一番大事なのは、失敗のデフレ

尾原和啓氏(以下、尾原):ここはすごく大事です。結局、変化の時代の成功方程式と、今までの安定成長の時代の成功方程式の違いだと思うんですよね、

伊藤羊一氏(以下、伊藤):なるほど。

尾原:単純に言えば『キングダム』に出てくる人たちって、安定成長のときに出てこられたらみんな迷惑な人じゃないですか。

(会場笑)

伊藤:そりゃそうだ。

尾原:なんだけど、変化の時代って結局なにか新しいことを起こさなきゃいけないから、異端児であるほうが得な時代なんですよね。とくに日本では異端児になる人が少ないから、異端児の希少性が高いんですよ。

伊藤:はい。

尾原:だから異端児になるだけで、いろんなご縁がまわってくるし。失敗したとても、異端児であることの失敗のリスクが減っている。例えばみんな学生ベンチャーとかをやって失敗したとするじゃないですか。

でも仮に、その人が2億円を調達して華々しく失敗しましたと。でもその2億円を使って海外4ヶ国に展開したという経験があったから、大企業としてほしくないですか?

伊藤:そうですね。

尾原:だから今一番大事なことは、やっぱり失敗のデフレなんですよ。むしろ日本という社会の中では……単純に言ってしまうと、アメリカに比べて日本はアントレプレナーになる人の確率・発生率が3分の1しかないんですね。

伊藤:なるほど。

尾原:それだけ成功も3倍なんですよ。ましてや、僕の統計の中だと赤マフラーをずっとし続けている人は、僕以外に1人しか知らないんですね。

伊藤:もう1人いるんですか?

尾原:神田(敏晶)さんというんですが(笑)、あいつはテンガロンハットのほうですけども。

伊藤:なるほど。

異端者ほど舞台に上がれる回数が増える

尾原:なので、やっぱり外に飛び出ることで、飛び出ただけで「珍しい」と思ってもらえるから、少なくとも打席がまわってきてバットを振る回数が増えるんです。

伊藤:なるほどですね。

尾原:バットを振る回数が増えると、そこでチャレンジができるから成長できるんですよ。もちろんその赤マフラーも、なんのチャレンジもしなかったら単なる変なコスプレ野郎です。

でも、異端児であると舞台が増えるから。ヒーローショーを300回やっていれば講演だってうまくなるし、伊藤さんだのプレゼンだって、最初はそんなにそんなにね。むしろ実はものすごくナーバスな方だから、いろんなことを考えられて、ものすごく震えるわけでしょ?

伊藤:実は新人のとき、銀行員で2年目になったときに、新人が200人ぐらいいたんですけど、「銀行で1年過ごして楽しかったこと・辛かったことをプレゼンせい!」と言われたわけです。夜にそれをやったこともあって、今も半分ぐらい寝ているとそのときの光景を思い出して、「わー!」みたいな。

尾原:目覚めますよね。

伊藤:そう。そういうのがあるから、「あれは絶対にやっちゃいけない!」みたいな感じで練習をするんですよ。

尾原:やっぱり、そうやってなにか飛び抜けることによって増えるチャンスのインフレがあって。

伊藤:そうですね。

尾原:変化の時代だからみんな「なにかやらなきゃ」と思っているから、飛び抜けた人には舞台の回数が増える。一方で失敗のデフレとして、少なくとも人が踏まない舞台の回数を踏んでいれば、ほかの人がやらない経験、しかも失敗の経験をしているから、いつでも大企業側、安定側にまわれる。

伊藤:そうですよね。

尾原:この2つがあるから、これはすごく大事なんです。とはいえ人はやっぱり失敗するのが怖い。そうすると、やっぱり僕もあれなんですよ、失敗しそうなとき、僕の場合はロープレみたいな感じで考えたりします。

伊藤:そうなんですね。

行動した後に気づきを得るというサイクル

尾原:「ここで会心の一撃が出る」とか、そういうのを考えるやつもいるし、あと俺の友達だと、NHKの『プロフェッショナル 仕事の流儀』を思い出すやつとか。

伊藤:はい。

尾原:くじけそうになると、途中で「ファ〜ン」とメッセージが流れる。

(会場笑)

伊藤:「プロフェッショナルとは~」。

尾原:「そのとき、〇〇は考えた」と。そうしてやれることをやることで、自分を相対化する。それはさっき言ったように、異端児になることでの舞台の登板機会のインフレと失敗のデフレがあるから。失敗もそうやって芝居に代えて舞台の回数を繰り返していると、いつの間にかしゃべりがうまくなりますよね。

伊藤:そこで恥とかもね、そういうのはみんな経験しているわけだし、みんなつらいと思いながら踏み出しているので、そのリミッターを外してちんけなプライドを捨てようと。やることはぜんぶやろうと。

