働くことの意味とは?

佐俣アンリ氏(以下、佐俣):じゃあ、次の質問。平尾さん、誰かご指名を。

赤川隼一氏(以下、赤川):堂々とやろう、堂々と。

有安伸宏氏(以下、有安):堂々キャラ(笑)。今日はみんな一貫してますね。

質問者:早稲田大学の者です。起業されて仕事されてる方と、起業しないで企業に属して仕事をしている方がいらっしゃいますが、起業した意味とか今働いてる意味っていうのは、どういうふうに感じていらっしゃるのかな? って興味があります。

有安:働く意味? モチベーション的な話ですか?

質問者:どういう意味があって今働いているのかを……。

有安:「Why?」

赤川:深い。

佐俣:めちゃめちゃ素敵な話なんで、平尾さんは1分以内で答えてください。

有安:平尾さんは最後にすれば?

佐俣:平尾さんは最後にしましょう。

有安:ラストジョー。

「生きることの全てが仕事につながっている」

赤川:じゃあ僕から行きましょうか。すごくいい質問ですね。もう息をするように働いているんですよね。「ワークライフバランス」っていう単語が好きじゃなくて、仕事とプライベートを必ず切り分けるべき、みたいな思想に聞こえてしまうんですよ。そうじゃなくて、酒飲んでる時も映画を観てる時も全部「これによって自分は何を作り出せるんだろうか?」と全てが仕事につながっていくんです。

「このインプットを俺だったらどう料理するだろうか?」みたいなのを、ぼんやり考えながらインプットをしていて、それが知らず知らずのうちに影響して出てくるんですよね。だから「働く」というよりは「生きる」ですよね。で、生きる意味はちょっと、何だろうな……。深いなぁ、これ。

平尾丈氏(以下、平尾):哲学的だよね。

赤川:何だろうな、本能的に楽しい物に飛びつく直感的なところと、もう一方でやっぱりこの時代に生きてるのであれば、人類の進歩に貢献したいという思いは持っていて。

インターネットの時代のすごいところは、僕であれ皆さんであれ、ある1人の人間が作ったものが50億人、60億人に届く可能性が平等に与えられてるってことがものすごく素晴らしいことだと思っていて。

こんな自分でも人類の進歩を進められるかもしれないということは、どこかでやっぱり思ってると思います。一方で「超アツい! 激アツ! 即やっちゃおう! ドーン!!」みたいな嗅覚だけで飛びついちゃう感覚もやっぱり好きで(笑)。まぁ、その2つの中で生きてるんでしょうね。答えになっているでしょうか? こんな感じです。

「生きる意味」を考えるより、没頭できることで勝負すべき

佐俣:じゃあ、有安さん。

有安:働く意味とかを考えないぐらいに没頭してるのが、たぶん1番幸せだと思いますよ。僕の場合は最初に新卒で会社に入って、起業してその後会社を売却したので、今は雇われの経営者っていう立場なんですけど、その時々で目の前のことに集中していたから、働く意味はあまり考えたことがないです。

やっぱり自分のやりたいことが先にあって、そのために大きな組織を使わせてもらうとか、自分で作った小さな会社で戦っていくとか「やりたいことありき」という感覚のほうが正しいので、あんまり働く意味って考えなくて「結果的に働いてる」っていうほうが近いですね。

なので、あんまりどの組織に属してどう働いていこう? っていうふうに俯瞰して考えることはあんまりなくて、目の前でいろいろなビジネスチャンスがあって、それに自分がどういうタイミングでどう勝負をするか、これに尽きると思います。

誰とどういう枠組みでどういうふうに戦っていくか? とかっていうことを考えて、アクションするっていうのが結果的に働くっていうふうになってるのかなと思います。「生きる意味」みたいな話は無限ループで、「生きる意味」とか「人生の価値とは?」とか考える時って、多くの場合ちょっと鬱入ってる時だから(笑)。

一同:(笑)。

有安:そういうのを自分が考え始めたら「あっ、俺ちょっと調子悪いな」っていうことで、外でランニングすることにしてます。外で運動するとそういうことを考えないで、目の前のことをとにかく頑張ろうみたいになるので。

