提供して。 将来、メンバーズキャリアについても、これを埋めて、メンバーズエッジ社についても、期待値としては、1,000名ぐらいの規模になれたらいいなというような目標を持って、拡大をしていこうと。 それ以外にもM&A含めて、周辺領域を積極的に拡大をしていこうというふうに思ってます。

2018年 3月期 業績予想

0021 業績予想は、増収増益を予定をしております。あとで申し上げますが、IFRSの導入が、準備を進めておりますが、やっとスタートすることができまして、その点で売上が減っているようにみえますが、増収になっております。75億の通期売上で6億4,000万の営業利益を予定しております。 一昨年ぐらいから、新卒採用にかなり拍車をかけておりますので、この19第1四半期赤字体質というのが、少しずつなっておりまして、2Q以降で取り返していくというふうになっております。 前期2017年3月期も、そのような当初発表をしましたが、今期の2018年3月期につきましても、1Qは営業利益で1億7,800万円の赤字の予算を組んであります。29までに取り返し、下半期では大きく取り返して、きちんと増益にしていくということを計画をしております。 何かトラブルがあったとか、なにかマイナスなことがあったとかいうことではなくて、きちんとしたサイクルに則った上での第1四半期の赤字計上予算になります。 売上につきましては、前期80億8,800万円でしたが、日本基準で言いますと、今期については90億円を予定をしております。 今計上したものが15億円ありますので、IFRS基準でいうと売上の予算になる予想をして、75億を予定しております。

利益計上の季節性について

0023 先ほど申し上げた第1四半期が赤字になるということを少し解説したものです。 2017年3月期も第1四半期で赤字の予想を出しましたが、結果としては、どちらに転ぶかわからなかったようなお仕事がまあまあ第1四半期に転びまして、結果としてはトントンの0、赤黒トントンで終わったんですね。 第2四半期も予定以上に収益が上がったことで、2億2700万の利益に上がったんですが、基本的には当初予算としてはもう少し固めで読んでいました。 結果、積み上がって6億1,700万なんですが、今期、2018年3月期についても、まだそこまで確定的な読みができないところもありますので、きちんとリスクも含めて第1四半期は1億7,800万円の赤字が出るのではないかというふうに見込み。 9,000万円まで回復させ、結果的には6億4,000万円をきちんと計上しようというような、季節要因も加味した予測としております。 ただ、我々のビジネスは人材が確保していけるかというのが非常に大事でして、今後ますます人材採用難は加速度的になると思っております。 我々も人材の採用のレベルを全く落とさず、どちらかというと上げながら、この人数を確保しているので、かなり我々の業界内でのこの新卒採用マーケットというのは、我々は非常にいい成果を出せているんですけど。 今後も成果が出せているうちにきちんと新卒を獲得して、採用して、早期に1,000名体制にするというのが競争力基盤の大事なところだと思っております。 1,000名ぐらいの体制がないと、正直体制としては脆弱すぎて、大企業がWebサイト制作を大規模で一括で任せるなんていうことを考える時には、小さい会社というように部類されてしまうんですね。 ですので、せっかく東証1部上場しましたので、信用あるしっかりした体制および財務基盤の会社だということで採用してもらうためにも、早期に1,000名体制を超えるということは非常に重要だと思っておりまして、そういう意味で計画通り順調に採用していこうというふうに思っております。

VISION2020(日本基準) 達成に向けてEMC拡大

0024 我々はVISION2020・中期経営計画を発表しておりまして、日本基準で申し上げて2020年に売上150億円、営業利益10パーセントの15億円を連結であげていこうというような目標を持って進んでおります。 ここでなにを申し上げたいかというと、オンスケで進んでいますということを申し上げたいと思いますので。 まだ、もちろん予想できるというようなものではありませんが、今期、日本基準で言うと90億、営業利益率で言うと、きちんと固めに見て7.1パーセントとなっておりますが。 今やっている内製化を高めること、それから収益性の高いEMCをさらに売上率の中で高めていく等のことをしっかりやっていけば、十分に10パーセントは届くということを思っておりまして、きちんとこのラインに乗って頑張っていきたいと思っております。

配当予想(株主還元方針について)

0025 今期の配当予想については9.5円を予想しておりまして、我々は株主還元についてはDOE5パーセントをなるべく早期に達成しようということを目標に掲げておりまして、今期9.5円となれば4.5パーセントのDOEになると言われております。

17年3月期 通期業績ハイライト

0026 過去最高で4期連続で売上・利益ともに更新ができました。EMCモデルというコンセプトが当たっておりまして、引き続き拡大を見込んでおります。 1社あたりの売上を増やしつつも、社数を増やしていこうということと、新卒を積極的に採用していきます。それから大企業向け以外、Webサイト以外という領域にも今のうちからチャレンジをしておいて、今後の大きな飛躍に向けた子会社売上の拡大ということもやっていこうと思っております。 今期につきましては75億で6億4,000万、実質的な5期連続の増収増益、それから増配を考えております。 いったん私の発表は以上となります。ありがとうございました。

  
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
メンバーズ、営業利益37.3%増 剣持社長「新卒を大量採用し、短期間で育成していく」
注目の決算説明会

おすすめログ

無料で求人掲載できる!エン・ジャパンの採用支援ツール、engage(エンゲージ) PR

人気ログランキング

TOPへ戻る