そしてそれを一発やるだけじゃなくてサイクルで鍛えてくるのがすごく大事だと思っていて。水面上で目に見えるのがこのactionです。まず、思い立ったらすぐ行動することなんです。それこそ0秒で動けというのはこっち側ですね。そのあとにskillとmindがある。

行動したあとに、どうやったらskill・mindにインストールされるかというと、振り返って気づきをえる。気づきというのは、「あ、そういうことか」です。例えば「ああ、自分は今までこんなふうに考えていたんだ」みたいなことをハッと気づくと、これが自分のskillやmindにインストールされる。

このサイクルを明確に意識して、いろんなチャレンジをやって、「これやったら失敗しない」「これをやったらうまくいかない」みたいなことを、やるだけじゃなくてそのあと振り返る。

こういうことやると、必ずそこが自分のskill・mindにつながります。すぐ行動、振り返る、気づきを得る。気づきを得るのは、みなさんにとって、僕らにとって成長の最大の能力です。

「何をやりたいか」は他人のフィードバックを受けない

尾原:ここで大事なのが、みなさん「成長」と言ったときに、Whatの成長とHowの成長を分けていない人が多くて。自分のそういうときのマインドセットとして、人とコミュニケーションするときに「どういう心のあり方で対峙すべきなのか」「どういうプロセスでコミュニケーションするべきか」みたいなHowは、振り返れば振り返るほど良くなるんですよ。

でも一方で大事なことがあって。(スライドを指して)先ほどの2ページ前のチャートに戻ってもらっていいですか? なんでこっちを見ながら戻るんですか(笑)。

(会場笑)

まあいいんですけど。これは「フィードバックを受けない」ということと矛盾しているような気がするじゃないですか。Whatは最初の段階でフィードバックを受けちゃいけないんです。

これはなぜかというと、「意味のイノベーション」という言葉が最近ありまして。とくに山口周さんが『ニュータイプの時代』という本の中で「役に立つ意味がある時代」ということで言い出しているんです。

結局、意味や最近のイノベーションというのは、イノベーションは他人がやったことのないことをやることがイノベーションだから、その言葉を、自分のWhatとして「なにをやりたいの?」というのがあって。

それについて他人に話を聞いても、その人はやったことが無い人だから、「それはやっちゃダメなんじゃないの?」「俺と違うよ」とみんな放棄しちゃうわけですよね。

伊藤:なるほど。

尾原:そうすると、「これはダメなのかな?」と思っちゃう。だから実際にミラノ工科大学の(ロベルト・)ベルガンティさんという方が、「意味のイノベーション」ということを提唱しているんですよ。

そこで、やっぱり彼もWhatに関しては、「最初は誰にも話すな」と言うんですよ。自分の中で強度を高める。もし話すとしたら、「この人だったら建設的にいろんな意見をくれるな」という人に話す。僕だと羊一さんみたいな人にスパーリングをやってもらうんですね。

伊藤:うん。

日本人はHowのチューニングが苦手

尾原:それをやって初めて強度が生まれて、それから人に出す。すると「いや、これやったことないし」「つまんないし」とか言われてもぜんぜん気にならないんです。むしろ建設的なフィードバックだけ受け入れよう、十分な強度になったときに初めてプロトタイプとして人に出そうと彼は言っていて。

だからWhatというのはやっぱりそうしたほうがいい。イノベーションというのは今までやったことのないことをやることだから、強度が生まれるまではWhatに関してフィードバック受けないことが大事なんですよ。

ただ、先ほどのaction・skill・mindのセットにおけるHowの部分に関して言えば、「どういうプロセスで自分を高めていけばいいの?」「誰のなにを参考にすればいいの?」「自分自身がどういう態度でいればいいの?」みたいなHowはいくらでも改善できるから、Howはどんどん振り返っていい。

伊藤:そういうことですね。つまりWhatは、圧力釜の中に入れて、自分で「うおーー」と熟成させていくことだと。

尾原:そうそう。一番得意な「うおーー」。

伊藤:さっきのミキサーにかけてかき混ぜるのも、ある意味そういうことなのかもしれないですね。ところが、Howのほうはどちらかいうと、人に「どう?」と聞きながらやると。

尾原:Howは少しでも改善できることですからね。とくに、このマインドセットのHowをチューニングするのが日本人は下手なんですよ。例えば心がストレスでものすごく散漫なときに、今やる課題に集中できるかどうかとか。

これは先ほどの動画のように、一方で集中しすぎるとゴリラが見えなくなってしまう。ゴリラを見るモードと白いパスを追いかけるモードをどうやってスイッチングするかというのは、mindに関してHowなんですよ。こういうのはいくらでもラーニングできる。

伊藤:なるほど。メタ認知時間を持つということですね。

尾原:そう。例えばの話ですけどね。