たぶん「人生の意味とは?」なんて考えるのは地球上で人間だけなので、非常に贅沢な悩みだとは思うんですけど、基本的には哲学的な問いになっていくので、あんまり答えってないんですよね。だから自分の納得感が全て。自分が勝負できる、没頭できると思える腹落ち感が全てだと思うので、そこへ自分を持っていけるようにしてますね。

貧しさから開放されたくて渇望した「3つの資本」

佐俣:じゃあ、平尾さん。

平尾:自分の場合すごい変わりましたね。たぶん皆さんぐらいの時、自分は貧しかったので、貧困について考えたり、渇望感みたいなものをすごい感じたりしてたんですよ。すごいハングリーだった。「貧しさとは何ぞや?」みたいなところから入っていった時に、やっぱり資本がないことかなと思ったんですよ。

資本っていくつか定義があって「人的な資本」「金銭的な資本」「仕事的な資本」の3つがあったとして、「仕事的な資本」っていうのは、稼いでやるみたいなことですよね。自分の労力・時間を売って稼いでいく。

今ピケティがすごい話題になってますけど「金融的資本」は資産を運用するほうですよね。もう1つの「人的な資本」っていうのは、やっぱりソーシャルキャピタルであったりとか、周りとの関係性であったり、なかなか見えないですよね。

資本の貧しさからの解放というところで、自分は学生時代にロールモデルを探したり、新橋の駅で「社長ー!」って吠えたりして。「社長ー!」って吠えると振り向く人がいるので、その人に話を聞きに行くとか。いろんなソーシャルキャピタルを取りに行きました。

ある程度今は上場もして、みて考えたのは、「自分以外の人に何を残せるか」かなということです。

自分の貧しさからは解放されたので。次は周りの人たちの貧しさを解放するとか、問題を解決しようと思っていて。自分は大学1年生、2年生までは、ITエンジニアになって世界を変えようとしてました。

実はクリエイティブな経営者の仕事

平尾:でも、今日も同級生とか何人かいますけども、神みたいなやつがいっぱいいるんですよね。そういう人たち、ライバルと会いながら、やっぱり自分はどうしてもクリエイティブの世界とか、もしくはエンジニアリングの世界では彼らにかなわないなと思ったんです。

今日は次元を超える事業家集団が来てますけども、みんな別にビジネスライクなビジデブ(ビジネス・ディベロップメント:事業開発)系の人材っていうよりも、クリエイティブ×アントレプレナーであったりとか、エンジニアリング×アントレプレナーとか、グローバル×アントレプレナーがいるんです。

その中で自分ができることっていうのは、アントレプレナーシップを通じて、自分はクリエイティブなことはできないんだけど、やっぱり経営者の仕事っていうのは……。

絶対今日も皆さんそうですけど、飽きない。それだけクリエイティブな仕事だと思っていて。

これだけ言いますね。教科書に載ってないことも正解になりうる世界。しかも自由なんです。自由度が高い。自分にとっては経営者の仕事はすごく楽しく、かつ責任感を持ちながら前のめりにできることで、全部のチョイスが自分の責任なんですよ。

もちろんうちの会社はトップダウンじゃない。スーパーボトムアップの会社です。でもそういう会社にしたのも自分の意思決定で決まっている。それも責任。

それがすごい楽しくて、その中で人々の新しいイノベーションとして結果を作って、みんながそれを真似しなくてもいいけど、それを作る過程において……、大丈夫ですか?

佐俣:大丈夫です、大丈夫です。有安さんがね、飽きて手遊び始めちゃった(笑)。

平尾:先輩……。あとで控室でうなぎパイ渡します。

有安:すごい広げるね、話を。すごいですね。

平尾:ロジカルじゃないんですよ、自分は。だけどパッションでも通じればいいなと思いながらやってます。

佐俣:平尾さんのトークショーになっちゃいますね(笑)。

有安:ちょっと平尾さんの独走に気をつけたいなと思いました、僕は。

赤川:途中から割り込んだ方が……(笑)。

有安:そうそう、割り込んだほうがいいんじゃないの? 俺たちの責任だと思うんだよね、たぶん。

赤川:「ガヤ」していきましょう。

佐俣:どんどん邪魔したらいいんですね(笑)。